プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

カードヒーロー『;』テストプレイ交流会 レポート

先週末横浜の方々のところにお邪魔させていただいて、
ひもゲーこと「ライでマイスター」の話をしたところ、
全然反応がなかったのは、よくよく考えると
この交流会のレポート記事をあげていなかったからだと思い出し、
書きかけで止ってしまっているけれどもお蔵入りさせてしまうと
交流会を開催したという事実すら忘れ去られそうで怖かったので、
取り急ぎ公開することにしました。
中途半端なところで切れているのはお許しを。

そんなこんなで

4月18日から19日にかけて行われた、(もう2ヶ月も前になるのね…)
カードヒーロー『;』テストプレイ交流会のレポートをお送りします。
カードヒーロー『;』のみならず
たくさんのボードゲーム類を楽しむことができて交流会でした。

メモを引っ張り出して書いていたのですが、
ところどころ思い出せなくなってしまっていたのですが
お蔵入りさせるのは交流会の記録が残らず困ったことになるので
中途半端な内容ながらUPしてしまいます。

交流会の地はハクシさんのお住まいたる岐阜。
今回は京都から羅翔さんと合流…して岐阜に向かうも、
電車が混みすぎていてなかなか近寄れない事態に。

仕方なくスマブラしませんかと(メールで)提案してみたところ、
羅翔さんは最近の更新が有効となっていなかったため、対戦できずorz
代わりにカスタムドラフトをやることに。

1戦目は赤コインながら相手が事故った隙をついて3-5とし、
サンダーを打たれるも危なげなく勝利。
2戦目も赤コイン。正しい乱数とは偏るもの。
欲張ったシフトチェンジを打つと計算を誤り
危うく即死する場面になるも欲を捨てて進めなんとか勝利。
2戦した段階で米原駅に着いたので、
米原からは最近の仕事の状況などを話しているうちに岐阜駅に到着。

早い。2時間あっという間だ。

目的地の岐阜駅に到着し、ハクシさんと合流。
岐阜に来てハクシさんおすすめの博多ラーメン屋さんへ昼食へ。
ここは文句なしに美味しかった。また行きたいと思える。
懐かしの「真赤な誓い」が流れていたのも良かったポイントかな。

道中、「今でもカードヒーローに
情熱を燃やしてる馬鹿は僕だけですかねぇ」と振ったところ
ハクシさんにまで「そうだと思いますよ」と返される。ぐさっ。

昼食後急いで岐阜駅まで戻り、gittiさんと合流。
へりとんさんと合流するまでは時間があるので
ゲーム屋さんへスリーブの買い足しと
百均へハクシさんの小物入れを買い物に。
百均にあった油時計や砂時計にときめく一行。

途中、おばけキャッチのカードの組み合わせは何通りあるかの話題に。
全パターン数えると120通りなので、
(答えが「おばけ」となるパターンは、
 完全一致が4×3=12パターン、
 お化け要素がないのが4×3×2×1÷2=12パターン
 答えは5種類あるので(12+12)×5=120)
箱に入っているのは60枚なのでそのうちの半分ということ。

時間が迫っていたので急いで岐阜駅にとんぼ返りしたところ、
かえって早く着きすぎたため
へりとんさんが到着するまで車内でワンナイト人狼。
4人で占い師、怪盗、人狼1人の素直すぎる構成で
怪盗が村人と入れ替えたため狼のgittiさんが詰む。
4人は若干大味なのでやはり適正人数は5人あたりだろうか。

へりとんさんと合流し、5人揃ったところでいざハクシ邸へ。
その前にスーパーに買い出しに行ったところ巷で噂のヨーグリーナが!
乗るしかない、このビッグウェーブに!ということでほぼ全員が購入。

ハクシ邸に到着し、まずは僕以外の4人で色ドラ。
全員自分の色が固まる流れだったらしく
各々そこそこ強いデッキができていた模様。
そういう時って赤揃えた人が強いんじゃ。
ピック後1戦目が終わった段階で
僕のスリーブ詰め作業が終わったのでここで色ドラ終了。

いざカードヒーロー『;』!とはならず、
百均の砂時計つながりでルール説明が10秒で済むという噂につられて
羅翔さん持参のひもゲーをプレイ。その名も「ライデマイスター」。
(ライデ(線)+マイスター(匠)ではなく、結び目理論の学者名らしい)
お題と同じ形をひもで作るだけのシンプルなつくりながら、
ひもの色の見極め、形をつくる効率性など、
さまざまな要素が絡み合っていて面白い。

次にプレイしたのは
へりとんさんが持ってきてくださった「魔法にかかったみたい」。
少しも魔法にかかったみたいな感覚にはならない、
自由度が高い分かなりガチ寄りな被り避けゲーム。
役職を主張する(大きなアドバンテージ)か
役職を支持する(小さなアドバンテージ)かだが、
他の人が同じ役職で主張をした場合は
一切のアドバンテージを得られないため、
他の人と被っていそうな時は支持するのがセオリー。
主張をいかに通すかが肝となるゲーム性のなか
ハクシさん、僕、へりとんさんがほぼカードが被り伸び悩む一方で
gittiさんが単独行動を連発しリードを伸ばす。
主張を通した回数は
gittiさん>羅翔さん>へりとんさん>僕>ハクシさん
の順に多かったものの、
ゲームの終了タイミングを見極め、最終的にリソースを余すところなく
勝利点に変換しきってフィニッシュした羅翔さんが綺麗な完全勝利。

お次は交流会の恒例となりつつある人狼系ゲーム、レジスタンス。
5人のマーリン入りで2回プレイ。
開始前にハクシさん発案の夜ターンなしシステムを解説。
ホントこのシステム凄いですわ。

1戦目はスパイ側。
2回目のミッションで失敗カードが2枚めくれてしまったため、
完全な無理ゲーに。最後のマーリンチャンスにかけるも
全くマーリン臭を感じさせなかったgittiさんがマーリンで万事休す。
完敗でした。

1戦目で事故(失敗カードが2枚同時にめくれる)が起こったため、
2戦目は成功/失敗カードは1枚ずつめくり、
失敗カードがめくれた段階でミッションの失敗が確定し、
残りのカードはめくらない、というルールを加えてプレイ。

2戦目はレジスタンス側。非マーリンの素村。
1回目2回目と成功したことで2回目の3人には
スパイが入っていないんじゃないか的な流れになるも
僕がメンバーに入っていないのでそんなことはない。
3回目にやっぱり失敗、
2回目の成功にやけに固執するハクシさんが怪しい。
ハクシさんを含めた4回目が失敗したことで
へりとんさん白のハクシさん黒まで透けたものの
最後のミッションでもめる。
gittiさん白か羅翔さん白かで最後まで決着がつかず
手番が最後のへりとんさんで強制採決。
最後のミッションの成否判定ををめくる前に
ハクシさんがマーリン誰かな的な発言をしてブーイングを食らう。
さすがに終盤に的確すぎた指定をした
へりとんさんがマーリンとして刺されて(逆転?)負け。

失敗カードがめくれた段階で失敗を確定させる案も悪くないのですが、
個人的にはゲーム全体を通して
失敗カードを何枚紛れ込ませることができたかで
最後のマーリンチャンスで刺せる人数を変えたら
面白いのではないかと思っています。

毎度おなじみしりとりゲーム、ワードバスケット。
あがり時のみ4文字以上の縛りを入れて、
途中食べ物禁止や生きているもの禁止といった条件を加えてプレイ。
羅翔さんが活きているもの禁止の回に
生きていないものの境界線上のものを連発していたのが面白かった。
この日は思うように頭が回っておらず、
トップあがりはおろか途中何度か失速した。

ハクシさん曰く今年最大のヒット、おばけキャッチ。
車内でも話題に出ていた、お題のカードの絵と完全一致か、
一つもないものを探してオブジェクトを掴む、感覚スピードゲーム。
ハクシさんと僕の一騎討ちに近い戦いになる。
セットといいおばけキャッチといい面白いことは面白いんだけれども、
同程度の実力の人とやらないといけないという点においては
敷居の高さというか遊ぶ面子に条件が存在する。
まだ実力に比例した得点が得られればいいのだけれども、
この手のゲームは僅かな実力差が大きな点数差となりやすい。

ここでgittiさんとはお別れ、
1日のためにはるばるお越しいただきありがとうございます。
交流会が始まった当初は
交流会って8時間でも長い方だったんだよ…ホントだよ…

コンビニで夜食を買い足し、ハクシ邸へ舞い戻る。
ここで昼間にヨーグリーナを買っていなかったハクシさんも購入。
ハクシさんの初印象は「みかんいろはす?」
いいえ、ヨーグリーナです。

そして待ちに待った(のは僕だけか)カードヒーロー『;』。
今日のために4人分のストーン袋を集めて持ってきたものの、
4人が各々自分の分のストーン袋を持参のしていたため無用の用に。
皆さん意識高すぎです。とてもありがたいことです。

羅翔さんが持ってきてくださった
情報戦ワーカープレイスメントゲー、オワコン。
ブックは裏切らない、ということでひたすらにブックを集め、
(だがそれも途中でいくつか盗まれる)
白のレガシーのポイントが6ptなのを知っているので早めにゲット
(するもハクシさんに盗まれる)
途中で情報に一切アドバンテージを振らずに
アドバンテージの形が物的なアドバンテージのみに。
だがしかし、ハクシさんが勝利条件カードを入れ替えたところで
場の様子が激変。
コインを集めていたはずのゲームが一気に謎に包まれる。
僕は黙々と自分の勝利条件カードに書かれた得点を積み重ねるのみ。
最終的に、コインを最も多く持つものは勝利できず、
次点が10点、という勝利条件になっていたため、
羅翔さんが巧妙に次点をゲットし、19点、
僕は地道な自分自身の得点だけで15点でした。


ハクシさんが最近購入されたゲーム、「デザインタウン」。
山札の上のカードが見えるようにデッキを持つという、
新しいタイプのデッキ構築ゲー。
カードの両面を使うというアイデアは斬新で面白い反面、
シャッフルミスでゲームが崩壊しかねないという危うさも併せ持つ。
途中どうしようもない事故が起こり、
且つどうすれば勝ちに近づけるかが
よくわからないままプレイしていたので普通に速度負け。

時間が時間になってきたのでお休みタイム。

ーーーーー

朝一番のゲームは、
へりとんさんが持ってきた、最近話題のカードゲーム、
「アートオブウォー」
攻撃範囲やスライドの概念があることからカードヒーローっぽいと
いうことで、僕自身も気になっていたゲーム。
カードの種類がシンプルにまとめられていて、
しかも陣形戦略ゲームの要所となる効果は
しっかり網羅しているという素晴らしさ。
布陣と攻撃を同時に行えないのが難しいところ。
攻撃後の防御力の表記が気に入らない点を除けば
(タップは右に90度回転させないと気持ち悪い。)
コンポーネントもよくできています。
ルールを学ぶ目的で羅翔さんと1戦し、
いち早くこのゲームのポイントがわかったところで
ニシンさんからハクシさんに電話が。携帯電話を忘れたらしく、
メモを頼りに公衆電話からかけてきたのだとか。
最近は電話番号を覚えることが少なくなっていて、
携帯の電話帳頼りになっていることが多いので
携帯がなくても連絡を取ることができるのはニシンさん凄する…
という話になっていました。
ニシンさんの残したメッセージを頼りに岐阜駅まで急いで向かう一行。

ニシンさんを含めて5人揃ったところで
ひもゲー再び。ライデマイスター。
すごく難しいお題を一人完成させて満悦。
全員が手に取っているヒモの色が
ばらばらなことがあるのが面白かった。
ハクシさん曰く2015年最大のヒットが「おばけキャッチ」なら、
2015年度最大のヒットはこの「ライでマイスター」なのだそう。

カーヒー;

デザインタウン
昨晩やったデッキ構築ゲーをもう一度。
今度はコンビニと教会でひたすら伸ばして
強いカードを買う戦略一本に絞る。
あとは極力バーストしないように慎重にカードをめくり、
基本的にはよほどのリターンがない限りチャンレンジしない方針。
戦略が功を奏し、複数回に及ぶ妨害を受けながらも
このゲーム、他人への攻撃が同時に
自分の利益にもなっているあたりのデザインは美しいと思います。
ただし、カードの種類が少ないことにより
取り得る戦略の数が数えるほどしかないため
答えに辿り着くまでの時間が短く
ドミニオン系としては寿命が短いのが難点かと。

ずっとカーヒー;の調整の話をしていたらいつの間にか交流会終了。
とりあえず今回の収穫は墓荒らしが強すぎるのと、
レオラオがバランス調整を行う上で
目の上のたんこぶになる可能性が非常に高いということ。

参加いただいた皆様、
楽しい時間を共有していただいただけでなく、
『;』に関する貴重な意見をありがとうございました。
スポンサーサイト

<< ××は神速を尊ぶ | ホーム | タンタンメン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム