プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゼンソウ

過去に一度、「弘法筆を選ばず」になぞらえて、
まだまだ弘法クラスには達していないから、
筆(デッキ)を選ばないと
文字を書くことができない(まともに勝負ができない)

と書いた気がするけれど、ここで「筆」が
「少なくとも文字を書くために作られたもの」
のことを指すとすれば、
これをデッキに置き換えると、少なくとも
勝負になる程度の強さ、或いはバランスを有していることになり、
それなら十分に戦うことができるんじゃないかと思ったのでした。

似たようなことわざで、「猿も木から落ちる」
このことわざ、「だから熟練者でも気を抜くな」とも取れるけど、案外、
「熟練者でも失敗することがある世の中だから面白いんじゃないか」
と言いたかったのかもしれないよ。
スポンサーサイト

<< 手札ガード有りプロルール | ホーム | フレンドルールEx.ルール概要(2012年7月1日現在) >>


コメント

こういうコラム好き。

俺は上手に書く練習をすることより、この筆で書けるかどうか試すのが好きみたい。
だから、なかなか上手に書けないんだね♪テヘペローリ

コメントありがとうございます

しんえもんさん、コメントありがとうございます。
こういった、呟き以上ガッチリ記事未満の内容で良ければ
いくらでもネタはあるのですが…

●●で書けるかどうかを試す、ですか…その視点は盲点でした。
(おおっ?実はこれ書けるぞ!ってわかった時の感動は一塩)
書くという行為を遊びと見なしていないことに問題がありそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。