プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿プロ大会アンケート

夏合宿最後の大イベントとして行われた
カードヒーロープロルール大会。

激戦を乗り越え優勝したハクシさんに
一言お願いします、と振ったところから始まった
ハクシさんの質問タイム。

『○○を使っていた人っていますか?』

今回の大会はデッキの途中変更OKだったので
デッキの全体的な分布までは記録していません。

以下、そのアンケート(?)結果です。
※都合により一部順序を変えています。

「○○を採用」とは「○○が入ったデッキを少なくとも1回使った」

◆まずはちょっと渋いカードを使った方はいませんか?
  という質問シリーズ。

キラービを採用:1人
 僕だけでした。
女神の加護を採用:2人
 しんえもんさんとなんでもいいさんだったかな?
 渋いことは渋いけど、場合によってはライフ差3や4でも
 ひっくり返せる可能性を秘めたカードなんだよなぁ。
マッドダミーを採用:1人
 しんえもんさんが使用。
ロブーンを採用:1人
 これもしんえもんさんが使用。
ジャレスを採用:3人
 羅翔さんのほか、ハクシさんと僕が使用。
オヤコダケを採用:1人
 しゅん君が採用したのかな?
オリントを採用:1人
 同じく。登場できたのかは不明。
エルソルを採用:2人
ゼックを採用:1人
ディンを採用:1人
 へりとんさんが使用。
ケントウリアスを採用:1人
レベルチェンジを採用:0人
エスケープを採用:2人
 へりとんさんとしんえもんさんだったかな?
カードサーチを採用:1人
 へりとんさんがギガンタスをサーチできるように入れておられました。
アンノウンを採用:0人
 スーパーは全て純粋な種からのみということ。
神斬丸を採用:0人
バルバス&パフを採用:1人
フーヨウ&ムータンを採用:1人
ラッフィーを採用:1人
テトカを採用:1人
 Lv2が3パワーになるだけで雲泥の差があると思うこのカード。
悪魔のダンスを採用:2人
サンダーを採用:2人
 レア度隠しにどうぞ。
サンダーを3枚採用した:1人
 って全力パンチかぃー
マンクスを採用:0人
パワーダウンを採用:1人
 しんえもんさんが4枚目のパワー2として採用していました。
ナッツロックルを採用:2人
ブラックレインを採用:0人
 ハクシさんにとってこれが一番意外だったとのこと。


◆お次はマスター特有のレアカード採用率。

(ホワイトマスターで)大地の怒りを採用:1人
 僕の中では白大地と言うとへりとんさんのイメージがあるのだが
 この1人はへりとんさんではなかったと思う。
(ブラックマスターで)ウェイクアップを採用:1人
(ブラックマスターで)パワーアップを採用:1人
 僕です。
(ブラックマスターで)エクスチェンジを採用:1人
 ハクシさんです。
(ホワイトマスターで)エクスチェンジを採用:4人
 これはさすがに多かったですね。
(ブラックマスターで)真勇者ダインを採用:2人
 僕とハクシさんが使用。
 フレルExと違いポインター関係なしにダインを積める環境では
 黒でも十分選択肢に入るということ。
鉄拳シグマを採用:3人
(ブラックマスターで)鉄拳シグマを採用:1人

 たぁさんだったかな。→ゆうくんだったようです。
ブラックマスターの鉄拳シグマLv3に殴られた:1人
 その結果こうなるという。

 
◆十分実戦級のカード達もアンケート。

ヒートロンを採用:1人
 意外にも(?)ハクシさんだけでしたね。
どこでもを採用:1人 デスチェーンを採用:1人
 どこでもデスチェが思いの外少なかった。
挑発を採用:2人 パワー2を採用:3人
凌ぎの定番はやっぱりパワー2?
ワープを採用:3人 ローテーションを採用:5人
やっぱりワープ<ローテーションなんじゃないかな。


◆デッキの常識を破る者たち。

ボムゾウを入れないデッキを使用した:1人
→しんえもんさんだったようです。
ドロー5を入れないデッキを使用した:1人
ヤンバルを一度も使わず:1人



◆最後は特殊条件達成一覧。スマブラの点数役みたいな。

ギガンタスを5戦全戦で召還した:1人
 へりとんさんです。この大会真の勝者はへりとんさんかもしれません。
ポリ奇襲を成功させた:1人
 僕ではないです。
ポリ奇襲を回避した:1人
 ハクシさんがユニフォーン絡みで奇襲しようとしたところ
 なんでもいいさんがS字配置して華麗に回避したらしいです。
鉄拳シグマをリターンされた:1人
 しかしハクシさんが、
 そのなんでもいいさんの先鋒シグマをリターンした模様。
1ターン目にモンスターを3体セットしたら手札にスケープゴートが3枚残った:1人
 羅翔さん。これは僕との試合の状況かな?
前列にロブーンが2体揃った:1人
 しんえもんさんの状況。
メイクカードした:2人
 追放(にげる)も使ったか聞けば良かった。
HP10差で勝利:1人
 カードヒーローにおいて10-0だろうが1-0だろうが勝ちは勝ち。
エクスフィニッシュ:0人
 たまによくあるはずなのだが、決まりそうで案外決まらない。
ジャレスにピグミィ2体を串刺しされた:1人
 これぞピグミンチ。
スポンサーサイト

<< ねない、ねない、ねない | ホーム | new3DS >>


コメント

ナイスアンケート♪

おもしろいですねー。
ちなみに、ボムゾウなしデッキは私。
黒シグマレベル3も私。
叩かれた方ですけどw
叩いたのはゆうくんでした。

お初にお目にかかります

最近gb版カードヒーローに目覚め一人コツコツとやっていたものです
もしかしたら個人的な知り合いと対戦できるかも知れないのですがルールに関して質問しても宜しいでしょうか?
ルールは基本的にchoのヤミー無しスタンダードルールなのですがドロー制限をどうしようかと思いまして
左端を縛るやり方でいこうと思ったのですが不正がないとも言えないのであまり納得してもらえません
それならと自分は色々考えドロー制限は無しにして先攻一ターン目石使いきり先攻二ターン目マスターアタック空振りで石没収
これなら先攻はドローも気合ためも自由に行えるのでマスターアタック強制の不利もそこまで響かなく差が丁度いいのではないかと
お互い不正のチェックも行えますし
対戦ゲームではやり込んでいるガチ勢に聞くのが一番なので質問しました
宜しければこのルールに対して一言伺ってもよろしいでしょうか

コメントありがとうございます

>豆腐さん
はじめまして。
最近GB版から入られたクチですか。何年経っても初代はその輝きを失いませんね。

対戦ルールについて、前提条件について確認しますが
(GB版の記述やCHOスタンダードといった記述があるので念のため)
先攻ペナルティ以外のルールについては
【GB版】の★5エルゴマへんしんミラー+ヤミー禁止ルールを想定されているのでしょうか。
それとも【DS版】のレア度8なし+ヤミー禁止ルールを想定されているのでしょうか。

>ひいらさん
返信ありがとうございます
対戦ルールに関してはgb版の星5エルゴマへんしんミラー+ヤミー禁止ルールを参考にさせてもらっています
それにds版の左端制限を加えたルールでやろうと思ったのですがお互い不正を確認出来ないので中々納得してもらえません
そこで動画サイトに上がっていたcho対戦動画で自分が影響を受けたひいらさんのブログを見つけ厚かましいながら相談させていただきました
先攻ニターン目マスターアタック空振りはお互い不正を確認できるのでいいかなと
ただ空振りを強制させると順番が入れ替わるだけなのでドローと気合ためは自由にさせます二ターン目なのも気合をためさせるためです
しかし自分は対戦どころかds版の経験もないためこのルールに不備はないかと気になったのです
ガチ勢の目から見てどうでしょうか?

マスターアタック空振り強制がガチ勢の目から見て厳しすぎるようなら先攻ペナは一ターン目石使いきりのみにしようと思うのですがその場合先攻後攻の差はダイヤグラムでいうとどの位になるのでしょうか?
質問ばかりですみません;
wixoss自分も好きですよアニメしか知りませんが実際のカードゲーム部分も良いと思います

>豆腐さん

こんばんは。
CHO動画と言うとかれこれ7年前になるのでしょうか。
今でもあの動画が誰かに見られているのは嬉しい限りです。

さて、カードヒーローには俗に「ガチ勢」と呼ばれる
集団が存在できるほど大きなコミュニティがありません。
なのでカードヒーローというゲームに対して文字通り
「真剣に」取り組んでいる/取り組んでいた者、という意味での
「ガチ勢」の一人としてコメントさせていただければ。

DS版ということでレア度8に加えて
ヤミーを禁止しようとしているという前提でお話しします。


まず、カードの制限について、ヤミーを制限するならば、
合わせて【シトラスも制限】する必要があります。
彼女らはペアで考える必要があります。

次に先攻ペナルティですが、
ヤミーがいない環境であれば先攻は確実に手札1枚分又は
それ以上のアドバンテージを得ることができます。
左端制限が一番着地点としては緩いですのですが、
不正をしていないかを判別するためには
相手ターン中も画面から目を離さず
プレイする必要があり、疲れることも確かです。

所定のターンまでにマスターアタック等で
ストーンを3コ無駄にするというハンデですが、
その方向性でいくならば、
しんえもんさんらOTOKOグループで採用されている
【3ターン目まで】が妥当な線だと思います。

1ターン目にマスターアタックを空打ちすることは
モンスターを一切セットできず
手札を自動的に1枚捨てなければならないため
(元のルールの圧倒的に有利な)先攻という手番を
そのまま相手に譲る行為であるのに対し、

2ターン目の石3コ消費は、
基本的に4体目のモンスターをセットすることができないため、
お互いにモンスターを4体セットし合った戦型が
発生しないこととなり
(場合によっては3体でも戦える陣形があるものの、
 それは非常に特殊な陣形に限られます)
やはり先攻側(ペナルティを実行する側)がやや不利、
かつその不利具合が手札の状況に大きく依存するため
あまりオススメできません。

3ターン目の石3コ消費は、先攻側のマスターアタックを絡めた
強引な殲滅を不可能にするという意味では幅は狭まりますが、
先攻は2ターンの間、豊富な手札の選択肢から
安定した開幕ができたという点でチャラになるのではないかと。
実質的なアドバンテージを考慮しても、
若干先攻側を持ちたくないかな程度の差だと思います。

そしてこれは消去法的な理由ですが
4ターン目以降、ペナルティの制約ターンを伸ばせば伸ばすほど
”忘れる”というリスクが大きくなるため、
その点を考慮しても3ターン目ぐらいが
落ち着きどころではないかと個人的には思います。

忘れるというリスクを無視するのであれば、
4ターン目までにしても問題はないと思います。
あまり先延ばしにしすぎると
今度は先攻のペナルティが薄くなってくることもあるので
4ターン目以降は早い目の方が良いです。
遅くとも6ターン目くらいでしょうか。


以上、個人的な意見ですが参考までに。

>豆腐さん

おっと、すいません。
長文を書いていて直近のコメントを見落としていました。

石使い切り強制だけでは
先攻の手札にモンスターが3枚なければ事故で大幅に不利、
逆にきっちりモンスターが揃っていれば
全くペナルティにならないため元通り先攻有利となります。

前述した数ターン以内に石3コ浪費を強制するルール下であれば
1ターン目の石使い切りまでは強制しなくても良いと思います。

>ひいらさん
ガチ勢の意見が聞けて大変ありがたいです!
なるほど先攻三ターン以内にマスターアタック空振りが先攻微不利ですんでいいのですね
確かにそれなら覚えやすいし人に勧めやすいですね
石使いきりだけだと開幕で先攻の有利不利が変わってしまうんですね
一応石使いきりだけと聞いてみて(相手は自分と違って忙しいので最近対戦が実現するかも怪しいのですが;)許可が出たら三ターン以内に石三つ浪費で進めたいと思います
後環境はgb通信です分かりにくい書き方ですいません;
自分みたいな物にお手間を頂き恐縮です
貴重なガチ勢の意見ありがとうございました

>豆腐さん

こんばんは。
なるほど、GB版でしたか。通信ケーブルという存在自体が懐かしい。
GB版ではシトラスはいないのでこちらは問題なさそう。
一方で手札は「枚数」しか確認できないので左端を使ったかは
相手の画面を覗き込むほか調べようがありませんから
不正があってもわからないとの指摘はごもっともです。

友人とのリアル対戦、実現するといいですね。

>ひいらさん
どうもですありがとうございます
シトラスは今見るとwixossのタマに似てますねwリアルカードは実は昔に少しもってました対戦経験はありませんが
対戦は都合にもよるので実現するかはわかりませんが出来たら楽しくやりたいですね

対戦してきました

結果から言うと勝ちました^^
ルールは先攻三ターン目に石浪費でいいと言われたのでそれで
友人の方もそんなに上手くないため前にセットされたカードを起こしたらポリゴマだったのでそれをダインの餌にしてなんとか
自分は白で友人は黒でしたgb版では上級者だと黒有利なんですかね?うまく配置されたら白だときつそうだなぁと
自分は下手くそなのでひいらさんみたいに石を貯めるのがうまくいきませんでした;
なんか石を貯めるコツとかあるんでしょうか?
対戦内容はなんとなく自分が勝てたというような感じでしたが十分楽しめましたgb通信とかポケモン以来です
自分みたいな物に詳しくルールの事を説明してもらいありがとうございました

>豆腐さん

こんばんは。GB版での対戦お疲れ様です。
初手で起こしたモンスターがポリゴマとなると、
もはやそれだけで勝負が決まりかねません。
友人はモンスターを後ろにセットすることの重要性を
身をもって学んだことでしょう。
或いはいわゆる「ポリクラ」をしようとしていたのでしょうか?

ポリゴマで思い出しましたが、きあいだめ行動を制限していないのであれば、
マスターチェンジの存在しないGB版かつヤミー禁止の環境下では
(そもそもヤミーが禁止でなくとも)黒側が相当有利だと思います。
黒側がポリゴマを3枚引いただけでゲームが終わってしまいます。
それくらいきあいだめのできるポリゴマは壊れています。

石を溜めるコツは、まずは白ならば極力シールドを貼らないことです。
黒だと少し難しいですが、いかにモンスターを倒させれないかという部分に
注意を払えるようになると自然と石が貯まるようになります。

何年経っても色あせない面白さ。
今後ともカードヒーローをよろしくお願いします。

>ひいらさん
どうもです。忙しい中時間を作ってくれた友人にも感謝です
後ろにシゴトにんがいたので多分ポリクラ狙いだと思います
確かにポリゴマの気合は強いですね二枚目のポリゴマに幾らか削られました;今考えるとそこで自分のダインを倒さなかったのも相手のミスかな?
きあいコマンドを制限しないと黒大幅有利という事ですが禁止にするのとしないとではどれくらい違うものなんでしょうか?
格闘ゲームでは6:4は体感的にいけても7:3はまず無理です
それくらいの差になってしまうのでしょうか?もしそうなら次はきあいコマンドも制限した方が良さそうですね
石を貯めるコツありがとうございます!
しかし盾を貼らずに自分のモンスターを守るのは難しそうですね;gb版はcpuも中々強いので練習しようと思います

なんか自分が見た他の情報だとgb版白黒はヤミーなしだと5.5で黒微有利とあるのですがds版以降の攻略でgb版も事情が変わったんですかね?自分は下手くそですけどそこら辺の攻略事情とか興味あります
きあいを制限する場合は追放も制限をかけるんですか?
ds版とは違うから必要なかったりするのでしょうか

>豆腐さん

DS版とGB版の間で白黒のバランスに影響するであろう差は
 ・アーシュ&ロロの有無
 ・エクスチェンジの有無
(・シゴトにんのHP)
(・みがわり大地の貫通ダメージ)
この辺りでしょうか。

研究が一通り進んだ結果、エクスチェンジ有りであっても黒有利
(似たような実力の者同士が一般的な白デッキと黒デッキを持ち寄って
対戦すれば黒側が6割方勝つ)とされるDS版の環境に比べ
アーシュ&ロロという至高の中衛を失った分、
エクスチェンジを使われないという点でDS版とどっこいどっこい、
つまりは6:4程度の差ではないかと思います。

GB版の末期に黒殲滅という戦型が発見され
その研究が終わる前にDS版が出たこともあり
当時で若干黒有利との見解でしたが、
黒殲滅の強みがおおよそ判明した今であれば
GB版の環境であっても黒の有利は明白だと考えられます。

DS版での追放(にげる)制限は
きあいだめコマンドと追放コマンドが同じ場所にあることによる
不都合のほか、終盤の駆け引きの問題から制限しています。

>ひいらさん
どうもです
なるほど気合を制限しても黒有利なら相当ですね
にげる禁止はds版の不具合が原因ならgb版では制限しなくともいいのですかね?それともやはりgb版でも駆け引きに問題が出るのか
自分は追放がどの程度ゲームに影響を及ぼすのかよくわからないレベルですが;気合を自由に貯めれるポリゴマがいると黒に7はもってかれると考えるとやっぱり気合コマンドも制限した方が良さそうですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。