プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自陣ウェイクとシールド理論

※このコラムは過去のコラムを転載したものです。

 今回はホワイトマスター使いならば確実にマスターしてほしい、
「自陣ウェイク」「シールド理論」について話します。
 「自陣ウェイク」とは、主にマスターアタックの代わりに
手札にあるモンスターをセット→ウェイクアップで登場させ、
殲滅(の補助)を行うプレイのことで、
一見消費ストーンは3コで変わらないように見えますが、
実際はモンスターのセットに使った1コは貯金となっているので
実質2コ
で2P(場合によっては1P)攻撃が行えていることになります。

 ホワイトマスターならばこのテクニックは必須ともいえるもので、
中級者以上の方は日常茶飯事的に使っているのではないでしょうか。

 ですが、当然ながら、この手法にはメリットだけでなく、
デメリットも存在することに注意すべきです。
例えば、後衛のヤンバルをウェイクして相手モンスターを倒した場合、
(そのヤンバルがレベルアップできていれば文句はありませんが)
後衛位置といえどもそのモンスターが「ヤンバル」であることは
相手に明示してしまっているわけです。(当たり前ですね)
また、相手の伏せモンスターにケッコウ(キラービ)がいれば、
いきなり倒されてしまうことになりますし、
そもそも相手がブラックマスターであればそのまま大地の怒りの
巻き添えになってしまうかもしれません。
情報の面で言えば、相手がどちら側の前衛でも倒せる状況の場合には
ヤンバルを背負った前衛を狙い打ってくるでしょう。

 モンスターが登場している(攻撃にさらされる)リスクを負い、
かつ情報を与える代わりに、1コの節約という対価を得ているのが、
「自陣ウェイク」の真髄なのです。
時には、ヤンバルが手札にあって、後衛にセットしても、
マスターアタックで殲滅した方がいい場合もあるということです。

 とはいえ、基本的には自陣ウェイクが成立する場合は
使っていく方がストーン効率面には有利ですので、
初級~中級者の方はどんどん使っていくことをお勧めします。

 はっきり言っておきますが、ホワイトマスターのメインの特技は
”ハードシールド(鉄の盾)”ではなく、
”ウェイクアップ”であることを心に留めておくいてください。
(上級者同士のホワイトマスター対決であれば、
 きっとウェイクアップの使用回数の方が多いでしょう)

 自陣ウェイクの話はこれくらいにして、
次は「シールド理論」と呼ばれる
白対決における三大理論の一つを紹介したいと思います。

 シールド理論とは、白対決の中盤において、
(ここで中盤とは、お互いにマスターのHPにも手札にも
 ストーンにもある程度の余裕がある場面のことをいいます。)
ハードシールド(鉄の盾、以下盾と略す。)を
張る/張らないの基準をおおざっぱに定めたものです。
あくまでも”基準”であり、この理論に沿ってプレイすることが
絶対に最善とは限りませんので悪しからず。

 では、盾はどのような場面でどのようなモンスターにかけるのが
効果的(意味がある)と言えるのでしょうか。

 ここで思い出してもらいたいのが先述した「自陣ウェイク」です。
自陣ウェイクとは、別の切り口から見れば、
「(攻撃されるリスクや情報を除けば)ストーン2コの消費で
 2P(もしくは1P)の攻撃を行っている」ことになります。
このコストと効果(攻撃)が実は交換対価としてはスレスレで、
スレスレであるがゆえに使うことが損にはならないのです。
ということは、さらに逆に言えば、
「2P攻撃」には概ね「2コ」相当の価値があるとも言えます。

※そうです、モンスターはただ、そこにいるだけで毎ターン2コの
 利得を生み出してくれているのです!
 ただし、それは相手のモンスターに(無駄でない)攻撃を行った
 場合に最大2コとなるわけで、攻撃せずにきあいだめする場合等も
 あるので、実際は1コと2コの間くらいの価値になります。
 また、Lv2以上のモンスターであればそのモンスターが
 毎ターン生み出す価値はそれよりも大きくなります。

 余談はこのくらいにしておいて、
盾のコストを見てみましょう。これも”2コ”ですね。
ということは相手の2P攻撃を1回分防ぐことができれば
そのコストに見合った効果が現れたことになります。
しかし盾の効果は「受けるパワーを1減らす。」です。
つまりこの効果で2P攻撃1回分の軽減効果を期待するためには
「2回攻撃される」ことが必要になります。当たり前ですが。

 ここから導き出される結論はこうです。
「盾は2回以上攻撃される可能性のあるモンスターにかけろ。」
要はこれだけのことなんです。
ですが、この一文が持つ意味は決して軽くはなく、
”可能性のある”ということはそもそも相手の攻撃が
どう分散/集中するかを読む力も必要になります。
そのスキルが身につけば、そろそろ貴方にも上級者への壁が
見え始める頃なのではないでしょうか。

 そしてもう一度繰り返しますが、
あくまでも”基準”ということを忘れないように。
スポンサーサイト

<< まどマギ#05 | ホーム | 願い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。