プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

予告(ドラフト交流会@2013夏)

今年の夏のカードヒーロー交流会は、
諸事情のため夏合宿が開催できないため、
今年は京都で別のイベントを開催することになりました。

8月24日(土)25日(日)とドラフトイベントを開催します。


★24日(土)・・・色ドラ第2弾 調整会
ハクシさんが満を持して色ドラ第2弾を制作してきてくださるとのことで、
そのプロトタイプ版の調整を行います。

8/21追記
ハクシさんが当日用いるセットのカードプールを公開されています。
詳しくは【→こちら】色ドラ調整会に参加される方は
事前に目を通しておかれることをお勧めします。

☆25日(日)・・・オリカドラフト2013
過去に反響のあった「オリジナルカードドラフト」を再び行います。
※第1回のレポートは【→こちら】
もう3年前になるのか…しみじみ。


24日の色ドラ調整会は
参加予定は現段階では僕を含めて3名となっています。
スピード上級者を対象としたイベントではありますが、
実戦調整できる4人に満たないため、隙枠がある状態ですので、
我こそはという方は本記事にコメントいただければ参加調整いたします。

25日のオリカドラフトは
参加予定者は僕を含めて4名となっています。
一番コンパクトに対戦が進む4名が揃っている状態ですが
5人や6人になっても対応できますので
ホワイトマスターを中級者以上に扱える方であれば参加歓迎です。
同じく本記事にコメントいただければ参加調整します。


≪オリカドラフトの制作ルールについて≫
1.カードの形状等
印刷用紙などの普通の紙(厚紙でないもの)で、
縦8.5センチ(程度)×横6センチ(程度)に切ったものをご用意ください。
ポケモンカードやMTG、ゼクス等の大きい目のカードを下紙とし、
66ミリ×92ミリのスリーブに入れて使用します。

2.カードの枚数、種類
1人あたり40枚用意してください。
また、同一カードは最低2枚作成してください。
逆に言えば、各2枚ずつの20種類が最高の種類数です。
これより少なくても構いませんが、
自分が作成したカード40枚のうち30枚を選び出すことで
ある程度戦えるデッキが組める
ようにしてください。

8/13追記
今回マスターカード(ホワイトマスター)はこちらで用意しませんので
各自でお好きなカードを用意してください。
(テキストは書いていなくても構いません)

3.対戦ルールなど
・ドラフトは5枚1セットとし、8回ローテーションを回します。
・ホワイトマスター限定戦とします。
・マスターの最大/初期HPは10です。
初期手札、及びターン終了時の手札上限枚数を6枚とします。
・先攻ハンデはファーストドローなし。
追放(にげる)なし
メイクストーン/メイクカードなし

8/13追記
○複数行動関連について
・きあいだめコマンドは記載がなければ使えないものとします。
・1回のコマンドにつき「行動済みマーカー」が1つ乗ると扱い、
 「行動済みマーカー」がモンスターの行動数以上
 乗っている場合行動できない、とします。
 よってレベルアップ等によって行動の前後で
 行動数が増加した場合は追加で行動できます。

以下、質問/指摘等があれば追記していきます。

8/12追記
4.オリカ枠、採用!
主催ひいらの枠40枚のうち、最大で5種類10枚までを
閲覧者(当日参加者除く)のオリジナルカードの採用枠を設けます。

遠方等の理由で参加できない方にも
試合の行く末に影響を与えるチャンス…!

お一人につき最大で2枚まで自己推薦できます。
ひいらがその中から1枚までを選んで当日作って行きます。

我こそはという方はコメントにて投稿してください。
テキスト等をわかりやすく説明していただくとともに、(これは必須
イラストのイメージに関する記述もあると有り難いです。(任意

※応募多数の場合、お一人様1枚は保証できません。
※応募数が5人以下であればお一人様1枚を保証しますが、
 微調整を加える可能性があります。ご了承ください。
※オリドラの主旨の都合上、何を採用したかは
 レポート記事まで発表できません。ご了承ください。


※イベント参加希望、オリカ参加枠ともに
8月20日(火)23時59分を締め切りとします。
スポンサーサイト

<< オリカドラフト 没カード置き場 | ホーム | 色ドラって >>


コメント

カードだけでも参加したいなー。

オリカの募集とかはしないよねー。

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
オリカのみでの募集は原則やっておりませんが、
個人的に僕の枠のうち1、2種類程度を使って採用することはできます。
それ相応のものがあれば…ですが。

ということで追記で対応いたします。

閲覧者オリカ採用枠ありがとうございます。

では、さっそく。


「暴れ力士」
前衛モンスターカード
HP 6-6
つっぱり(アタック) 2P-3P(+1P条件あり)
性格 つっぱり相撲(通常アタックはつっぱりになる。)
つっぱり攻撃されたモンスターの後ろの場が空いている場合、攻撃されたモンスターは後ろにスライドする。
暴れ力士がレベル2のときは、後ろにスライドしたモンスターは、さらに1Pダメージが追加される。

野武士ならぬ野力士。っていうイメージ。

ボムゾウみたいに通常アタックに特殊効果が付いています。
攻撃されたモンスターの後ろが空いていなければ、ただの2P-3Pモンスター。

「つっぱり」は通常攻撃なので、気合ものります。
レベル1の場合、相手はただ後ろにずれるだけ。
レベル2のときは、相手を突き飛ばして壁に当たってドカーンみたいなイメージで、追加ダメージを与えます。



「悪魔(あ、クマ)の人形」
前衛モンスターカード
HP 5-5
アタック 2P-3P
特技 魂の契約 どこでも コスト0
モンスターの気合を消すことが出来る。
対価として、気合を消された側のストーンが1つ増える。

星新一の小説に出てくるような、特徴の無いサラリーマン風、無表情な男。なぜか、くまの人形を抱えている。実は、悪魔本体は、くまの人形の方で、無表情な男の方が悪魔に操られている人形。

ノーコスト、どこでもで、モンスターの気合を消すことが出来ます。(盾も関係ありません。)
相手に使えば相手の石が1つ増えます。味方モンスターに使えば、自分の石を増やすことができます。

よろしくお願いします。

24日の色ドラに昼から参加希望します。
よろしくお願いします。

コメントありがとうございます

>しんえもんさん
オリカ投稿承りました。
当日の活躍ぶりは後日レポートされると思うので、ご期待ください。

>NISSINさん
24日昼から、承知しました。
当日の集合場所や連絡先等は追って連絡いたします。

せっかくなので投稿してみる。

夢遊病
ストーン:2コ
準備中モンスター2体を対象とし、それらの場所を入れ替える。

ワープより汎用性がガタ落ちしてるけど、使われたらきっとげんなりしそう。
運要素が強いからひいらは好きじゃないかもしれん。

夢魔
【ナイトメア】
このモンスターが戦場にいる限り、全てのモンスターはHPが1減った状態で登場する。
LV1!アタック2P
HP5●ウェイクホーン (どこでも)0コ
LV2!アタック3P
HP5●ブレイクホーン (どこでも)2P0コ

Lv1でブレイクホーン1PにしてHP4か3で後衛っぽくしたかったけど評価が難しいので見送り。強すぎるよなきっと。
ホワイト限定ということでウェイクホーンは0コに強化。Lv2はかなり脅威か。

どちらも既存カードをいじった程度なので説明するほどのこともないはず。

味方同士または相手同士の準備中モンスター2体に訂正

ここでは初めまして。ここ以外でもお久しぶりです。カードヒーロー部.comでオリカばっか投稿している変人のRDです。ひいらさんに見せられる程の出来かは分かりませんが、せっかくのチャンスなので2枚投稿させてください。


電気ウサギ
後衛モンスターカード Spd.使用不可
HP 3-3
アタック 0P-0P
特技 ぴょんぴょん 1P-1P ひとつとび^2-ひとつとび^4

素早いウサギのモンスターです。「ひとつとび^2」とか「ひとつとび^4」ですが、新しい攻撃範囲です。まず普通のひとつとび攻撃を行い、次に先ほど攻撃したマスからひとつとびの位置へ攻撃できるのが「ひとつとび^2」、更にそこからもう2回ひとつとびの位置へ攻撃できるのが「ひとつとび^4」です。敵陣内をぴょんぴょんひとつとびで跳びまわるモンスターって言えば分かりやすいでしょうか。順番に攻撃するので、パワー2等使っても適応されるのは最初の1撃のみです。使い方はピグミィと似ていますね。相手前衛モンスター2体に1Pずつ与えることもできますし、Lv.1から敵後衛を狙うことも出来ます。しかし、1体に2回攻撃することはレベルを上げて初めて可能になります。レベルを上げれば1P×4なので、敵全体に1Pも出来ますし、好きな2体に(縦2体、後衛2体は無理ですが)2回ずつ攻撃することもできますし、1P、1P、2P等、ある程度好きに割り振ることもできます。まあ、盾をはられたら何もできないのはピグミィと一緒ですね。あと、移動して攻撃、とか気合溜め、とかは当然できません。

陸朗先生
前衛モンスターカード
HP 4-5
アタック 1P-1P
特技 ツボ押し 4P-5P コスト1
特技使用後、攻撃相手を2HP回復する

ぱっと見大味に見えますが、意外とできることが色々ある器用なモンスターです。まず、Lv.1からコスト1で4Pも与えることができます。ただし、直後に2HP回復させてしまうので、実質ダメージは対マスターなら0、対モンスターなら2です。しかし、一時的には4P与えられるので、トドメの時のみ、大ダメージを与えられますね。また、自マスターへの特技使用によって、ストーンを1コ得ることができます。HP2以下だと使えませんが。ストーンを増やす目的なら後衛位置からでも使えますね。レベルを上げれば5Pとなり、大抵のモンスターを一撃で倒せるようになります。強力ですね。HP6のモンスターには3しか与えられないので、残るHP3を削るのは(主にスピードで)ちょっと難しいですが。さらに、対マスターへの与えるダメージ>回復量となるので、普通にマスターのHPを削れるようにもなります。ただ、1Dしか与えていないのに相手のストーンは3コも増えてしまいますが。自マスターを殴ってストーンを増やすのもまだ一応できます。1HPと引き換えにストーン2コ、と思ったより良いレートです。スピードだと純前衛、プロだと中衛、と結構変わった奴ですね。


良かったら採用していただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

「色ドラ第2弾」カードリスト

8月24日(土)の、「色ドラ第2弾」のカードリストが完成しましたので、こちらにリンクを貼っておきます。

http://whitepaperch.blog16.fc2.com/blog-entry-21.html

ご意見待ってます。

コメントありがとうございます

>カトブムシさん
(ここでは)お久しぶりです。
毎度意外性抜群なところで投稿してきますね…

『夢魔』は昔僕がボソっとブログで書いたオリカ『サキュバス』と
同様の特性を持っているわけですが、どうなんでしょうね。
(あちらはレベル変化でも誘発したためより凶悪ですが…)
オリドラなので一目で誰しもがやばいっ!って
思わなければ全然問題ないんですが。
キャラ立ちはユニフォ(あるいはルースター)と
見事に対を成している感じでまとまりが良いです。

『夢遊病』は入れ替えてからウェイクで起こして殲滅、
というカードアドに変わる行動を取るのが難易度高め。
単に準備中を入れ替えて陣形を乱す目的で使うとしても、
カード1枚と2コを使ってまでやる行動なのか…?
かなり上方修正して採用したい1枚。

…さて、どちらが採用されるんでしょうか…?


>RDさん
こちらこそ初めまして。今後ともよろしくお願いします。

長文解説ありがとうございます。どちらも面白いカードですね。

『陸朗先生』はオリドラ第1回(正真正銘の初回。8年前)の
ジュズさんのオリカを思い出す1枚です。

その解説について、
モンスターのHPが0になった際にフィールドを離れるのは
即時解決なのですが、
マスターのHPが0になった際に敗北するのは即時解決ではないため、
(たとえば大地の怒りの直撃によってどちらかのマスターのHPが
 0になってもそれだけではゲームは終わらず、
 ペナルティだけでなくペンスキー、ガブッチョ等の誘発攻撃、
 さらにはそれによって引き起こされるかげ呪いまで
 全て処理し終えてから勝敗判定。)
HP2以下のマスターを攻撃しても回復効果まで処理ステップを抜けず、
マスターを倒すことはできないと思われます。

それを抜きにしてもかなりいろいろできるカードですが…
みがわり系統でマスターへの攻撃を移し替えると
かなりのアドバンテージになりそうな1枚ですね。

…さてさて、どちらが採用されるのか…?

+コメント

>『夢遊病』
これは運要素が高い割合を占めるカードではないと思うんだけれど…
準備中カードはプレイヤーが明確な意思を持って
設置するカードだから、より心理戦に近いはず。

ひいらはオーパス使いvsレオラオ使いの終盤戦とか嫌いじゃないよ。

>ハクシさん
直接リンクを貼って良いものか悩んでいたんですが、
コメントで書き込んでいただいてありがとうございます。
コメント欄は記事単独のページを開かないと見られないので、
本記事にもリンクを貼っておきました。

>マスターのHPが0になったとき
確かにその通りですね。勉強になりました。
となるとこのモンスターではレベルを上げても相手マスターにトドメはさせないって事になりますね。逆に、レベルを問わず自マスターのHPが1なら2まで回復できる、と。今回は白大会なのであまり関係ないでしょうが、大地連打で終盤強引に決着を付けるときとか有用でしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム