プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

神斬丸のなく頃に 序

能力(チカラ)ある者はそれだけの責務を負う。
それをを厭うならば能力を求むることなかれ…

神斬丸のなく頃に

カードヒーロー スピードバトルカスタムに収録されている
ドラフトバトルはただのオマケ要素ではありません。

今回はカードヒーロー スピードバトルカスタム
ドラフトは何故面白いのかについて、
主にノーマルバトルとの比較形式で書きたいと思います。

●1.使われるカードの種類が多い
使いたいカードを好きなだけ使うことができるノーマル形式に比べ、
否応でもカードパワーの低いカードを使わないといけないため、
使われる可能性のあるカードの種類がぐっと広がっています。
そのため、ノーマルよりも遙かに多彩な戦局が生まれる可能性があり、
同時に、スピードバトルカスタムに収録されているカードに関する
幅広い知識が問われることになります。

おそらくはカードヒーローの対戦史の中で
もっとも有効カードプールが広い
ルールと言えるのではないでしょうか。

●2.先攻と後攻の差が小さくなっている
ノーマルではお互いにカードを同じ条件で採用することができるため、
デッキの条件が同じであれば先攻が圧倒的に有利でした。
しかし、ドラフトバトルではバトルの先攻側(青コイン側)
ピック段階では後手に回るため、
バトルの後攻側(赤コイン側)よりも
いくらか劣るデッキで戦わなければなりません。
そのため、一概に先攻有利とは言い切れない環境ができています。
(いかんせんまだバトル先攻側がいくらかは有利とされていますが)

●3.単純な運ゲーになりにくい
ノーマルバトルの勝敗は、結局のところ、
コインが赤だったかどうか
オヤコダケの爆裂キノコが的確な位置に落ちたか
そして、スパークを入れていたのかエスケープを入れていたのか、
フィニッシュマジックはマッドファイアなのかサンダーなのか、
といった完全に実力とは関係のないところで決まります。

コインの裏表に関する緩和作用は前節で説明した通りですが、
オヤコダケだけはドラフトであってもどうしようもありません。
出現率を大きく下げている点では評価できますが。

そして最後に、ドラフトバトルでは相手がデッキに入れているカードは
事前に全て把握することができます。
ということは、「相手は黄昏の風を入れていないと思った」
というような言い訳は通じないことになります。

ゆえに、ドラフトは運の要素を最大限削ぎ落とすことに成功し、
かなりの部分を理詰めで戦えるようになっています。
逆に言えば、この理詰めこそがドラフトバトルの醍醐味であり、
能動的にランダムカードをピックすることは冒涜に近いです。
(それでもマッドファイア、オヤコダケ、ディンといったカードは
 カードパワーの高さからピックされてしまいがちですが。)



これらの観点から、ドラフトとは、
スピードバトルを極めた者が最後に到達するゴールとも言えます。
ノーマル形式はシニアルール、
ドラフト形式はプロルールといったところでしょうか。
あなたがこのゲームのために
18000円(DSi)と1000円(ポイントカード)を費やしたのならば、
そのうちの15000円分の価値はドラフトバトルにあるでしょう。
スポンサーサイト

<< 神斬丸のなく頃に | ホーム | 53枚のファンタジー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム