プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

2012年 カードヒーロー夏合宿

昨年夏、OTOKOのカードヒーロー部こと
しんえもんさん、たぁさんらのご協力により実現した『夏合宿』。
今年も皆様のご協力のお陰で開催にこぎ着けることができました。

今年からはハクシさんとなんでもさんが追参加、
さらに宿泊数も1泊から2泊へと増加し、
人数でも時間でも大幅にパワーアップした合宿となりました。

以下、2012年『夏合宿』のレポートをお送りします。

※9月23日追記あり

凡例
●遊んだゲーム
○筆者は遊んでいないゲーム
◆ゲーム以外の出来事など


≪1日目≫

◆3時だよ横浜集合
(主に僕が遠すぎるため)時間がないので、行きは新幹線。
ハクシさんと名古屋で合流。
夏休みとはいえ一応平日なので自由席でも座れました。
ハクシさんと談話しながら新横浜までの時間を過ごす。
昨年の夏旅行では後半からハクシさんも参加していたため、
しんえもんさんらとも昨年会っていると勘違いしている僕。
昨年のことを話しているうちに、あっという間に新横浜に到着。
新幹線は速すぎる。(しかし在来線では遅すぎる)

浜松発のへりとんさんとは新横浜駅で合流。
横浜まで移動するかたわら、
ゴールデンウィーク以来ですねえ、とか、
たぁさんやしんえもんさんには歓迎してもらえているけれど、
ご家族の方にはどう思われているのだろう?
もしかしてすごく迷惑がられているんじゃ?大丈夫かな?
とか話していた気がする。

●横浜ゲームショップ巡り
横浜駅にどこかデジャヴを感じながら、待ち合わせ場所を探す。
初めて来たと思ったら、思いっきり昨年も見た風景でしたw

たぁさんと、たぁさんの息子のしゅんくんと合流し、
たぁさんらの案内のもと、
昨年も回った横浜のカードショップやボードゲームショプのほか、
へりとんさんご希望のボードゲームショップに寄ってお買い物。
仕事で1時間ほど遅れるらしいとの報が入っていたしんえもんさんとも
カードショップ巡り途中で晴れて合流。
今年はカエルさんに会えなかったことが残念でした。

先日たぁさんからヴァンガードを始めたいとの話を聞いていたので、
カードショップでヴァンガードのカードをいくつか購入。

◆神奈川観光
ゲームショップ巡りを終えた後、横浜の有名どころを観光。
赤レンガ倉庫でアイスクリームを食べたり、
初デートをすると別れてしまうというジンクスや、
「赤い靴はいた女の子」像があるという山下公園を散策したり、
中華街では華やかなお寺を参拝したり、熱々のぶたまんを食べたり。
ぶたまんは熱すぎて持てなかったり、下紙を一緒に食べていたり。

横浜を満喫した後はドライブがてら夜の鶴岡八幡宮まで。
鎌倉は後方が海、前方を山に囲まれた防衛に適した地形。
だから鎌倉幕府はここに拠点を置いたんだとか。
実際に、鎌倉に通じる道はなかなハードな山道。

鎌倉に着いた時には日もすっかり暮れてしまっていました。
オフシーズンゆえ広い参道なのにほとんど誰もおらず、
さらに夜ということで闇と所々の明かりが支配している神社。
これはこれで趣があって良かった。
来年は鎌倉をメインに観光したいかも。

金属と木材のぶつかる賽銭の音色に願いをこめつつ、
いよいよ夜を満喫するためたぁさん宅に。

●レジスタンス その1
たぁさん宅に着いた一行。
僕の希望でレジスタンスから。初の7人レジスタンス。
スパイはなんと3人。正直無理ゲーだと思う…。

レジスタンス役きついなぁ、と思いつつ、
役職カードをめくってみると、赤い(スパイ)カードが。
にやり。

問題はスパイだけが仲間が誰かを確認し合う初夜。
へりとんさんの掛け声で、内通するスパイを確認するため目を開ける。
しんえもんさんが続いて目を開け、目で合図を取り合う。
普段のレジスタンスならば、これでいいのだが、
今回スパイは3人なので、卓に魔物スパイはもう1人いる。

その最後のスパイが目を開ける前に、初夜のターンが終わってしまう。
隣でハクシさんが「あぁ、しまったなぁ…」なんて声をあげている。

ここで、3人のスパイがいる。
彼らの持っている情報は以下の通り。

しんえもんさん
・ひいらがスパイであること
ハクシさん
・ひいらがスパイであること
ひいら
・しんえもんさんとハクシさんがスパイであること
しんえもんさんとハクシさんがもう1人のスパイが誰か知らないこと

人狼系のゲームをやると、
何故か毎回持っている情報が一番多い役回りになる僕。
人狼、あるいはそれに類似する平和を脅かす陣営の最大の弱点は
『知りすぎていること』

とりあえず今回知りすぎていないスパイが2人もいるので、
それを活かせるようなプレイを心がける。

ハクシさんがもしかしたら
僕がスパイであることすら知っていないかもしれないので、
とりあえず初手でミッションを失敗させておいたのだ。
へりとんさんを巻き添えにしながら。

ここはお互いがスパイとして言い合う図だが、
「二人ともスパイかもしれませんよ」などと言う僕。
レジスタンスであるへりとんさんには
そんなこと言えるわけもないんだけれど。

2回目のミッションにもスパイであるしんえもんさんが含まれ、
2連続でミッション失敗となる未来を夢みる僕。

しかし…ミッション成功!!
おおう。

しんえもんさんから「急ぎすぎ。もっとゆっくり楽しもうや」
という心の声が聞こえた気がした。

時間が迫っていたことなどもあり、
ミッション選抜メンバーはほぼ言い値で通る状態。
レジスタンスなら!もっとターンを稼いで!
他のメンバーの出方を伺うべきだ!

そんなこんなで詮索する隙すら与えずに勝利。
国家転覆失敗。(勝ち)
ハクシさんが目を開けるのが遅かったことはフォローできたかな?

◆なんでもいいさん合流
レジスタンスをやっている最中に、
なんでもさんが合流場所に向かっているとの報を受けていたので、
僕とたぁさんがお迎えに。
降りてきてもらう出口を間違えるorz
東京から1時間ほどとはいえ、はるばるありがとうございます。
迎えの車の中ではたぁさんとレジスタンスの立ち回りについて話し、
帰りの車の中では何を話したんだっけ。
ヴァンガードの話題をしていた気がする。
現環境スタンド弱いですよねえ、
オラクルは高いので要注意、どなどな。

○ドメモ
なんでもさんを迎えに行っている間に
残った面子でプレイしていたゲームが、
春休みのハクシさん亭宿泊の時にもやった、ドメモ。
自分の牌を見ることができず、
場に出ている牌と他のメンバーの牌から、
自分の牌が何かを当てていくゲーム。

僕は参加していないため、どのような展開になったかは不明。

●ワードバスケット その1
なんでもさんと合流してからの初ゲームは、
持っているカードで”終わる”単語を宣言するしりとりゲーム、
ワードバスケット。しりとりなんだけれども、
これがなかなかどうして。ケッコウ難しい。
手札の中でしりとりを完成させている内に上がられれてしまった気がする。

●ヴァンガード その1
皆がワードバスケットに興じる傍ら僕が主にやっていたのは、
しゅんくんへのヴァンガードのルール説明。
ライド、ブースト、トリガーなどの基本ルールなどを説明し、
一通りプレイができるところまでティーチング。
ここで僕はバミューダのトライアル風味デッキを使っていたわけだが。

○藪(やぶ)の中
僕としゅん君がヴァンガードに興じる傍らでプレイされていたゲーム。
詳しくは→しんえもんさんのブログを参照に。
なるほど、2と5と8が鍵って言ってたのはこういうことだったのね。
…ってそのまんまやん!
大富豪で2と3とJが重要なのと一緒。

大富豪で2が輝くのは、A以下の面々があるから。
どんなに偉い人でも、下々の者がいて
初めて成り立つ身分であるということを忘れてはなりませぬ。

●レジスタンス その2
ヴァンガードの一通りのルール説明を終え、
全員の時間が合ったところで、2回目のレジスタンス。
6人中スパイ2人。これくらいがバランスは妥当な感じか。
ここではレジスタンス役に。

リーダー役になった途端なんでもさんが語る語る。
ハクシさんと白黒反対位置にあたり、
ハクシさんがレジスタンスっぽかったこともあり、スパイで決め打ち。

出陣投票でもう1人のスパイの目星を付けることができたものの、
レジスタンス全員にそれを説得できねば意味がない。
国家転覆失敗。(負け)

●エセ芸術家ニューヨークに行く
なんでもさんが合宿前のミーティングでやろうと言っていた、
人狼系(?)おえかきゲーム。
お題を知っている一般の芸術家と、お題を知らない一人のエセ芸術家。
自分の番が来たらお題に沿った線を引いていき、
お題がエセ芸術家にばれないようにしつつ、
誰がエセ芸術家かを見定めるゲーム。
お題が丸わかりな線を描けば
エセ芸術家ではないことを全員にアピールできるが、
エセ芸術家にお題が何であるかがバレてしまう。

主要な推理材料は本来描かれた線なのだけれど、
少し会話で突っ込みすぎた感あり。主に僕がorz

そういった反省点があるものの、
個人的には本合宿一番のヒットゲーム。
全部で6回くらいしたのかな。数えたら8回だった。
できた絵が皆の協力の結晶として残るのもいい。

絵のお題そのものを言ってしまうと
今後このゲームのプレイ状況をブログで書く方の
ネタバレになってしまうため、それぞれのテーマ毎に。

テーマ:音楽
チュートリアル的な1戦目のお題としては少し難しすぎた感あり。
エセじゃなくても描けないよぅ。
非エセの間でも絵の上下を勘違いしていた模様。
そこが笑いのツボでもあった。

テーマ:スポーツ
エセ芸術家たるへりとんさんが見事にハマった回。
みんなはバレバレじゃないかとヒヤヒヤしていたんだけれど、
案外バレないものだなぁ、と思える一幕。

テーマ:最近話題のもの
しんえもんさん大暴走!の回。
いくらなんでもあこまで書いたらエセ扱いされるよ!

テーマ:ダッシュ
僕がエセの回。
1周した段階でお題がわかるが、既にエセであることもバレバレ。
話しすぎなスタイルがあだに…

テーマ:みどり(だったっけ?)いきもの(だったような気もする…)
しゅんくんが描いたものを勘違いして描き加える僕。
しかも描き足したものが意図通りに解釈されていないというorz
とはいえ別の方面で誤解してもらえたためエセ視は回避。
あれ、誰がエセだったか覚えていない…。→たぁさんだったようです。

テーマ:キャラクター1
再び他人が描いたものの意図を別のモノと解釈して描き加える僕orz
変人は美的センスまでズレている模様。
少しおちゃめな描きくわえをしたらエセが見事にハマる。

テーマ:キャラクター2
お題が難しすぎる回。エセじゃない人も描けない。
描けないながら連想されるものを描いていくことで
なんとかエセじゃないアピールには成功していた。
できあがった生き物はエセの介入の結果バケモノにw

テーマ:ピクニック
へりとんさんと僕が共同作業でまわりくどい物語を描いた回。
ハクシさんの意向を思いっきり無視して…
しかしそれでも強引に内容を引っ張るハクシさん。
エセ指定が割れたんだっけ?

●ヴァンガード その2
エセ芸術家を満喫し、皆が寝る流れの中、
なんでもいいさんを誘ってヴァンガード。

序盤のドロートリガーはマジ強い。
ヴァンガードの心得その56、窮鼠猫を噛む。
窮鼠は猫をも噛むので追い詰めすぎた場合はガードは多めに切れ。
これ鉄則。

結果、かなり負け越した感。さすがマジェ強いお。

朝方になってようやく2人して布団をかぶる。
なんでもいいさんの超リア充生活ぶりを聞いた、気がする。
結局寝たのは朝5時くらい。
次の日があるのに夜更かしするのは僕の悪い癖です。

≪2日目≫

●カルカソンヌ
朝からは名作と名高いカルカソンヌをプレイ。
道や城(建物)を繋げてポイントを稼いでいくゲーム。
水道管ゲームみたいな。
草原なんか知らないぜプレイで
城と道だけで点数を着実に稼ぎ、(3位と)僅差で2位。

●ジャングルスピード
同じ絵柄のカードが出たらテーブル中央に置かれたポールを素早く奪う
という反射神経がものを言うゲーム。
似ているけど微妙に違う「絵柄」が多くてなんとも嫌らしい。
寝起きだからか全然同じ絵柄に反応できない。
絵柄の嫌らしさ含め面白いゲームだった。

カルカソンヌやジャングルスピードで話になったのが、
「ゲームを誰から始めるか」。1対1のゲームなら、
先攻有利、後攻有利と議論になることはよくあります。
多人数ゲームでも何番目が有利ということはあるにせよ、
有利なプレイヤーは複数人から叩かれる運命にあるので
そこまで問題にはならないという認識があるのかもしれません。

カルカソンヌもジャングルスピードも、
ゲームを始めるのは「最も若い人」から。
いちいちじゃんけんなどしなくても誰から始めるか悩まなくていい、
気の利いたルールだと思いました。

「藪の中」は生まれて一番早く最初に藪の中に入った人からだっけw?

そんでもってじゃんけん繋がりでいくと、
なんでもさんがゲームのオフ会で知ったという
「ゲーマーじゃんけん」なるものが非常によくできていました。
これには感心しました。
「少ないモン勝ち」にさらにもう一工夫を加えることで
限りなく少ない回数で勝者を決めることができ、
多人数の場合は決着に時間がかかる
通常のじゃんけんの欠点を見事に補う良いアイデアだと思いました。


◆お昼ご飯
しんえもんさんの案内で高級そば屋さんへ。
カツ丼+ざるそば。空腹は最大のなんとやらというけれど
それを抜きにしても美味しかった。美味しうございました。

◆だいどんさんと再会
昼食帰りにだいどんさんにご挨拶。
だいどんさんのお部屋は…漫画だらけでした。
知らない漫画だらけだったけれども。
これははやんぼさんにも一度横浜に来てもらう機会を設けねば。
なんでもさんとの秋葉トークが盛り上がっていた記憶が。
今回の参加は厳しいと言っていただいどんさんも
仕事が一段落したら遊びに行きます、とのこと。

●髑髏(どくろ)と薔薇(ばら)
交流会絡みでは2度目のプレイとなる心理戦ゲーム。
薔薇がアメで髑髏がムチ。

全員が手札を1枚伏せた後、
全員が数字をコール→レイズしていき、
その数だけ場にある裏向きの札から薔薇をめくれば1点、
2点先取で勝ち。
ただし髑髏をめくってしまったらライフが1減る。
あと自分が伏せたカードは必ず最初にめくらなければならない←重要

OTOKOメンバーの方々は初なのでなんでもさんがルール説明。
「このゲームは暴走族の頭領を決めるゲームなので…」
そういうゲームだったのか、なるほど…
と思っているとなんでもさんのアドリブだったらしい。
やられた。

このゲーム、”重ねる”ルールはなくてもいいと思う。
その方がシンプルだし、無駄にライフが多い方が有利に働くルールだし。

しんえもんさんが序盤から男気溢れるレイズで飛ばす。
そしてことごとく髑髏をめくる。あっという間にライフ1に。
残ったカードが髑髏だけになると勝ち目がなくなるため、
「自分のカードはめくらなくても良い」ルールで続行。

それでもなおしんえもんさん攻める。
ハクシさんと無謀なチキンレースを繰り返しながら…
結果は言うまでもなく…。

へりとんさんが勝利にリーチをかけ、果敢にめくっていくところを、
たぁさんがファインプレーで阻止を連発。
僕はその間ずっと薔薇をセットし続けていた…。

なんでもさんがレイズに失敗し、
僕とたぁさんとへりとんさんの3人勝負になる。
最後は僕がライフを4残しながら3コールを決めて上がり、完全勝利。
完全勝利と言っても序盤は
ほとんどめくりに行かないチキンプレイでしたけどね…

●ワードバスケット その2
ここではテーマ「ゲーム」縛りで。
ゲームに関係することであれば人名でも構わない。
しかしその縛りが案外厳しく…全員ゲーマーなのにw
途中で「らしょう」なんて単語が飛び出て
ハクシさんが「なんでもいい」であがったw
僕はというとまたしてもコンボを考えているうちに負けてしまった。

手札にある文字のうち
どうしてもこれから始めたい!と考えてしまうので、
コンボに持ち込む前に手が狭くなって負けてしまう模様。
最初に悩むか最後に悩むか、どっちもどっちで
どこかで狭き門を通らないといけないんだな…
よくできてるなこのゲーム。

●ノイ
数字のカードを出して数を足していき、規定数を超えたら負け、
という亜種が多数存在するゲーム。
(「オーノー100」とか「99!」とか。)
元のルールの良さだけでなく、
このゲームは特殊効果を持ったカードのバランスが良かった。
相手の顔色を伺いながら、ショットを決める!
基本的には運なのだけれど、場の流れに身を委ねて楽しいゲーム。

●ボーナンザ
自分の豆畑を育てるため、他の畑経営者と交渉するゲーム。
交渉がほぼ全ての熱いゲーム。
WinWinの関係で共栄するのが常。
有利不利は点数にのみ左右されるので、
どうすればお互いにWinになるかまで含めて計算しなけれればならず、
見た目以上に頭を使うゲームだった。

全員が交渉でWinWinになるので、たくさん交渉した方が有利。
いかに交渉を円滑に進めるかが勝負のゲーム。

あるいは交渉を滞りなく進めるためには
日頃の行いが大切になるという恐ろしいゲームでもあるw

○色ドラ
僕は今回参加できなかったのだけれども、
ボーナンザをやっている横で色ドラの対戦をしていた模様。
たぁさんらが考えたオリジナルカードを加えていたようだけれど、
ストーンゲージ8までやったらサンダーとかの意味がなくなります!

○カルカソンヌ その2
ボーナンザが長引いていたところ
しゅんくんとしんえもんさんとへりとんさんで
カルカソンヌもプレイしていたらしい。
結果はしんえもんさんが圧勝した、とだけ。

◆銭湯
今年は2泊なのでさすがにお風呂抜きというわけにはいかない。
ので近くの銭湯に出撃。すごくレトロな銭湯に。

湯船に皆で浸かりながら、
カードヒーロー面子で銭湯に一緒に入るのはなにげに初かもしれない。
と思ったのでした。思っただけでなく言ったのでした。

よし、今度はみんなで温泉旅行に行こう!(割と本気)

帰りにコンビニでなんでもいいさんがガリガリ君なし味を買い占める。
「本物のなしよりなし味してます」とはなんでもいいさん談。
あながち間違ってはいない。

●あやつり人形
満を持して2日目夜のメインディッシュとなる操り人形。
しゅんくん、しんえもんさん、たぁさん、だいどんさん、
なんでもいいさん、ハクシさん、ひいら、へりとんさん
の8名。

役職カードが足りないので、
「最後のドラフトプレイヤーは
 残った1枚と最初に取り除かれた1枚の計2枚から選べる」
という特殊ルールを取り入れてプレイ。

暗殺者と泥棒が少し強くなりすぎることを除けば
非常に良いアレンジ、というより解決策だった。
ブービーが一番損な役回りということを含めて。

序盤に石の雨効果を持つ建物を建てるものの、
泥棒やら暗殺者やら果ては魔術師にまで狙われるわで
全く勝負に絡めない位置に。

それでいて超強力な阻害カードを握っているため
まさしくキング・メーカーに。
さすがにゲームを破壊してはいけないので
石の雨は封印することにしました。

終盤はしえんえもんさんとしゅんくんが一番一位に近く、
たぁさん、ハクシさん、へりとんさんがワンチャンを狙える圏内。
最後はしゅんくんの男気溢れる賭けが失敗して
ファイナルターンが1ターン延び、
しんえもんさんの狙い澄ました暗殺一撃で
しゅんくんの追撃を振り切り1位となりました。

●リアカプロ カードヒーロー
操り人形を終えて、真夏の夜の一体感を味わった後は、
3グループに分かれて各々がやりたいゲームで遊ぶことに。

ここまでカードヒーロー全然やってない!ということで
僕としんえもんさんがリアカプロで対戦。たぁさんは観戦に。
白対決を2戦したのだけれど、
一方的にスーパーカードの御利益を享受していた気がする…

1戦目はしんえもんさんが初手で理想的な布陣を敷くものだから
大変焦った。しかし陣形が徐々に崩れ初め
スーパーを初めとしてアドバンテージを取り返して逆転勝利。
2戦目は中盤に入るまでに優勢な雰囲気。
しかししんえもんさんのローテーション強し。
劣勢になったと思いきやローテ返しはもっと強し。
勝勢になり最後はサンダーのオーバーキル。

しんえもんさんがカードに書いた、
ではなく描いた絵がいい味出してました。
カード名こそ書かれていないものの、
モンスターの特徴をうまく捉えていて
何のカードなのか迷うことがなくて良かったです。


○モンスターハンター
僕としんえもんさんが対戦している横で、
だいどんさん、ハクシさん、へりとんさんの3名で
モンスターハンターをプレイ。
へりとんさんはしんえもんさんの3DSを借りてのプレイ。

使う武器 みんな違うから 面白い。
端から見ていても凄く楽しそうだった。
そりゃあこのタイプのゲームは
息づかいが聞こえる距離でやったら間違いなく面白いわ。

○ヴァンガード その3
しゅんくんとなんでもいいさんはヴァンガードで対戦。
しゅんくんがなるかみデッキ、
なんでもいいさんは即席ながら自信作のエンジェエルフェザーデッキ。
離れた場所でやっていたので全容はわからないけれども
なんでもいいさんがリアガードを狙うコツを伝授していた模様。

●ヴァンガード その4
エンジェルフェザーを楽しんでいたなんでもいいさんを再びけしかけて、
エンフェ即席デッキと僕のバミューダトライアル風デッキの対戦。
僕がトリガーを引きすぎる。
クリティカルトリガー4枚しか積んでいないのに
ダブルクリティカルとか…空気読めないトリガーは大会の時でええ。

なんでもさんは朝が早いということで一足先にふとんに潜り込む。
皆が想い想いのゲームを満喫し、第2夜もお開きという流れの中、
僕は4時までしゅんくんともヴァンガード。
ヴァーミリオンに2回ほどやられた記憶が。

≪3日目≫

◆名残惜しきかな横浜
なんでもいいさんはこの日別の用事があるとのことで
朝早く離脱しなくてはならなかったのだけれど…。
遅刻の大魔王なんでもいいさんの片鱗を垣間見るところから朝が始まる。

残りのHな人々はほどほどの時刻に一緒に横浜まで。
へりとんさんも東京での用事が入ったのことで横浜で離脱。
西への移動は僕とハクシさんの2人旅。18切符が余るorz

◆昼飯
初めて降りる小田原駅。初めて18切符を使った頃の想い出が蘇る…

小田原までは?
「スピードで対戦しましょうか」と言い出しておきながら
僕だけ寝落ちしていましたorz
さすがに2連続夜更かしという無理が祟る。

◆ハクシさんの優先順位
昼飯の会話より。
ハクシさんの中では電車の座席(向きや形態)に
細かすぎるくらい順位漬けがされているんだとか。
座れるだけで幸せだから…僕は今伝説になる。

横断歩道/階段ネタはわかる気はした。
エントロピーも無駄になってないし…なんとかなりそうな予感はする。

イヤホンが左右非対称なのは?
→ポケットに入れるため
暗闇でもどちらが右か判別できるようにするため
わざわざイヤホンの片方にだけシールを貼って
手触りを変えている僕に死角はなかった。

●スピード3デッキ対決
スピードバトルカスタムで構築戦3本勝負。
3つのデッキを組み、
それらを合わせて同じモンスターは2枚まで、
同じマジックは1枚まで、というもの。
このレギュレーションはちょくちょくやっている。
そして毎回1-2で負けているのも恒例。
そろそろジンクスを打破といきたいな…

1戦目 後攻だけどエスケープで返し再生ハリマルで押し切り。
2戦目 先攻だけどハクシさんぼ配牌が完全に噛み合い、逆転。
3戦目 先攻で良い感じに進めるも
    ディン+ヤンバル+サンダーでまさかの一発逆転。

結果、
スピードバトルは後攻ゲーかつディンゲーであることが発覚しました。
単に3戦目プレイミスした僕のせいですがorz

ジンクス打破失敗。(負け)

●フレルーEx
スピードの次はやっぱりプロでしょう、ということで
フレンドルールExで10戦…はさすがにできませんでした。
時間の都合と睡魔のとの戦いの影響で2戦が限界でした。

1戦目 黒vs白 後攻
配牌的には圧倒的に有利なところを、
初手に端を発するミスに始まりいろいろとミスを連打し、
紙一重の状況にまで持ち込まれる。
最後はトップデックのソウルチャージに救われるという、
最後まで運に頼りっぱなしの非常に申し訳ない形での勝利。

2戦目 白vs黒 先攻
先ほどとは何もが真逆のシチュエーションでのバトル。
いえ、手札はほどほどに良好でしたけれどね。

中盤に差し掛かる頃、
あれがアーシュロロならしゃーないなぁ
→本当にアーシュロロが出てきて少し不利に
あれがヤンバルなわけがない
→まさかのヤンバルが出てきて敗勢に

エクスチェンジが入っていない白デッキに逆転の術はなく。

★おわりに
ということできちんとカードヒーローで終わった夏合宿でした。
2日分の疲れが溜っていたこともあり、
家に着いてからはほぼ放心状態でお風呂に入り、
あとはばたんきゅーという始末。

3日遊び倒したわけですが、
満足でありつつ、やり残したこともありつつ…
(個人的にはスコットランドヤードができなかったのが心残り…)
とはいえやっぱり「今まで生きててよかったー!」
と思える楽しいひとときで(?)した。
参加者の方々にもてなしていただいた方々、ありがとうございました。

来年も是非、『夏合宿』お邪魔させてくださいな。
今度はドラゴンさんも一緒に。
スポンサーサイト

<< ポリゴマの名前の由来 | ホーム | 13 >>


コメント

遠くからわざわざ来ていただき恐縮ですm(__)m 本当に皆様、ありがとうございましたーm(__)m

また来年、お会いしましょう♪

ちなみに『みどり(お題違かった記憶)』のエセは私、たぁでしたー

レポありがとうございます。

エセの記事、気を使っていただきスミマセン。
私のほうも書かなければと思いつつ・・・。
来年も、やりましょー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


オフ会の様子。

ひいらさんのブログ でオフ会の様子が細かく書かれてます。 どうもありがとうございます♪ 早く来年にならないかな…ww


 ホーム