プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

正しい過程に 正しい結果が宿る

たとえばカードゲームにおいて、
イカサマをして勝ったとしても
その勝利には一片の価値もない。

同様にルールを強引にねじ曲げて得られた結果にも、
価値はない。
もしそこに価値が生まれているのなら、
悪いのはそのルールだ。

成果主義の世の中じゃ 結果がすべてと言うけれど、
過程はどうでも良くはない。
少なくとも正しい過程を踏んでいるかどうかだけは、
検証する必要がある。

ルールの中で暴れられる。
ここまでやっていいという「共通の」「明確な」線引きがある。
だからゲームは面白い。

2014年7月29日22時30分追記
>しんえもんさん(コメントレス)
そこまで世の中の理不尽を揶揄するつもりでもなかったんですが、
『ノーゲーム・ノーライフ』の主人公「  」をして
「ただのクソゲー」と言わしめるような世界ですしね。
多くの人から見れば、ゲームは世の中の一面を切り取った、
所詮世の中よりも次元の低いものに見えているかもしれませんが、
単純化、抽象化されているからこそ、
ゲームで当てはまることはそのまま世間にも当てはまるという点で
学ぶべきことは多いと思います。

そういった意味をこめてカテゴリ「世界の縮図」を作りました。

さて、ルールは絶対と申しましたが、
世の中においてはルールを破ることが許される、
場合によっては推奨される「例外」が実はあります。
それは「弱い者を守る」もしくは「困っている人を助ける」場合。
世の中のルールは「弱い者を守り、困っている人を助ける」ために
作られている
はずなので、その大原則を優先するべきだからです。
※医者の大原則が「生命を守る」ことであるがゆえ
 自殺志願者であってもその命を救うことに
 全力を捧げなければならないのと同様。

一方で、「ゲーム」のルールは、
弱い者を守ったり困っている人を助けるようなものではありません。
しかし、これは ゲームは負けても何も失うものがない、
という保障があるからこそ、ルールを遵守することにより
生まれる楽しさを最大化することができているわけです。

目指す形こそ違えど、ゲームのルールも世の中のルールも、
その制定者にはそれ相応の責任がつきまとうとともに、
素晴らしいルールを作ることができれば、
それは幾多の人を笑顔にする力となることでしょう。
スポンサーサイト

<< 20140802~03 交流会レポート | ホーム | カードヒーロー色つきスピードバトル トリオ大会@夏合宿 >>


コメント

ルールの書き方が悪いのか?
わざとあいまいなルールにしてあるのか?
ルールを読めない阿呆なのか?

あからさまにいかさまをしてても、それに対する罰則がなかったり、ズルを指摘しても平然と居すわられちゃーね・・・。

ルールに従って実力でゲームに勝ったんだったら、誰も文句言えないんですけどね。
実力もなければ、モラルもないし、プライドもない、インチキ野郎。
こんなカッコ悪いやつが仕切ってるゲームなんて、「なんだこのクソゲー!?」って二度とやらなければいいだけなんだけど、そうもいかないしねー。

しょうがないから、
ちょっとそのいかさまおかしくない?
ちょっとゲームの親代わってもらっていいですかって、面倒くさくても言い続けないといけないなーって思います。


コメントありがとうございます

>しんえもんさん
コメントレスが大変長くなってしまいましたので
本記事の追記にてレスさせていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム