プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

【スピードバトル】光の逆進性

カードヒーローの世界において、光は逆進性を持たない。
その理由が、スピードバトルルールにおける
「貫通」という攻撃範囲の非対称性にある。

貫通攻撃を持つのは「エルソル」「ジャレス」「ジャレット」の3枚で、
「エルソル」は序盤で大変お世話になるだけでなく
ドラフトでも大変強力なカードとして存在しており、
一方の「ジャレス」もドラフトで逆転の切札ともなる強力なカードだ。
「ジャレット」は…ええと、ドラフトでジャレスって2枚出ましたっけ?

今回ピックアップしたいのはその攻撃範囲のルール。
貫通攻撃を持つモンスターが前列にいる場合と
後列にいる場合で比較して検証する。

1.前列にいる場合。
攻撃対象によって3つのパターンが存在する。

 ◇1-1.相手の前衛を狙う
 相手の前列と後列を同時攻撃する。
 前列にはXパワー、後列にはX-1パワーで。

 ◇1-2.相手の後列を狙う
 相手の後列のみをX-1パワーで攻撃する。

 ◇1-3.味方の後列を狙う
 味方の後列をXパワーで攻撃する。

2.後列にいる場合
攻撃対象として選べるのは味方前列と相手前列の2パターン。

 ◇2-1.相手の前列を狙う
 相手前列のみをX-1パワーで攻撃する。

 ◇2-2.味方の前列を狙う
 味方の前列のみをXパワーで攻撃する。


1-3及び2-2は味方を攻撃する選択肢なので
使う機会は少ないだろうが、
カードヒーローをカードヒーローたらしめる要素であり、
決して忘れてはいけない選択肢。

まず注目したいのが1-11-2の選択肢。
正面のモンスターを攻撃するか否かを選べるということ。
図で表すと下図のようになる。
逆進性-図1
イメージとしてはプレイヤーから見て
右回りに光線を打つか、左回りに光線を打つか。
より正確には、攻撃する時に
右に一歩ステップしてからビームを発射するか、
左に一歩ステップしてからビームを発射するか
を選んでいるという方が正しいかもしれない。


しかし、後衛に移動すると、
どうやらその使い分けができていないようなのである。
逆進性-図2←こう選べないといけないのに
逆進性-図3←実際はこう
つまりは味方を攻撃しつつも
相手の前列にも攻撃するという選択が取れない。
これはおかしい。

もし近くにいる単体だけを狙うことができるのであれば、
前列からでも前列のみを攻撃するような
選択肢が存在していなければならない。
逆進性-図4←前列だけを攻撃したいのに…

このように、スピードバトルにおいては
「かんつう」という攻撃範囲はかなり特殊で
一定の規則で説明することができず、
悪く言えばご都合主義でしか説明できない
攻撃範囲となってしまっているのだ。
スポンサーサイト

<< 【お蔵入り記事】Last Chronicle | ホーム | 20140802~03 交流会レポート >>


コメント

あらほんと。

コリャおかしいですね。

proルールで使ってるカードをそのまま使えるようにしたために起きたダメな例ですね。

SBを作る際、ゲームを面白くするために場をまっすぐに作らず、わざとずらしたんだと思いますが、一直線という強い攻撃範囲を得るメリットを得た代わりに貫通が弱くなってしまうデメリットが生じたんですね。
で、ばれないんじゃない?って、無理やりビーム捻じ曲げてみたとw

全然気づきませんでしたw

SBの前衛から相手後衛への攻撃はproのポジションに置き換えると、そこはマスターの後ろなわけで・・・。
もしもproにマスターの後ろのマスがあったら、SB貫通はマスター貫通させてその真後ろに攻撃を充てられるっていうことですもんね。そういう打ち方が出来るならマスター貫通させて向こう側の前衛にも攻撃を当てられるということに・・・。
強すぎますね。

SBの場は何でずれているのか?

というコラムが読みたくなりますね。



これは素晴らしい記事
というか、よーこんなん気づきますね

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
ビームをねじ曲げたというよりは、攻撃する時に
右に一歩ステップしてからビームを発射するか、
左に一歩ステップしてからビームを発射するか
を選んでいるという方が正しいかもしれません。
(図での説明の都合上ビームが曲がっているような表現をしました)
どちらにせよ説明のつかない攻撃範囲となっていることに変わりはありませんが。

プロルールでマスターと対岸の前衛モンスターを攻撃するためには
横にステップではなく
相手フィールドに向かって一歩ステップする必要があるわけですが、
その動きが自然かどうかはさておき、
プロルールでのエルソルやジャレスの採用率を考慮するに、
前列への同時攻撃ができても強すぎるということはないと思います。

スピードバトルでフィールドがずれているのは、
「一直線」と、「へるまっすぐ」(ラッフィー)「まっすぐ」(神斬丸)の活用が
最大の理由ではないでしょうか。


>はやんぼさん
スピードバトルルールのルールブックを作ろうと考えると、
攻撃範囲をきっちり説明する必要があるわけで、
「貫通」の項を書こうと思った時に一意に説明することができないなぁ
と思ったので記事にしてみたわけです。

後列から味方前衛と相手前衛を同時攻撃する選択が可能であれば、
「貫通」とは
・1距離にある者をXパワーで、2距離にあるものをX-1パワーで同時攻撃
もしくは
・2距離にある者だけをX-1パワーで攻撃する
という2種類から選択する攻撃範囲であると説明できるのですが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム