プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

狙いを定めて ~スピードバトルカスタム 攻撃範囲ランキング~

過去の記録を漁っていると、
1年ほど前に書かれたメモから面白そうなネタを発見。
相当な数のカードヒーローネタがお蔵入りしているということか。

今回紹介するのは、スピードバトルカスタムで一新された
攻撃範囲にまつわるランキング。
ひとつととび、ふたつとび、へるまっすぐ…など
攻撃範囲は結構な種類がありますが、
最も採用されている枚数が多いのはどの攻撃範囲か?
予想してから続きを読んでもらえると良いかと。
(カードに記載されている回数ではなく
 採用されている枚数をカウントしました。
 たとえば、「キラービ」であれば「ふたつとび」「ひとつ&ふたつとび」
 それぞれ1カウントになります。)


☆1位は「ひとつとび」と「どこでも」!
カードヒーローを代表する攻撃範囲2種が1位にランクイン。
どちらもちょうど12枚ずつで枚数差はありません。
(これら2種類の攻撃範囲が1位タイだと言えた人は凄い!)

以下、各攻撃範囲に解説という名のひとことコメントをどうぞ。

○1位 どこでも(12枚)
スピードバトルはマスター/モンスターという分類が存在しないため
どこでもモンスターとどこでもが統合された結果
どこでもが上位になったとも見れます。
「どこでも」というカード名がようやく効果と一致するようになって一安心。
ちなみに、灯台もと暗しで自分自身を対象に取ることはできません。
(オーパス除く)

○1位 ひとつとび(12枚)
惜しくも1位タイを明け渡すこととなったひとつとび。
独立してもトップとなるこの攻撃範囲が
いかにカードヒーローを象徴しているかということがよくわかります。
プロでは説明に一手間かかる攻撃範囲ですが、
スピードバトルにおいては要は射程2ということ。
カードヒーローには射程1~2に相当する攻撃範囲がありません。
何故ないのでしょうか??

○3位 まっすぐ(4枚)
神斬シリーズとイカシリーズ専用の攻撃範囲。
前言撤回。スピードバトルにおいては
この攻撃範囲が射程1~2ということになります。
スピードバトルにはきあいだめという概念がないため
これを持つカードの通常攻撃と特技とが同じ攻撃力であれば、
挑発とヒットウェイがなければひとつとびに統合しても全く問題ない
(つまりは存在価値のない)攻撃範囲と書きたかったのですが、
バサラに限り通常攻撃と特技の攻撃力が異なるため
惜しくも一概には言い切れません。

○4位 ふたつとび(3枚)
バルキャノンとキラービ、そして新入りカイザーの専用攻撃範囲。
(誰だっ!バルキャとキラービで2種類しかないはずって言ったのはっ)
後衛から後衛を狙うためだけに存在する、射程3の攻撃範囲。
後衛から後衛に1パワーのプレッシャーをかけるカードは
元々ノワールやマージスしかいませんでしたから
「カイザー」というカードは今までなかった隙間を
埋めているという意味ではよく考えられたカードだと思います。

○4位 ひとつととび&ふたつとび(3枚)
ふたつとび後衛であるバルキャノンとキラービ、
そして変わり種のピグミィが持つ攻撃範囲。
射程に直せば射程2~3。
目の前だけは狙えないという点で
もっとも後衛らしい攻撃範囲と言えましょう。

○4位 かんつう(3枚)
【→光の逆進性】で採り上げた、不可思議な対象をとる攻撃範囲。
エルソル、ジャレス、ジャレットの3枚だけが持ちます。
この攻撃範囲については前述の記事で語っているのでここでは割愛。

○7位 へるまっすぐ(2枚)
スピードバトルの中心、ラッフィーと
そのスーパーであるラフィオー専用の攻撃範囲。
持っているカードの通常攻撃と特技の攻撃力が同じため、
パワー2とヒットアウェイがなければ
存在する意味のない攻撃範囲ということになります。
(まさかそのためにヒットアウェイを追加した?)

○8位 いっちょくせん
フェニックス専用攻撃範囲。
逆に専用攻撃範囲でありながら、わざわざ
攻撃範囲マークが設定されているのはフェニックスだけです。

○番外その1 グングニエル
攻撃できる射程は2ですが、
攻撃前に前列に移動して攻撃するという特性上
攻撃範囲マークを付与されていません。

○番外その2 オヤコダケ
味方に被害が及ぶことを除けば、
貫通、一直線をも越える恐ろしい攻撃範囲。
そして自分自身にダメージを与えることのできる
敵味方を両方同時に攻撃できる
唯一の攻撃範囲でもあります。
スポンサーサイト

<< 石の代償 ~スピードバトルカスタム 消費ストーンランキング~ | ホーム | 光と影 >>


コメント

へーへー

ひとつとびがダントツだと思ってました。意外でした。

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
2へぇ、いただきました。ひとつとび、多そうですよね。
実際問題最も汎用性の富んだ「どこでも」と同じということが
圧倒的な多さの証明なのですが…

ちなみにDS版でも同じように確認したところ、
なんと「ひとつとび」12種類、「どこでもモンスター」12種類
「どこでも」11種類とこちらでも僅差でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム