プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

Φの確率

ファイアーエムブレムは運ゲーであり運ゲーではない。
そこまで忠実に再現したのだとしたら、
Φ(サイファ)はさすがだと言えるかもしれない。

エムブレマーに問います、
貴方が信用する命中率はいくら以上ですか?
(1マップで3時間以上費やした時点で闘技場から撤退する目安)

80%?88%?95%?…それとも、100%だけ?
ファイアーエムブレムというゲームは相手がコンピュータですから、
ターンをかければ取り戻せるお金ならば、
100%だけを信用するのは正しい選択ですが、
相手が人間の場合は100%だけを信用していては勝てません。
勝負の世界にあるのは「絶対」なんかじゃなくて「相対」だけだから。
(「相対」する、それが勝負。)

ということで、攻撃が相手ユニットに命中する
(戦闘力が届く)確率を計算してみました。
デッキから主人公を除いた49枚のうち、
支援力10のカードを3種類×8枚=24枚
支援力20のカードを2種類×8枚=16枚
支援力30のカードを1種類×8枚=8枚
程度積み、支援力10のユニットが攻撃を仕掛ける場合、

攻撃時支援スキルと防御時支援スキルはこの際無視して
8/49、約1/6の確率で同名カードがめくれるので支援失敗(+0)
16/49、約1/3の確率で支援+10がめくれ、
16/49、約1/3の確率で支援+20がめくれ、
8/49、約1/6の確率で支援+30がめくれると概算すると
戦闘力の到達確率(命中率)は以下のようになります。
命中率
この表を見ると、基礎戦闘力が
同じユニット同士の戦闘では命中率は64%程度であり、
戦闘力が20不足している攻撃の命中率は14%しかありません。

また、強さが1ランク変わる毎に
等間隔に命中率が1/6(17%)ずつ変化していた
バトルブレイク(又は妖怪つみつみショーギ)と比べて、
命中率の変化率が戦闘力が僅差なほど
大きくなっていることがわかります。
(20不足から10不足への確率上昇は22%、
 10不足から対等への確率上昇は28%)
なので、シーダのように戦闘力を上昇させる
対象を選ぶことができる能力は、
(攻撃順による結果論的裏目は存在するが、理屈上は、)
戦闘力差を僅差に近づけるように使う
のが最も効率が良いことになります。

素の戦闘力を上げる行為が涙ぐましい努力の結晶だとすれば、
支援のめくり比べは、最後の審判。
これは運ゲーであり、運ゲーではない。

さてさて、改めてエムブレマーに問いましょう。
あなたが信用する命中率はいくらですか?
80%や85%と答えた貴方は、
戦闘力が10上回った攻撃は信用できます。
90%以上の高い確率を提示した貴方は、
戦闘力を20以上上回らなければ弱気の賭けでしょうか。
100%だけを信じる貴方は…

数字は嘘を付かないが、答えを教えてはくれない。
スポンサーサイト

<< 2015年6月20日~21日交流会レポート | ホーム | Φの使い魔 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム