プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズフラーの消失

GB版からDS版に移行するにあたり
存在が書き換えられた存在の一つである「ウズフラー」。

GB版の中で唯一、「ストーンを減らす能力で、妥当な強さを持った」
良カードであったにも拘わらず、DS版では
「ロブーン」という完全に別カードに書き換えられてしまいました。

ヤミーと組み合わせた時の制圧力は異常とまで言えるものでしたが、
それはあくまでもヤミーが壊れていただけの話であって、
ウズフラーに責任があるとは到底言えるものではありませんでした。
では、なぜウズフラーは消えゆく定めとなってしまったか。
その理由は、ゲームバランスとは
別次元での問題にあるのではないかと思います。

ウズフラーが消える定めとなった理由、
それはDS最大のセールスポイントである
「タッチペンを使った直感操作」にあると僕は考えます。

「きあい」、「にげる」、「メイクカード」、マスター特技の「ドロー5」などの
一部のコマンドを除き、DS版カードヒーローでは
スライド操作によりほぼすべてのコマンドを達成することができました。
しかし、いざウズフラーの特技「ペロリストーン」を
タッチペンで表現しようとすると困ったことが起こります。

それは、「減らすストーン数の選択」です。
タッチペンでストーンの選択を行わせようとすると、
まずはウズフラーから相手マスターへスライドを行った後、
さらにストーン数を選択選択するフェーズを設ける必要があり、
(スライドの後に「OK」以外の選択を挟み込むコマンドは
 「特技封じ」、「リフレッシュ」など、かなり限られています。)
そのストーン数を選択する段階においても、たとえば



のような表示のマークをタッチする必要があり、
これが比較的煩わしい操作になってしまうのです。(メイドイン俺経験談)

以上のような理由から、
一言で表現してしまえば、「タッチペンでの操作に向かなかった」から、
ウズフラーは消されてしまったのではないかと個人的には推察します。
スポンサーサイト

<< 出る杭は打ちやすい | ホーム | カードヒーロー15周年記念交流会レポート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。