プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

彼の名は…

過去に一度採り上げたことのあるブラウザゲームに
カードコマンダーがあります。【→参考記事】

このゲームのゲーム性については改めて語りませんが、
(というより今やほぼやっていない)
中でもこのカードの存在は今でも印象に残るものがあります。

デーモン
このカードは全ての色であり、
全ての種族であり、全てのカード名を持つ。


いわゆる全てのカードであるかのように振る舞うカードなのですが、
これをプログラムで動くゲームでやろうとすると
本当にプログラマー泣かせなカードです。

しかし、リアルカードで処理を行うとすれば、
処理方法に補足が必要になることはありますが、
基本的には文面に従って臨機応変に処理することができます。
プログラムの限界を感じる一例とも言えましょう。


さて、そんなカードをカードヒーローでも導入できないかと考えます。

カードヒーロー(のプロルール)には
色という概念も、種族という概念も今のところはありません。
よって、このカードをカードヒーローに落とし込むならば、
カード名に関する効果のみが残り
「このカードは全てのカード名として扱う」というカードになります。

このカードはどのような立ち位置になるのでしょうか。


今のところ、カードヒーローでは
いわゆる名称指定の効果を持ったカードは2パターンしか存在しません。

1つは、「スパルタス覚醒」。
スパルタスにしか使えない専用マジックという位置づけです。

もう1つが、すべてのスーパーカード。
スーパーカードには「○○からレベルアップ」という記述があるため、
この部分を紐付けとしてレベルアップが行われていることになります。

つまり、件のようなカードを採用すると、
現段階では「スパルタス覚醒の使えるなぞえもん」ということになります。
これはこれで面白いんじゃないでしょうか。
一応なぞえもんはスパルタスより弱い点(Lv2)もありますし、
今後名称をキーワードとして引っ張ってきた際に強化が図られます。

もっとも、名称をピンポイントに指定するのは
スパルタス覚醒のような本当に特別なカードにだけ
設けるべきという考え方もあるでしょうし、
スーパーカードもピンポイントにせずに
種族関係でレベルアップできるようにすれば
かなり扱いやすさは改善されるでしょう。

それでも、ある種のグループを指定したカードに対して
思わぬところからアプローチすることができる
「全てのカードとして扱う」カードには
無限の可能性が秘められているのではないでしょうか。

次期なぞえもんがあるとしたら、こっちの方が面白そうです。

2013/11/09 22:00執筆
スポンサーサイト

<< カルチャーショック | ホーム | ダブルデッキ構築戦 結果 & 使用デッキ報告場所 >>


コメント

ピンポイントじゃない案はいいですね。

聖天ソフィアスの例もありますし、ゆるい括りからスーパーになれれば、スーパーカードと、なぞえもんの活躍の場も増えますね。
グループ分けに既存の何かを利用するとしたらレア度でしょうか?
「レア度1のモンスターからレベルアップ可能なスーパーカード。」的な。
いずれにせよ、レア度やグループ分けの再編成は必要ですね・・・。
あらためて考えると、ポップルのアイデア含め、モンスター、マジック共に、色ドラでのグループ分けは神がかりですよね。

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
スーパーカードの、特定のカードに重ねるというアイデアは
おそらくはポケモンカードから来ているんだと思うんです。
ただ、元になるカードを引いていればOKだったポケモンカードに対して、
(元になるカードを引いた上で)元になるカードで敵を倒す
という条件がいかに厳しいことか。
種を守るという観点からしても、ポケモンカードはベンチに置いておけば
やられてしまうこともほとんどないため、雲泥の差が。

記事内で採り上げた、広めの指定となる種族指定は、
デュエルマスターズからアイデアを拝借しています。
カードヒーローもせめてこれくらい融通を利かせてくれてもよかったはず。
ただしそれでもなお使ってもらうにはダインガスキンの壁が立ちはだかるわけで、
いかにスーパーカードという存在が弱くデザインされているかが痛感されます。
ダインガスキンは少々やりすぎているので、
それに合わせようとするといろいろとまずいのはダインの項でも語った通りです。

レア度は…現状では最も無意味なパラメータ(どころか害悪ですらある)だと
思っているのですが、遊戯王のレベル(☆の数)と似たような扱いで
ゲームに関係させるのは有りかもしれません。

色ドラに関して、ポップルは意図的ですが、
その他の色分けは狙ってできたバランスではなく、
適当、いわゆるフィーリングです。奇跡も魔法もあるんだよ。
色ドラでも各色の専用スーパーとかあったら面白かったかもしれませんね。
(ここでの指定グループは色)と思ったけど
必然的に色を固める色ドラではスーパーを出すチャンスが多すぎて防げない
=運ゲーの多発になってしまいそう。難しいところです。

レオラオや、ムータンフーヨウも名称指定の範囲内じゃないですか?
左にレオンがいれば~とかフーヨウがいれば~とか書かれていますし。
この新なぞえもん(?)に新たに特技が追加されることは無いと思いますが、ムータンフーヨウ、レオラオが片方だけでも真価を発揮できるようになりそうな気がします。

コメントありがとうございます

>RDさん

おお、確かに。ご指摘ありがとうございます。
言われてみるまで完全に失念しておりました。
名称指定の最たる例であるコンビカードを見落とすとはorz

ラオンレオンはゲーム内テキストのままなら問題はなさそうですが
特技ではなく通常攻撃のパワーを参照する
リアルカードのようなテキストだと話がややこしくなりそう…
フーヨウムータンはそのまま直接響いてきそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム