プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

ブラック vs ビター

ストーンとダメージ効率でモンスターを眺めるとき、
ブラックにおけるチャーミ(フール)と
ホワイトにおけるビター(ドノマンティス)は同等の価値がある。

それは何故か?順を追って説明しよう。


今から8年ほど前まで、(2007年の前半まで)
カードヒーローの黒殲滅(半殲滅)デッキの前衛モンスターといえば
・ボムゾウ・ポリゴマ・シゴトにん・ドンチャン・ペンスキー
が筆頭の5種類だった。
しかし、新しく発明された黒殲滅デッキには
シゴトにんが抜け、場合によってはドンチャンまでも抜いた上で
ダインやチャーミといったHP6の前衛が投入されていた…。


今回のテーマは、ブラックにおける6263の前衛モンスターについて。
カードヒーローの世界では6263は前衛の基準の一つであり、
基本となる6263というスペックに何らかの+αが付くのが通例。
カードパワーで言えばLv3を追加されたダインが最高峰だと言えるし、
かのデスシープも+αとしては環境に与える影響は計り知れない。
HPとは倒されにくさであるが、【→ダイン】の項でも書いたように
Lv1のそれとLv2以上のそれでは意味合いが全く異なる。

黒の前衛の採用基準が6263だとするならば、
それに対応する白のモンスターはビター(ドノマンティス)だろう。
HPもパワーも全然違うのに?と思うかもしれないが、
黒のチャーミ(フール)と釣り合うのは実は彼なのだ。


それはこれらのモンスターがLv2にレベルアップし、
1回仕事をこなした後の状況を見比べるとよくわかる。
ここで「仕事をこなす」とは
レベルアップした状態で相手マスターに攻撃することである。

レベルアップしようともマスターを殴ることができなければ
それは殺傷力を持たないただのHP5や6程度の壁であることは、
スーパーカードがもっともわかりやすく教えてくれるだろう。


ハクシさんがカードヒーローを
「4パワーでマスターを殴るゲーム」と表現したとき、
これ以上ないほど的を射ていると感心したものだ。

2パワー以下の攻撃はモンスターを殴るために存在し、
4パワー以上の攻撃はマスターを殴るためにある。
その中間である3パワー(唸るぜ切札サンダー)は、
どちらを攻撃してもよい絶妙なパワーということになる。
3パワーでどちらを殴るかの選択がこのゲームの肝の一つとも言える。

マスターに同じ2ダメージを与えるのであれば、
3パワーで2回攻撃するよりも4パワーで1回攻撃する方が良い。
3パワー2回といえばモンスター1体を撃破できるだけの殲滅力なのだ。
(それはポリゴマLv2の選択でもある。)

ブラックマスターの、いや、黒殲滅の最大の強みとは
このモンスターに向ける3パワーとマスターに向ける4パワーを
自在に使い分けることができることにあると言える。

そして、
マスターを4パワーで攻撃するのが効率の良い行動であれば、
ホワイトブラック問わずそれを狙った戦術が有効になる。

ブラックマスターを使うならば
レベルアップやきあいあだめによって
3パワーを持っているモンスターにバーサクパワーをかけ、
4パワーにしてから攻撃することが好手になりやすい。

このとき、便宜上レベルアップした直後には攻撃を受けなかったとして、
バーサクをかけて攻撃すると、HP5の前衛が残ることになる。
使ったストーンは3コ、与えたダメージは2だ。

ホワイトマスターならば
ビターをレベルアップさせてマスターを攻撃する、
この場合はどうだろうか。


もうお気づきいただけたかもしれないが、
ビターがレベル2になり、特技でマスターを攻撃し、シールドを1回貼る。
フィールドにはHP5の前衛が残り、
使ったストーンは3コ、与えたダメージは2。
(レベルアップの分ストーンが余計にかかるが、
 それは貯蓄されたコストなのでこの際は無視する。
 ヤミー等がない環境であれば貯蓄は確かにコストであるのだが。)
ブラックが6263のモンスターを使ってやっていることと変わりない。

ビターの場合は更にシールドを貼ることで
2ターン以上の攻撃が継続できるかもしれないことが強みであり、
ブラックマスターはまず2ターン継続することができない。
その代わり、6263は元のHPが6であることから
レベル1の時の殲滅耐性が数倍違うし、
レベル2になったターンの返しで捌かれてしまうリスクも数倍違う。

ビターは
2回以上殴る(或いはそれを阻止するために相手に無理をさせる)
ことで初めてブラックの6263を超えることができる。
白対黒での初手ビターが果たすべき仕事は非常に大きいのだ。
スポンサーサイト

<< 観測完了 | ホーム | 2015 >>


コメント

無理させられてばっかりでした。

ちょっと難しかったけど大体分かりました~。

>3パワーでどちらを殴るかの選択がこのゲームの肝

なるほどなるほど。この一文はよくわかります。デッキのコンセプトがしっかりしてると3パワーでどちらを殴るか迷いにくくなりますが、盤面や手札とかにもよりますしねー。肝をしっかり押さえられれると良い勝負が出来るんでしょうね。きっと。

コメントありがとうございます

>しんえもんさん

実はこの記事のネタ自体は2,3年前のものだったりします。
ちょっと難しいかなとは思いつつ書いてましたが、
エッセンスはわかってもらえたようでなによりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム