プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盟主のパラドクス

ヴァンガードは公式が単クランをプッシュしているような話を聞きますが、
最近はそうでもないような気がします。

それが「盟主」の存在。

コミュ障(混クランだとパワーが下がる11kユニット)よりも
強力に単色縛りを推奨しているこの能力、
複色クランへの布石という見方もありますが、
現時点で盟主持ち(単色でしか使えないカード)を作る一方で
盟主を持たないグレード3ユニットを多数収録している。

ここからわかることは、
「盟主」を持たないカードは混クランで使う前提でデザインされている
ということ。
単色デッキの範囲で考えてたらそりゃ弱いですよね。
混色で使えって書いてあるのに。

きちんとデザインされているカードゲームだという前提なら、
こう考える方が自然、自然。
名称指定と盟主が壊れテキストの免罪符だなんていうことはないよね、
うん。

ということで最近混クランにハマっているひいらなのでした。
ガルモールがあらゆるデッキで使えそうに見えてくる不思議。

『パワーを上げて、☆をめくればいい。』
~ヴァンガードにおいて勝つために重要なこと~
スポンサーサイト

<< 神は細部に宿る | ホーム | シャッフルできる最低枚数 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。