プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテスト入選『にだんジャンプ』

メイドイン俺のコンテストに応募していた自作ゲーム、
『にだんジャンプ』が入選していました。
コンセプトは以前ブログの→二度目の正直でも書いた
空中ジャンプの気持ちよさを表現すること。
このゲームを作った経緯をもとに、
メイドイン俺でのゲーム作りのあり方について
少し書いてみたいと思います。
まず、メイドイン俺でゲームを作る場合、
特別な理由がなければ
長さは「短い」、そして「どこでもタッチ」が理想だと考えます。

長さを2倍にするならそれ相応の理由が必要ですし、
どこでもタッチではなく特定のぶったいをタッチさせるのならば
タッチすべき対象が一目でわかること、そして
そのぶったいを選択することに意義がなければいけません。
以前書いた→タッチペンの秘密も参考になると思います。
いわゆる指向性がないとぶったいタッチである必要性はありません。

タイミングを図るゲームなのに
画面中のボタンらしきモノをタッチさせるゲームは問題ありです。
そのボタンが背景から浮き出ていないパターンなど
(要はタッチできるとわからないようなデザイン)は最悪です。

この『にだんジャンプ』、時間は「短い」
「どこでもタッチ」だけでゲームがクリアできます。
タッチの回数も多くて2回だけです。

逆に、最初に作った『マジカルスイッチ』
ゲーム時間が「長い」である意味、
そして特定のぶったいをタッチさせる意味
両方をきちんと盛り込んだ内容になっています。
その点でメイドイン俺というツールでゲームを作った際に
最も相性が良いコンテンツだと自負しています。

さてさて、実はこのゲーム、わずか1日で作り上げたせいで
容量がかなり余っているのですが、凝った部分が2カ所だけ。
そのうちのひとつである、サムネイル。
イン俺熟練者の方はご存知かと思いますが、
ぶったいを最初は画面内に置き、
時間「1-1」で画面外に移動させるAIを入れると、
売り場での簡易ゲーム画面にだけ
そのぶったいを表示させることができます。
(ゲームをプレイしても一瞬だけ現れて消えるといったこともありません)
もちろん画面外に避けるだけでなく、
そのぶったいをゲーム内で使うことも可能です。
こうすることで、ゲームの説明画面をうまく表示させることができます。

ただし、ぶったいの中でも初期位置がランダムである場合は、
何度か出荷画面まで進んでチェックしないといけません。
くみたて画面でAIをいじる毎に、
サムネイル中の位置が変化するのです。
これを満足のいく(ゲーム内容がわかりやすい)
ものになるまでかなり試行錯誤しました。

もっとも、サムネイル画面は
ゲームを受信するまでは見ることができないので、
Wifi通信でゲームを公開する場合にはサムネイルより
ゲームのタイトル、そして説明文の方が重要だったりします。
いかに興味を引く説明文を書けるかも勝負のみせどころです。
もちろん、ゲームの説明になっていないとまずいですし、
説明文に対してゲーム内容が負けていてはお話になりませんが。

そして、この『にだんジャンプ』は一つ問題があって、
指令文を省いてしまったため、「ごちゃまぜ」でプレイした時に
いきなり現れると2回ジャンプできることがわからず、失敗してしまう
初見殺しゲーになってしまうのではないか、という危惧です。
上画面を見れば「にだんジャンプ」とタイトルが表示されてはいますが…

ゲームスピードがかなり速くなってしまった後では仕方ありませんが、
たとえ初見であってもクリアできるゲームが理想的です。
開幕1秒足らずで失敗になってしまうゲームは最悪です。
(開幕後1秒間はタッチしなくても失敗にならないように)

と、こんなところです。
次のテーマは「みらい」だそうです。良いアイデア浮かぶかな。
スポンサーサイト

<< メイドイン俺と離散世界 | ホーム | 我が一生を君に捧ぐ >>


コメント

ゲームを構築する要素には、全て理由が必要なのですよね
なぜそういった要素を選択したのか?
をプレイヤーが納得しないゲームは駄作なのです
イン俺はそういったことを学べる素晴らしいゲームだと思います

ゲームは面白いかどうかが命

全てに理由があるというわけではありませんが、
理屈で説明できる部分は多いです。

メイドイン俺の場合、
坂本氏が馬鹿馬鹿しいセンスを磨くためのソフトと言っていたように、
(馬鹿馬鹿しさまで含めて)面白ければなんでもOKでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。