プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罠のヒミツ

相手を罠に引っかけることに快感を覚える人は少なくないだろう。
ここにも面白さの根源の一つがある。

誰かは忘れてしまったがゲームクリエイターのインタビューで
罠ってのは「楽して大物をやっつける(捕まえる)」ことが
面白い、嬉しいのだと言っていた気がするが、
それは違うと思う。

相手が自分の思うとおりに行動してくれたこと。
ここに罠の真髄がある。
結果として落とし穴にハマってくれようが
黒板消しの一撃を頭に食らってくれようがそこは些細な問題だ。
結末に花を添えるという意味では大きな存在だけれども。

別の言い方をすれば、自分の予想通りに事が運ぶ
ことほど面白いことはないだろう、ということだ。
将棋や囲碁と言った交互に打つタイプのゲームでも、同じ事。

だけれども、真に思考の自由を失ったのはどちらか。
この点を考えると『罠』という概念にはパラドックスが潜んでいる。
相手は相手のしたいがままに行動した。
自分は、相手の自然な行動を予測し、それに対応した罠を作る。
この段階で、既に自分は相手の支配下にある。
相手の行動に合わせて動かざるを得ないのだから。
主導権はあちらにある。
スポンサーサイト

<< ゼルダの伝説 大地の汽笛 クリア | ホーム | バトルスピリッツの先攻後攻の決め方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。