プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Combination

5(6)つの属性から1つを選ぶだけならば、
それは5(6)パターンに過ぎないが、

2つを選べと問われれば、
パターン数と10(15)爆発的に増える。

これが色や属性、勢力といった概念を持つカードゲームが持つ
”色”の組み合わせを考える面白さの根源である。

過去のメモを見ていると、
『Twitch』という名のゲームがあった。
※動画配信サイトじゃないよ。

自分の分身となる”魔女”を2人選び、
ターン毎に魔女を入れ替え(てもよい)=Switch
1ゲームに1回だけ2人の魔女が同時に舞い降りる=Twitch
魔女の呪文と魔女の使い魔を駆使して相手の魔女(達)を打倒する
というコンテンツのゲームでした。

ただ、ある程度考えが纏まった段階で
使われてる造語じゃないか検索して
該当してしまって、しかもかなりメジャーなところに当たってしまったので
それ以上錬るのをやめたけど。
スポンサーサイト

<< 誰が彼を罰するのか | ホーム | オリジナルカード「ヲープ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。