プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高すぎた避雷針 種明編

カードヒーローのオリジナルカードドラフトは
カードヒーローのルール基盤の上に
オリジナルカードを乗せて遊ぶことで
いつもとは違った感触でゲームを楽しむ
ものであり、
基本的にオリジナルカードの設計は参加者の自由です。

カードヒーローらしさを表現する必要性も、
普段のバランスに適合するようなカードを作る義務もありません。
もちろんカードヒーローらしいカードや
普段のバランスに適合したカードを作ることも悪いことではありません。
縛られないでほしい、ましてや他者を縛ることなどもってのほか。

ということで酷評を受けた今回僕が作ったカードのいくつかについて
(確かにやりしすぎている点はありますorz)
デザインした意図を書いておきたいと思います。
今回僕が意図したのは、ある種の原点回帰、
普段知らず知らずのうちに使っている様々なプレイに対して
一石を投じるために作ったカードがほとんどです。

作った順序は逆になるのですが、
まずは今回一番の酷評を受けた「瞳狩り」について。
(2コでシールドのついていないモンスターを消すマジック)

まずホワイト限定戦なのでシールドは常備されており、
ダメージソースもしくは殲滅戦の肝となるようなモンスターには
もっと簡単に書けば「倒されたくない」モンスターには
シールドを張っているはずです。
キーモンスターであるはずなのにシールドを張らないのは
石がない、後衛モンスターである、HPが少なく張っても効果が薄い、
そして、倒される心配がないから、
もしくは倒すためには相手は無理しないといけないから
といった理由が挙げられます。
シールドを張る石がない状況で
逆転をかけた高レベルモンスターを作るのはもともと敗北フラグですし、
HPが少なく張る価値が低い場合はレベルアップの基とされるでしょう。
後衛モンスターもHPは高くないはずなので
移動系か攻撃伝達系のマジックがあれば容易に落とせてしまいます。
つまり、このマジックカードは、
最後の倒される心配がないから張らなくても良い
という状況を狙い撃ちするために作ったカードなのです。
ヤミーが壊れた性能を発揮する、
ストーン差がアドバンテージを最大限生み出す状況
に対するキラーカードとしての位置づけです。

倒れてほしくないモンスターにはとりあえずシールドを張る、
このプレイを徹底していれば、
「瞳狩り」にできることは「Lv1の前衛モンスターを倒して陣形を崩す」、
「後衛にいるやっかいなモンスターを除去する」ことぐらいになります。
デザインに失敗した理由はそのいずれかの場面で使っても
2コというコストに対して十分な効果が得られることです。
さすがに軽すぎました。

確かに初見でこのカードを食らった場合は申し訳ないのですが、
このカードの存在を知った上で高レベルモンスターを除去されたのは
守りたいモンスターに正直にシールドを張らなかったプレイヤーが悪い。
これがある種の環境適応力なのですから。
いつものようにプレイすることが
最善とは限らないこともオリドラの醍醐味の一つ。


次は幻影シリーズについて。
これはやりたいことを2つ詰め込んだせいで失敗しました。
まさに二兎追う者は一兎も得ず。

やりたかったことは特性【ミラージュ】の上のテキストと
下のテキストに分かれて書かれています。

(1)このモンスターは前列にしか配置できない。
(2)味方マスターの特技「ウェイクアップ」の対象にならない。

(1)は初心者がよくするプレイミス
「モンスターを前列に配置する」というプレイに対する
アンチテーゼとして。

カードヒーローというゲームは後衛の方が安全なわけです。
準備中をセットする場合にも特に理由がなければ後列に配置します。
ここで、理由がなければ後列にセットする、
という部分をコストにできないか考えたのが始まりです。

さながら初心者のようにセットしなければいけない反面、
カードの強さは普通のカード以上、というような設計です。
なのでオリドラ当日に「初心者同士の対決みたいだ」と言ったのは
まさに狙い通りだったというわけです。

ですが、ただ単にダインに「前列にしか配置できない」と書いただけでは
「ウェイクアップ」から一気にLv3にする要員にしかならないのでは、
とも考えました。
『本来なら後列にセットしてしかるべきなのに、
 何故かこいつは前にセットしてきた…ということは●●なのか…?』
(今までならペンスキーくらいでしか発生しない読み合い)
という読み合いをさせるために作ったのに、
即座に登場させられてしまっては意味がない。
ということを避けるために(2)が付け加えられました。
その結果があの使いづらさになったわけですorz

実は「幻影」というシリーズネーミングは
「出したいのに出せない」というもどかしさからの後付けです。
もどかしさを超えて窮屈すぎたことは予想していませんでした、
本当にごめんなさい。

さらにさらに、前衛モンスターにつけるならまだしも、
このデメリットを後衛につけたのは大失敗でしたね。
使えなさすぎる。
せめて「後列にしかセットできない」か
「後列ではウェイクできない」にすべきでした。
これだけでも十分読み合いにはなるので。


本来「弱い」「使いにくい」だけのカードは
オリドラでは話題にすら挙がってこないことが多いのですが、
幻影の頭数の多さと、
「もしかしたら使えるかも?→使ってみたけど使いにくい…」
というデッキに入れてしまわれるような中途半端さが
裏目に出たカード群でした。


まだまだ紹介していないカードはたくさんありますが、
今回紹介するのはここまで。
スポンサーサイト

<< てごわいシミュレーション | ホーム | 高すぎた避雷針 番外編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。