プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

絶望の剣リシャール

G3登場時サイクルの新カード「連携の宝石騎士ティルダ」
召還対象をグレード1以下のロイヤルパラディンとしか指定してない…
宝石騎士指定がない、つまり「希望の剣リシャール」を呼んでこれる

ということで手持ちのカードでは納得のいく宝石騎士デッキが
組めないことが発覚した休日の午後なのでしたorz

名称指定デッキのはずなのに
非名称、しかも異常に高いプロモカードが要るってどうなのよ!
これでお年玉パックに収録されてなかったら憮然とするしかない。

参考までにデッキレシピ追記(同日17時)

≪グレード3≫8枚
慟哭の宝石騎士アシュレイR×4枚
サンクチュアリガードドラゴン×4枚

≪グレード2≫11枚
連携の宝石騎士ティルダ×4枚
信条の宝石騎士シビル×4枚
宝石騎士とらんみー×3枚


≪グレード1≫×14枚
閃光の宝石騎士イゾルデ×4枚
希望の剣リシャール×4枚
宝石騎士めるみー×4枚
必中の宝石騎士シェリー×2枚


≪グレード0≫17枚
大望の宝石騎士ティファニー×1枚(FV)
☆8引4治4

●さよならぶれいぶ
ついにロイパラも「ぽーんがる」や「ぶれいぶ」による安定性を捨てて
黄金比の自力ライドで最大出力に寄せた方が強くなってきました…
安定性というクラン特性とは一体何だったのか。
(「ばーくがる」だけは未だにダメだけど)
ロイパラにはシズク互換は存在していないので
シズクによる安定型なんて組めませんけどね。

●再ライド上等!そのほぼ全てを支えるリシャールの強さ
サンクチュアリガードドラゴンライドからのリシャールコール+1ドロー、
ティルダ置きのアシュリバライドでCB1SB1で1展開1ドローと
(ロイパラにとってSBなんてコストじゃない)
とんでもない量のアドバンテージを稼ぐクランへを変貌しました。
ロイパラというか宝石騎士か…でも中核を担うカードは非宝石騎士。

●使ってみた感想:ピーキーすぎるだろ…
ちょくちょく調整をしながら回してみましたが、(灰字は調整中の枠)
プレイングが意味不明に難しいです。
定跡が確立されていない頃のカオブレデッキを彷彿とさせます。
より具体的には、リシャールが存在することによる
宝石騎士リアガードを4体揃えることがほぼ絶望的ということに加え、
CBを使うカードがアシュリバしかなかったところの補強として
CB使用先ということでシビルを入れてみたところ
もはやまともなライン形成がほぼ不可能に…
切札ティファニーを使うタイミングを含め、
どのラインで攻めるかといったことに常に注意を払う必要があります。
いっそ相手がクロスしてくれた方がすっぱりと諦めがつくのだけれど、
11kVや場合によっては10kVに対して満足なラインが組めないことも。
(こんなアドの塊デッキで正しいライン組めたらそれこそ発狂ものだけど)
普通に戦う分にはアシュレイ軸にするか、
サブにサロメを置いた型の方が、ずっと基本に忠実な戦い方ができ、
アシュリバやティルダの強さを実感できると思います。
スポンサーサイト

<< 色つきドラフト 最新版 カードリスト | ホーム | 絆逆の物語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム