プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年カードヒーロー夏合宿レポート

2年ぶり3回目の開催となりましたカードヒーロー夏合宿@横浜。
(開催日:2014年8月27日~8月30日)
参加者の皆様おつかれさまでした&ご参加ありがとうございました。
おもてなしいただきました横浜の方々もありがとうございました。

今年の夏合宿は水曜夜より土曜日までの全3泊4日の行程でしたが
僕と羅翔さんは仕事の都合上木曜の夜からとなり2泊3日でした。
へりとんさん、ハクシさん、なんでもいいさんが全行程に参加されており、
ハクシさんが前日全日の様子をレポートしていただけるとのことなので
フルコースのご様子を知りたい方は【→こちら】をご覧ください。

以下、かなりざっくりとですが僕視点のレポートをお送りします。
ざっくりのはずなのにこんなボリュームになるとは…

今年の参加者は関西組(?)からは
僕、へりとんさん、ハクシさん、なんでもいいさん、羅翔さんの5名。
横浜組はたぁさんしんえもんさんに加えてたぁさんの息子さんたち。
前述したようにへりとんさん、ハクシさん、なんでもいいんさんが
水曜に現地入りしていて、僕と羅翔さんが1日遅れての到着。

横浜までの新幹線内では色ドラに向けて
羅翔さんと『スピードバトルカスタムのドラフト』を4戦。
キノコの波乱によりまたも負けそうになる試合があったが、今回は全勝。
新横浜まで2時間あるはずなのにあっという間に到着してしまう不思議。

小雨が降る中最寄駅(?)に到着。
たぁさんが車で迎えに来てくださり、
たぁさん宅までは久々ですねと話したり
現在進行中の『カタン』の状況を聞いたり。

そんなこんなで駅からは数分でたぁさん宅に到着。
毎年玄関に靴を脱いで並べる時
「いよいよ夏合宿が始まるんだ…!!」
というwktk感がたまらない。

いつもの部屋に入ってみると、
既に「カタン」ではなく別のゲームをやっている様子。
『ハイパーロボット』というゲームで
RPGでよくある氷の床(滑り出すと何かに当たるまでは止まれない)
ルールのもと、駒を所定の位置に動かす最短手順を見つけるゲーム。
駒が1つではなく4つ(4色)あるのがポイントで、
目的の色の駒を所定の位置に動かすために
他の色の駒を動かして便利な障害物として使っても良い
(ただし他の色を動かしても手数に含める)のが難しい。

どうしても1つの物体だけで考えてしまうひいらは
全くといっていいほど手順が見つからず、
数手で到達できる簡単なやつ以外は溶けず…いや、解けず…orz
しんえもんさんのキラリ光る妙手に驚いたりしつつも、
(1手違うだけで全然違う経路になるところも凄い)
最後は駿くんの3連続ポイントで勝利。(3ポイント先取)

続いて今回のために作ってきた『ごいた』
それも将棋の駒ではなく
カードヒーローのキャラクターに置き換えたバージョン。
前回のプチ交流会では羅翔さんが無敗伝説を誇っていたが…
初戦またしても羅翔さんのチームが勝利。羅翔さん補正が強すぎる。
しかし、たぁさんと組んだ2戦目にしてついに無敗神話が崩れる。
きっとたぁさんのせいではありません。

続いてスカイプで謎の「お○ぱい!」コールが続いていた元凶、
その名も『お○ぱいお○りサンシャイン』
サンシャシンが何かよく分からないひいら。
まぁテーマが違うってのがわかればいいやということで進める。
誰かが「お○ぱい」カードを捨てたら
「お○ぱい!」と叫ばなければいけないルールがキモ。
キモなのだがカードを捨て札にする機会が意外と少なく
折角のルールが活かしきれていない気がしたのが少々残念。
(え?そういうゲームじゃないって?)
「お○ぱい」以外にも宣言することがあったり、
特定条件の時に限り宣言する規則が変わったりすると
面白いかもしれない。
ゲーム自体は5色のフルセットを揃えた羅翔さんの勝利。

この段階でかなり夜も更けてきており、
寝る場所を賭けての『ごいた』勝負。
へりとんさんは一足先に寝床についていたため
僕と羅翔さん、ハクシさん、なんでもいいさんの4人で勝負。

チーム分けの結果、
僕&羅翔さん vs ハクシさん&なんでもいいさん の戦い。
羅翔さんと同じチーム…これはもらったっ!と思いきや、
あれよあれよという間に15点取られてしまい敗北。
どうやら関東では羅翔さん補正が効かなくなるようです。
 親が伏せて、ヤンバルアタック→パス→パス
 →ヤンバルで受けて、ボムゾウでアタック
 →ボムゾウで受けて、ヤンバル→パス→パス→パス
 →あるぇ?

というヤンバルジンクスが毎回発動していたのが不思議。

これにて1日目終了かと思いきや、
参加したばかりで眠くならない僕と羅翔さん。
おもむろに3DSを取り出し、『カービィファイターズ』やりません?と。
※カービィトリプルデラックスにオマケゲームとして付いていた
 カービィの格闘ゲームで、スマブラのような画面、操作感のゲーム。
 各々が好きなコピー能力で戦う体力制格闘ゲーム。

羅翔さんにも話は振っていたこともあり「じゃあやりましょうか」と。
そいえばハクシさんもダウンロードしていたよな…
(僕が布教したからです)ということを思い出し、
寝床に就こうとしているハクシさんを
半ば強制的に引っ張ってきて3人でプレイ。
羅翔さんはビジターのため
使えるコピー能力がソード、ビーム、カッターに制限されていて
何度かローテーションしたのちソードに固定になっていたが
最終的には僕やハクシさんとも対等に戦えるようになっていた。

このソフト、自動でチームを割り振る機能がついているのだが、
その乱数が明らかにおかしく、いつまで経っても
僕&ハクシさん vs 羅翔さん&CPUの組み合わせが出なかった。
この組み合わせ↑が出たら寝よう!
と決めていたら本当に寝れなかったかも…

ここで本当に1日目終了。就寝時刻は4時半頃。


2日目は9時頃に起きて、シリアルを朝ご飯に食べたあと、
「レジスタンス」の派生ゲームである『アヴァロン』をプレイ。
基本的なルールは「レジスタンス」と同じなものの、
レジスタンス(善)側に「マーリン」という
誰がスパイかを知ることができる役職が増え、

その代わりに善側が勝利したとしても
最後に「マーリン」を悪側に当てられてしまうと一発逆転負け、

というルールが加わっている。
一発逆転ルールがあるものの基本的には情報が多くなるため
元ルールよりはレジスタンス側有利らしい。
6人(しゅ、な、ハ、ひ、へ、羅)のスパイ2人でプレイ。
もし5人だとレジスタンス側が3人で
最後の一発逆転での事故が起こりやすくなってしまうので
マーリン有りは6人以上が良いような気がする。

初戦は素村(能力無しレジスタンス側)
初戦のみミッションの可否決のラインが異なっていたので
若干感触が異なるが、
最後はスパイがわかったけど説得できなかった…と思いきや
全然予想と違うところがスパイで名実ともに完敗。

2戦目も素村。
誰がスパイか見当もついていなかったんだけれども、
なんでもいいさんがスーパーマーリンプレイ
(マーリンでないにも拘わらずピンポイントで4人全員善側指定)
のお陰でたなぼた勝利。

1戦目2戦目ともにスパイのハクシさん。
へりとんさんに「邪悪な顔してますからねぇ」と突っ込まれる。
(2戦目はへりとんさんがマーリンのため、メタ的なネタ発言)

3戦目はついにスパイ。相棒はハクシさん。
つまり3戦連続スパイのハクシさんw
これはギャンブラーの誤謬を逆手に取れそうだ。

1ラウンド目。みんなが模索するなか僕にリーダー権が。
ここまで皆「自分+右隣」で指定してきており、僕の右隣はハクシさん。
にしししし…「僕とハクシさん」を指定。
すると3回目ということもあってか通る。これは有り難い予想外。
ということでまず失敗しないであろう1ラウンド目に
失敗カードを潜り込ませる。

みんなが成功を見守る中、失敗!
「ハクシさん何してるんすか!」と突っ込む。仕込んだのは僕ですが。
続く2ラウンド目も僕を含めていたので失敗し、
僕があからさまに怪しいことになるが、
ハクシさんの黒さを見事うやむやにすることに成功。
3ラウンド目も失敗とし、スパイ側の完全勝利。
マーリンは誰かわからなかったけれども。
(一度大正解の人選をした羅翔さんがマーリンでした)

アヴァロンを終えた段階で
昼前のいい時間帯になっていたのでここいらでお昼ご飯に。
今年もたぁさんのおそばやさんにお邪魔。ごちそうさまでした。
今回はカツ丼セットだったのだけれど、2年前は何を食べたんだろう?
この昼食中にソフトバンクの繋がりやすさのヒミツ?を
なんでもいいさんから伝授いただきました。

お腹もいっぱいになったところでカードヒーロー色つきドラフト。
今回は事前に少し話題を振っていたチーム戦。
8人だったので4対4のチーム戦でやることに。
1セット計72枚の中から4デッキ分、48枚のカードを選ぶ必要がある。

先鋒は先鋒同士、大将は大将同士というように総当たり形式ではなく
先鋒が負けたら次は次鋒、次鋒が負けたら次は中堅…というように
勝ち抜き形式でやることに。

チーム分けは
・僕、へりとんさん、なんでもいいさん、きょう君
・ハクシさん、しんえもんさん、しゅん君、ゆう君

という構成で、
へりとんさん(先鋒)、なんでもいいさん(次鋒)、きょう君(副将)、
そして僕(大将)の順。
こちらのチームのデッキは各担当色に
それぞれ緑をタッチするような形で
へりとんさんがタッチ、なんでもいいさんが赤単、きょう君黄色単
そして僕が青単でハリマル再生。
相手チームはハクシさんが先鋒。あれ?大将じゃないんですか?
ハクシさんがタッチの圧倒的なパワーカードデッキで4縦して終了
極論1デッキで勝ち抜きさえすれば良いので
実質カードを分けるというルールが意味を成していなかった模様orz
特殊な状況ながら、
「次のプレイヤーは負けた時の相手のフィールドを引き継ぐ」
とかにした方がアドバンテージの取り合いになっていたかもしれない。
でも特殊過ぎる上にロック等逆手に取られる危険性があるため
やっぱりチーム戦は順当に総当たりが良いかな。

対戦終了後、全員のデッキを机に並べて
写真撮影会が発生したのが面白かった。

ここでしんえもんさんがお仕事で抜けたはずなんだけど、
昼間何をしていたかの記憶が曖昧…
なんでもいいさんがきょう君とリアルカードの『ヴァンガード』してたり、
『セット』通常版を観戦したり、
カードヒーローバージョン『セット』をやったり
あとはダンジョンを作りながら誰がダンジョンに潜るかを決める
「髑髏と薔薇」のようなチキンレース、『ダンジョンオブマンダム』とか。
このゲームの手持ちの情報カードがドラクエっぽくて良い感じだった。
ひいらは浅いながらもたいまつ無しでのダンジョンを突破したものの
最後は羅翔さんとの一騎打ちのチキンレースに負け勝機を逃す。

個人的に今回最も盛り上がったゲームの一つが
『パブフィブ』というダウトゲーム。
9のカードは5枚しか入っていないはずなのに、
宣言された数字だけを聞いていると
もっとたくさん入っているのではないかと
思えるような展開になっているのが面白かった。
実際確認して等確率だったときの驚きといったら。

→これは764です→受け取る→2枚チェンジ→
→これは853です→いやそれあり得ないだろ、ダウト→853(合ってる)
というパターンにやられたことと、
きょう君が驚異的な確率で9を引いてきていたことと、
最後にその9引きに加えて9ダメージの必殺札にやられたことが
特に記憶に残っている。

夕ご飯お風呂前最後のゲームは『はげたかのえじき』
考えた結果で勝つと言うよりも棚ぼた、
言い換えれば誰かの不幸がなければ勝てないという
ゲーム性ゆにあまり好きなゲームではない。

ニムトも同じように考えてもどうしようもない場合や
誰かの不幸の上に勝利があるという側面はあるものの、
(大きな札で)同時に沈むということがない点が違うのだろう。

あとはマイナス点の場合には共闘ができてしまうという点も
あまり好ましくない。
マイナス点は通常通りの取得ルールでカードを取り、
(同着でない最大のプレイヤーが取得する)

カードを取ったプレイヤーが任意のプレイヤーに押しつける
というルールであったならば
トップ目を抑制するルールにもなるのだがどうだろうか。

皆が仲良くバッティングするなか
上位札を2回取得したゆう君の勝利で決着。

はげたかの後は戦闘銭湯タイム。
今年も2年前と同じく近場の銭湯にみんなで出撃。
入浴料が意外と高い反面
石けんやシャンプーといった物品は安かったりするのが不思議。

カードヒーローメンツでお風呂に入る機会って
今のところ夏合宿しかないよなぁ…
早く温泉旅行を実現させたいものです。

なんでもいいさんがあっつ熱のお風呂に入ったりして、
仲良く温もったところで恒例のガリガリ君を購入して帰還。

コンビニ夕食でお腹を膨らませたあと、始めたゲームは
カードヒーロー交流会ではおなじみ『キングオブトーキョー』.
昨晩の無茶が祟るとともに身体があたたまって眠気が襲ってきたので
僕は後ろで仮眠タイム。人数が多いこともあったしね。
序盤は声が耳に入ってきていたので大体の状況は把握できていたが
途中から完全に寝落ちしてしまっていた。
キントー中に我らがトーキョーを狙ってGが現れたらしいことも知らず。

丁度キントーが終わったタイミングで起こしてもらい、
(キントーに1時間30分以上かかっていたらしい)
お次は『ニムト』(シックスニムト)
たぁさんやハクシさん、しんえもんさんが
「これって牛マークを多く集めるゲームですよね」と言わしめるほど
カードの取得枚数を争う中、僕と羅翔さんが1位争い。
しかし僕の手札には捌きようのない少数カードがあったため
最後の1枚を取得し、牛マーク1つ分の差で2位。

極端な話このゲームは「1」を持っている時点で
パーフェクトが不可能になるあたり、
ハーツのように連戦前提か、そうでなければ配られたカードのうち
何枚かは出さずにセットが終わる方が望ましい。
(その場合「1」のカードは最後まで出さずに我慢するカードか、
 緊急回避的な意味合いで使われるカードになる。)

あとは順番をよく覚えていないのだが、3DSの『マリオテニスオープン』
ダブルスで4人とも人間でできたのは初めて。
やっぱり全員人間だと面白さが段違い。
久々にやったということもあったけれど
やっぱり64時代の経験値で勝るなんでもいいんさんは強かった。
このゲーム、チャージを引き継がなかったら完璧だったんだけどなぁ…

カードヒーロー夏合宿の最後を飾るゲームは
前回も前々回も『あやつり人形』だったものの、
今年はカードヒーロー交流会らしく
『カードヒーロー』プロルールでのリーグ戦&トーナメント。
ルールはプロ8なし+先攻左端制限(マスターアタック空打ちで解除)、
そしてシトラス、ヤミー、レオン、ラオン、オクトロス、デスシープ、
ソウルチャージ、ロストーン
の8枚の禁止と、
ドラゴンカップのリミテッドルールを拡張したもの。

まずはへりとんさん、羅翔さん、ゆう君、僕の4人と
しんえもんさん、しゅん君、ハクシさん、なんでもいいさんの
4人に分かれてそれぞれ予選リーグ。

僕は今回パワーアップ入り黒殲滅とキラービ入り白殲滅、
そしてジャレス入り白殲滅を用意して戦いに挑む。

予選リーグ1戦目 vs 羅翔さん
羅翔さんは案の定白殲滅、こちらパワーアップ入り黒殲滅。
しっかりと陣形を揃えた黒というだけで有利なのに対し、
羅翔さんはマジックを引きすぎたためかモンスターを満足に出せず
手札オーバーで手札を切らざるを得ない状況。
モンスターを出せない白に負ける黒はなし。

予選リーグ2戦目 vs へりとんさん
へりとんさんはいつもの白殲滅…と思いきや
今回は気色が異なるようで。
僕はてっきりいつもの白殲滅だと思ってCHO時代の白殲滅を使用。
HP6をめくると不利となる中盤でボムゾウ覚悟でウェイクした相手は…
なんと「ディン」!にゃんと。しかしHP6なので潰さざるを得ない。
さらには「ギガンタス」を召還され、
5Pアタックを1発食らうもマージスで撃退。
じわじわとストーンを回復させていく。
最後は「ドロー5」3枚のほか
「カードサーチ」や「エスケープ」でカードを消費していた
へりとんさんの山札が完全になくなり、HPを10残しつつも投了。

カードヒーローは限られた枚数で
マスターのHPを10削り切らねばならないことからも
マスターのHPを削る能力に乏しいカード、
1:1交換のできないカードは余計に敬遠される要因となり、
デッキの幅が狭まっているのが惜しい。

予選リーグ3戦目 vs なんでもいいさん
なんでもさんと僕がともに2勝しているので上位リーグ進出が確定。
決勝リーグの場所決めとなる3戦目。
パワーアップ入り黒殲滅。なんでもさんは白殲滅だったはず。
シトラスがなくとも基本をしっかりと押さえたプレイもできる
なんでもさんは強敵そのもの。
しかし黒殲滅の自力が大きくここでも
パワーアップの活躍の目を見ることなく勝利。

準決勝 vs しんえもんさん
しんえもんさんはマッドダミー入り黒速攻、
こちらはパワーアップ入り黒殲滅。
先攻しんえもんさんのフィールドには
ポリゴマやらアサシンやらの速攻メンツが。
対処カードを引かなければ押しきられる状況、
ポリが後ろにさがったタイミングでみがわりを引き当て、
綺麗に殲滅成功。
しんえもんさんは左端を解除するなどして戦線を維持しようとするものの
こちらのポリゴマを捌くなどして石がカツカツの状況。
こちらが先に詰めろをかけたところ、
パワー2とパワーダウンのダブルパワーマジックで凌がれ、
逆に相手の伏せカード次第では詰まされる状況。
ライフは3対3でパワーアップ大地で引き分けにはできる状況…
引き分けって再戦でしたっけ、
それとも持ち込んだ側が負けでしたっけと尋ねた結果、
最終的に「プライドの問題じゃないかな」という
挑発めいた言葉が飛んできたので
フールで「挑発」してターンを渡す。
それでも伏せモンスターがポリとピュアなら詰む。
しかしながらそこまで都合の良い伏せカードではなく勝利。
勝負に勝ったぜ。

決勝戦 vs ハクシさん
マスターは白と決め、ハクシさんは黒を使うであろうという予想のもと
4枚目のビターとしてジャレスを投入したジャレス入り白殲滅を使用。
しかし結果はジャレスのHP4という低さが
挑発ロックという最悪の形で足を引っ張ることとなり敗北。
切札として入れたつもりのカードのせいで負けるとは痛恨orz

ということで5戦に及ぶ長期戦の結果、優勝はハクシさんでした。
この後優勝者のお言葉ということでハクシさんに話を振ったところ
機転をきかしてくださいまして突発的なアンケートが行われ、
大いに盛り上がりました。
この件については別記事で特集します。

カードヒーローを終えた段階で夜も相当更けていたはず…なのだが、
まだまだ終わらない長い夏の夜。

次にやったゲームはなんでもいいさん持参の『シンデレラが多すぎる』
僕はこの前なんでもいいさんのところにお邪魔させてもらった際に
プレイしたことがあったので今回は見学。

やっぱり初見だと戦略もあってないようなもので
どのカードがどのカードを候補から除外する効果をもっているのかを
しっかり把握できてからがこのゲームの本番な気がする。

ここでたぁさんしんえもんさんが明日の仕事に備えてお休みになり、
へりとんさんとなんでもいいさんも寝床に向かった後、
残った4人(ハクシさん、羅翔さん、しゅん君、僕)で延長戦開始。
羅翔さんがやりたいと言っていたオワコン(『OWACON』)をプレイ。
基本はワーカープレイスメントで資源というか資産を集めていくのだが、
単に効率良く資産を集めれば勝てるというわけではなく、
各プレイやーに配られる勝利条件カードによって
各資産の勝利への貢献度が変化することが最大の特徴。
勝利条件カードの中には資産を多く持つことが
デメリットとなるものも少なからず含まれているため、
勝利条件を見定めないと確約された勝利はおぼつかない。
資産を集める行動のほかに勝利条件カードを確認したり
入れ替えたりすることも可能で、
資産を取るか情報を取るかといったジレンマが発生する。

主に僕としゅん君が「お金を持っていると勝利点になる」という
勝利条件を知っているのでお金をかき集めあう2人。
最後にウィルを一気に放出した切札を使ってお金を奪い返すも、
それでも抜き返すには叶わず。
他の箇所でポイントを稼げなかった僕は3点と最下位。
羅翔さん曰くポイントがプラスだっただけでも今回は上出来とのこと。
マイナスになることってそんなにあるのだろうか。

やっぱり寝る前の締めは『ごいた』
確か再び羅翔さんと組んで再び負けた気がする。

この4人で『カービィファイターズ』やりませんかという
流れになりかけもしたけれど、
さすがに皆(僕も含めて)眠くなってきていたので2日目はここで終了。


夜遅くまで起きていたせいで起床も遅くなるのはもはや必然。
今年の夏合宿最後のゲームは『モテねば。』

運動、ファッション、トーク、金、学力、とった魅力キューブで
女子高生カードにアタックを仕掛けて女の子の愛を奪い合うゲーム。
世界観は非常によくできているのだが、
ゲーム性はうってかわってシビアなワーカープレスメント。
それでいて簡単にキングメーカーが出てしまう辺りが勿体ない。
まぁそこは世界観を楽しむゲームなのだろう。
きょう君がずっと1人の女の子を独占したり、
ゲームのことを知らないで聞くと誤解されそうな発言が
ハクシさんから飛び出したりと盛り上がりポイント多数のゲームでした。

3日目の朝にできたゲームはこれのみ。
もてねばが見た目より重かったというのもある。
しんえもんさんにお別れの挨拶をした後、横浜を後にしました。
羅翔さんはさらに東京で1泊の予定があるとのことで横浜でお別れし
ハクシさん、へりとんさん、僕の3人は鈍行で東海道線を西に。
帰りの電車の中では一切ゲームはせず、いろんなことを話していました。
横浜から浜松までで5時間ほどあったはずなのですが、
やっぱり友達と一緒だとあっという間ですね。
むしろまだまだじっくり話したいことがあったのに…

といった形で幕を閉じた夏合宿でした。
今年はたぁさんのご要望により3泊4日の長行程となりましたが、
それでもなお、まだまだやりたいことが残ってしまうのですね…
こればっかりは仕方ないでしょうか。

やり残したことは数知れずあるけれど、
不思議な充足感に満たされる夏合宿。
ついに3回目と言うことで恒例行事と言っても
差し支えないイベントになりつつあります。
惜しくもドラゴンさんが参加できませんでしたが
来年、来年こそは参加できると期待しています。

また来年も横浜でお会いしましょう!
スポンサーサイト

<< new3DS | ホーム | 【お蔵入り記事】Last Chronicle >>


コメント

お疲れさまでしたー

夏合宿、遠いところ皆様お疲れさまでした。
あーんど
ろーんぐろーんぐざっくりレポート、お疲れさまでしたー(笑)

そうなんですよね、またまだ色々とやり足りないのはなんでしょ?
次の機会を一家揃って楽しみにしておりますー

ごいたで羅翔さんの連勝をストップさせた疫病神&カウハンターのたぁでした!

楽しかったですねー。

2日目の夜、プロ大会の後まだゲームやってたのか~!?さすが!

イロドラでひいらさんのピグミィが最初の石になっちゃったのはかわいそうでしたね;;チーム戦総当たりもいいけど、チームメイトを応援できたのもよかったですよ。ほかの人のプレイを見るのも楽しいですし♪

プロ準決勝はリアル挑発失敗。くそー。
大会後のアンケートのまとめも楽しみにしてますよー。
(まとめますよね??)

コメントありがとうございます

>たぁさん
3日間(人によっては4日間)お邪魔させていただいてありがとうございました。

ざっくりな割にちょいと長すぎましたね。
2回に分ければ良かったんですが良かったのですが、
3日分なのでどこで分けるかの踏ん切りが付きませんでした(汗

ごいたは今回の合宿ではたぁさんと組んだとき以外にも結構負けがありましたので
相棒のせいということはないかと思います。
ところで「カウハンター」って何でしょう?


>しんえもんさん
夏の夜は長いのです♪
1日遅れの僕と羅翔さんは体力が残っていたのでなんとかなったものの、
フル出場のハクシさんの体力は底なしなのでしょうか?

色ドラのチーム戦はほぼほぼ構築戦のようなもので
カスタムのノーマル形式と同じく逆転性に乏しく先攻ゲーになりやすく、
(強力なフィニッシュマジックを積むことができるため)
その点ピグミィが落ちたのは戦力的な問題以上に手番の問題の方が大きく響いたと思われます。
その点からもあの形式だと先手番を取りやすい赤か青が強いと思われます。
あの対戦カードは大将vs大将だったら満点だったんですけどねぇ…

プロ大会終了後のアンケートは今から記事にしますのでしばしお待ちを。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。