プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

マリオカート7の甘いところ

マリオカート7はゲームとしての最低限のラインは
ゆうに超えていることは間違いありませんが、
それでももう少し吟味すればできることがあったよね、
と思うことが多々あります。

今回は、そんな遅すぎる要望というか、
不満を発売から半年以上経った今から挙げてみようと思います。

●バランス面
・1位が有利過ぎること、
 コインを導入したことが最大の問題点かなぁ。

・キラーの持続時間とスターの持続時間
 スターの持続時間は順位等の要素に影響を受けず、
 必ず10秒弱あるのに対して、
 キラーは順位が高いほど持続時間が短く、
 他のカートを抜くとその時間がさらに短くなってしまう。
 どちらかというとキラーの持続時間が変動することは
 納得のいく内容なので問題はスターの持続時間が何位でも同じこと。
(本来上位になるほどアイテムによって
 「距離のアドバンテージ」は稼ぎにくくなるはずなのに、
 スターがそれを無視していまっているため、
 保持して1位になると最もまずいアイテムになっている。)


・トゲゾーがキノコで回避できること
 トゲゾーは少なくとも1人を打ち落とし、
 レース全体の流れを遅くしてくれるないと意味がないのに、
 それを回避できてしまうとなるとこの前提が大きく崩れる。
 1位は減速して全体の流れを遅くするか、
 強行してトゲを食らうかの2拓であるべき。
 スターやキラーで無効化できるのも大問題。
 トゲゾーとサンダーはスター、キラーを貫通してくれるくらいでいい。

・原作に忠実なところと忠実でないところがある
 DKスノーマウンテンの頂上のアイテムは
 順位と関係なしにキノコやスターが出てしまう。
 出るアイテムが必ずトゲゾー回避アイテムというのがさらに質が悪い。
 おそらくセッション制のコースを除くと
 最も1位を維持しやすいコースではなかろうか。
 
 順位と関係なしにキノコやスターが出るのは
 リメイク元となるDS版ではそのような仕様になっていたからなのだが、
 原作に忠実という路線をいくのなら、
 ルイージサーキットの気球についているアイテムボックスや
 ノコノコビーチの岩のアイテムはきちんとトゲゾーが出るべきだった。
 中途半端さのせいで余計に悪さが目立つ。

●デザイン編
・今作(7)のウリはマシンのカスタマイズと陸空海だったはずだが、
 しんえもんさんも言っていたように、性能差という観点では
 マシンごとの棲み分けがほとんど意味を成していない。
 着せ替えという面では十分ありだけれども…
 空中向きや水中向きのパーツがあるのは賞賛できるが、
 操作性が根本から変わるということでもないので
 ここに突き詰め切れていない印象を受ける。
 
 マシンをこれだけ作るなら、カービィのエアライドみたいに
 極端なマシンも入れて欲しかったな。
 あのレースゲームほど差別化をうまくできているゲームはない。
 もっともカービィのエアライドは桜井氏が
 差別化のプロフェッショナルだからできたことなんだけれども。

・陸空海というテーマに最も適応できなかったのが、アイテム。
 バナナは地上にしか設置できないので、
 スマブラXのスマートボムのように、
 空中に設置できるアイテムがあっても良かった。
 狙って攻撃するタイプのアイテムも
 空中というシステムに対応したのは赤甲羅だけで、
(空中でも落ちることなく追尾するようにしたのはよく考えられている)
 緑甲羅やファイアフラワーは空中用のアイテムになっていない。
(地上は2次元平面上を走っているので避ける範囲は限られているが、
 空中では高さも合わせる必要があるため、当てにくい。)

 もちろん緑甲羅やファイアフラワーを
 空中でも当てやすいアイテムにしろと言いたいのではなく、
 空中迎撃用のアイテムがあっても良かったんじゃないかということ。
 そのせいで空中は一種の聖域扱いになってしまっている。
 手前から画面奥に攻撃するんじゃなくて、
 打ち上げ花火のように(高度として)下から上に攻撃するアイテムや、
 ミサイル、はたまた隕石を降らせるような
 上空から下に攻撃するアイテムがあっても良かったかなぁ、と。

 水中はほとんど地上と同じ振る舞いをするので
 アイテムの差別化はできていなくても仕方ないとも取れるけど、
 ”水面に”浮かべる設置型お邪魔アイテムとか
 あっても良かったんじゃないの。
 マリオでそういう敵キャラがいた気がするんだけれど…
 ちなみにファイアフラワーが水中でも使えるのは
 マリオの「お約束」なので無問題。

・マシンパーツとアイテムの関係はあまり深くは掘り下げなかったけれど
 マシンパーツによって出現するアイテムが変わっても良かったかもね。
スポンサーサイト

<< 【蘇るコラム】フリーバトル2009×1000 | ホーム | 【蘇るコラム】11月祭交流会リーグ戦の戦績 >>


コメント

神レースゲーなのでは?

カービィのエアライド。
知らないゲームだったので、ちょっとググってみました。
これ、マリカー越えてませんか?
何も押さないと基本加速で、ボタンを押すと減速&チャージは操作。
マリカのバカみたいにAボタン押しっぱなしの答えがココに。
マリカのドリフトのやり方もこれでいいじゃん。
攻撃も同じボタンで?
方向キーとボタンひとつで遊べるなんて・・・。
こんな良いレースゲームを任天堂が持っていたなんて・・・。
マシンもこんなにたくさん。
どれも尖ってて面白そう。
3DS出してほしい。
買います。

エアライド

>しんえもんさん
コメントありがとうございます。

レースゲームというゲームの要素を捉え直して再構築するという考え方と
差別化のセンスが光った桜井氏の名作ですね。
マリオカートの名作(少し特殊だけれど)と名高いダブルダッシュとならんで
GC最高峰のレースゲームであることは間違いないです。
(やりたいことが多すぎてバランスの取り方が雑な部分もあるけれど
 あこまでやったら仕方ない。)

携帯機で復活…あるといいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム