プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言霊の呪縛

言霊(ことだま): Power Of Word【POW】ポゥ!

日本では古来より言葉には力があるとされてきた。

今を生きる人であっても時たま”この言葉”を
口に出してはいけないような気がする時があるのではないだろうか。

おそらく人類が進化する過程で
文字(記録)が最大の発明であったことは言うまでもないが、
その前提として話すための「言葉」が
なければならなかったことは言うまでもない。

今に語りかけるものが言葉(話し言葉)だとすれば、
未来を生きるものに向かって語りかけるものが文字(書き言葉)である。

言葉なくして人は人たりえなかった。
人は考える葦であり、言葉なしで思考することができるだろうか?
(もちろん言葉なしで思考を深めることができる人も少なからずいる)

しかし意思伝達と思考回路の構築を言葉に担わせるようになったことで、
言葉で表現することができないものは
伝達することも、思考することも、理解することもできなくなってしまった。

日本人が英語を勉強する時、
日本語に訳することでその単語を理解しようとするが、
それは比較的近い単語に置き換えているに過ぎないのだ。

「りんご」と「apple」は多分同じものを指すかもしれないが、
形を持たないようなものについては同じ意味である保証はどこにもない。
「食料」と「food」とか。もしかしたら
「ありがとう」と「Thank you」ですら、微妙に意味が違うのかもしれない。

陳腐な例で申し訳ないが、
日本語で「もったいない」という言葉がある。
この感覚は日本以外の国では存在しなかったし、
知覚することも難しかった。
その概念(感覚)に相当する言葉がなかったからだ。

涼宮ハルヒシリーズに登場する長門が
「説明できる範囲を超える」と評した概念は確かに存在するが、
それを人が言葉という伝達手段を用いる以上、
言葉で定義されていない概念を伝えることは不可能に近い。

指し示す言葉がないために
人がまだ理解できていない概念がこの宇宙には山のようにある。
当たり前の日常に潜んでいながらも、
見落とし続けている概念があるのだ。

8/11追記
ヴィトゲンシュタインの
「語りえないことについては人は沈黙せねばならない」
という言葉を見つけた。
多分言いたいこと、じゃなくて示す事象は同じか。
昔の人はやっぱり凄い…
スポンサーサイト

<< 色ドラって | ホーム | synchronicity >>


コメント

宇宙のポゥ!

こういう話好き♪ 文字じゃなくて言葉で話したい。 いっぱいやりながら。 またの機会に。

言葉なしで思考を深めることができる人ってもはや哲学的ゾンビ

コメントありがとうございます

>しんえもんさん

>文字よりも言葉で話したい
書き言葉より話し言葉、ということかな?

春合宿では是非ともいっぱい遊んで、いっぱい話しましょう。


>カトブムシさん
確かに言語なしで思考できる人って…
ゾンビとはプラスイメージ(すごい)なのか、
マイナスイメージ(廃人)なのか。両方か。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。