プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

2014=2×19×53

あけましておめでとうございます。

もう2014年なんですね…
2000年問題に騒いでいたのが
ようやく最近ではないように感じてきたのも頷けます。
(西暦1900年にコンピュータなんて世界にほとんどないわけで、
 問題が起こるとしたら20世紀後半からだと思うのは僕だけでしょうか)

今年最初の記事が結構遅くなってしまいましたが、軽く近況報告でも。


年末にゼルダを買いました。
ポイントカードでダウンロードするつもりだったので、
サーバがパンクしてて発売日にプレイできなくて発狂してました。
ぐぅおおおおおおおお。

そんなこんなで遊び始めたゼルダですが、
面白いことは面白いのですが、今作はなんだかゼルダらしくありません。
元来ゼルダのダンジョンといえば、
中ボスを倒した後に新しいアイテムが手に入り、
その新アイテムを駆使することで
ダンジョン全体を捜索することができるようになり、
最後はボス戦でアイテムの使い方をマスターして締めくくり、
という構成になっていたのですが、

今作はアイテムのレンタル制度が導入されたため、
レンタル開始時点からフィールドマップの移動可能範囲が広すぎて
迷子になりかけるだけでなく、
ダンジョンも入った段階と出る段階でアイテムに増減がないため
ダンジョン内での行動範囲も最初から決まっており、
ほぼ一本道にならざるを得ない感じです。

また、ダンジョンに入った段階からアイテムの増減がないということは、
たとえば爆弾を入り口付近で使っていないダンジョンであれば
爆弾を使ったギミックは出てこないか、
或いは使うとしても現地調達するかという二拓になります。
このためダンジョンの謎の制作側に縛りが入っており、
アイテムを組み合わせた謎解きなどが非常に少なくなり、
ひと捻りふた捻りある謎がほとんどなくなってしまいました。
アイディアとは、組み合わせの美学。

そんなこんなで今作のゼルダは
いつもより奥の深さが欠けてしまっている感じがします。
とはいえまだ全クリしていないので、
最後のダンジョン(アイテムが全部揃っている前提で組まれた謎)が
どんな感じに仕上がっているかが楽しみです。

全クリしてからまたレビューする予定です。



次、スタイリッシュ坊主めくり。元旦から大会に出てました。
大阪まで遠征したら大会の4試合中3回が
どちらかが事故るというヴァンガードの闇。
しかもすべてグレード3事故じゃないので本当にヴァンガードの闇。
シズク互換以外を使う場合は1ターングレード3になれなくても
文句を言ってはいけないと思います。

お年玉パックでリシャールが再録されたようです。
しかし封入されている種類が多すぎるので全然当たりません。
仕方がないのでCDを買おうかと思っています。
ぐぅおおおおおおおお。



新年会で久々にカトブムシさんらに会いました。
相変わらず嬉々としてカードヒーローについて語っていたら、
「まだカードヒーローやってるの?」と言われました。
カードヒーローをやめるときは死ぬときです。
僕のアイデンティティですもの。

カトブムシさんに
「カードヒーローの面白さは何以上何未満?」と訊いたところ
「モノポリー以上ディメンションゼロ未満」というお答えをいただきました。
なるほどなるほど。

さらに追加で、「ディメンションゼロ」(市販のカードゲーム)のように、
カードが一定期間ごとに追加されて、環境が変わっていくことを
色ドラのレベルで続けられるとすれば、ディメンションゼロを超える、と。

ディメンションゼロと言えば僕が短い人生を生きてきたなかで、
カードヒーローを除いて唯一、
これは凄いルールだと感じたトレーディングカードゲームなので、
カードヒーローに足りないのはやっぱりカードプールなんでしょうね。

とはいっても、色ドラレベルのカードバランスを実現するのに、
毎日そんなことしか考えていない人間が
あーでもないこーでもないと半年かかってようやく形になるんですよ。
ってことは、多くても1年に2回しかそんな奇跡は起こせない。
と思ったけど1年2回なら十分ありな気がしてきました。



今年の抱負。
最近カードヒーローの中でもスピードバトルの方に
かなりの時間や思考リソースを振ってしまっていたので、
今年こそカードヒーローのプロルールをなんとかしたいものの、
今の僕にはまだ新しいマジカルマスターを設計するだけの力量がない…
組み合わせの美学からも離脱した、
新しい概念を今年も追い求め続けてみます。


今年もこんなカードヒーロー馬鹿ですが、何卒よろしくお願いします。
スポンサーサイト

<< ペナルティ | ホーム | 2013/12/28 スピードバトルカスタム 年忘れドラフトバトル >>


コメント

今年もよろしくお願いします。

>題名 割ってみようって思わないよ普通w
今年は京都にいけるように頑張ります。
夏もみなさんと遊べることを楽しみにしています。ノシ

あけおめことよろ

です!

トライフォースですが、三男が買って2,3日でクリアしてしまって今は飾ってある状態です(笑)
ヴァンガードはー
親戚の子が始めたようなので、正月集まりでうちの子達に混じって自分も久々に動かしましたが、訳の分からないカードが増えててびっくりしました。何気にヴァンガードTVは録画して見てますが。

今年はみなさんでいらしてくださいねー♪

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
素因数分解は入試でターゲットになりやすいので、
毎年とりあえず割ってみたくなる衝動に襲われます。
ただし今から2015を割ろうとはしません。毎年一度のお楽しみなのです。

ちなみに2014の素因数分解はまず偶数なので2で割れるのは確定として、
残りの1007を割っていくわけですが、35×35=1225なので、
35未満の素数で割れるかチェックすれば約数が見つかるはずです。

11月の京大大学祭の件は時期が近づきましたらその折連絡します。
ご参加お待ちしております。


>たぁさん
只今神トラ2ラストダンジョン攻略中です。
確かに今作は詰まるような箇所がほとんどない感じなのですが、
それでも3日クリアは早いっす。
今までのゼルダではダンジョン間のシナリオが妙に長かったりして
間延びしてしまうものも多かったあるので、サクサク遊べるのは評価点と言える気がします。

ヴァンガはどんどん訳がわからなくなってきていますね。
1年前の今頃と比べれば幾分かはデザインスタッフの質が改善されている感はしますが、
いかんせんまだまだ発展途上。4期から戦略性が上がるらしいんですが、
このルールで戦略性を表現できるのは
はたして天才が現れたのか、それともただの迷走なのか…

今年の合宿は2年前よりも更なるパワーアップを狙っています。
開催時期など、また相談したいと思いますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム