プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

【蘇るコラム】Dyn

お待たせしました!(汗
カードヒーロー屈指のシンボルカード、
『ダイン』(真勇者ダイン)についてのコラムです。
今回はダインの強さの秘訣を解説した上で、
スーパーカードが何故弱いのかについても触れたいと思います。

それではまず、本題のダインが強い理由を説明します。
ダインが強い理由、それは

・Lv1Lv2でHPが6あること
・Lv3でHPが6もあること

この2つになります。
どちらもHPが6あることが強いと言っていますが、
意味するところは大きく違っています。
もう少し実戦に基づいた書き方をすれば、

・盾を張らずとも1ターンは耐えることができること
・盾を張ると2ターン耐えることができること

ダインがLv1や2の時、それはマストキルモンスターではありません。
放置したところで大した攻撃力を持っているわけではなく、
中途半端にHPを削ったとしても、
レベルアップによってHPを回復されてしまう恐れがあります。
HPを削るメリットが少ないため、
それを扱う側も攻撃されるかどうかわからないモンスターに
シールドを張ることは躊躇されます。
シールドを張っていないときに、
相手が無理をせずとも1ターンで倒せるかどうか。
この境目がHP5と6の間にはあります。
また、シールドを張ることができない
ブラックマスターで運用する場合には、
このメリットがLv3でも響いてきます。

一方、ダインがLv3になった時、それは明らかにマストキルモンスター。
放置するとマスターが大ダメージを受けることになりますし、
例え倒しきれないとしてもレベルアップによるHP回復は見込めないため
HPを削ることが損にはなりません。
(この前提を崩すのが悪魔のダンスであったりますが)
裏を返せば集中攻撃を受けることは目に見えているので、
シールドを張ることがまず損にならないということにもなります。
シールドを張っているときに、
相手が無理をしなければ2ターンで倒すことができない、
これがHP6のモンスターが持っている強みです。

つまり、ダインはLv3を作ることができれば
それはマスターのHP4分のアドバンテージを得ていることになります。
Lv2で4パワーを持つビター(ドノマンティス)よりも
ダインLv3が圧倒的に強いのは
消費ストーンの差ではなく、HPの差なのです。
(消費ストーンの差が響いてくるのは、
 特技の消費ストーンと盾の消費ストーンの合計が
 配給ストーンの3コを超えてしまう、ビターとジャレスの差)
ビターはLv2になったところで1回しか攻撃できないことが多く、
ダインLv3と比べてマスターのHP2分のアドバンテージ差があります。

ガスキン(鉄拳シグマ)も同様の強みを持っていますが、
Lv3にまで成長できた場合のアドバンテージはダインのそれの1.5倍、
ビターLv2の3倍にも相当します。

これらの点からスーパーカードが弱い理由も明白です。
スーパーカードには元になるモンスターがLv3になれるときに
スーパーカードを手札に持っていなくてはならない
という致命的な欠点を持っていますが、
その欠点をクリアできたとしても、ダインやガスキンに勝てないのです。
ダインが強い理由をひっくり返せば、
それがそのままスーパーカードが弱い理由になります。

・スーパーカードの元となるモンスターのHPが5しかないこと
・スーパーカードのHPが5しかないこと

スーパーカードが弱い理由の第一点目は、
言うまでもなく元となるモンスターの弱さ。
一点目のデメリットを克服している種モンスターは
全カードを見渡してもボムゾウしかなく、
そのボムゾウですらHPが6あるのはLv1の時だけです。
このために、種となるモンスターはあっけなく倒されてしまったり、
非効率な盾を張らざるを得なかったりします。

そして第二点目。
うまくスーパーカードを出せたとしても、大抵はHPが5。
これではシールドを張ったところでマスターに1回しか攻撃できません。
攻撃系スーパーカードの多くは5パワーしかないので、
5パワーで1回攻撃できたところで
マスターのHP3分のアドバンテージしかなく、
これではガスキンはおろか
ダインよりも小さいアドバンテージしか得ることができません。
これが、ダイン・ガスキンがスーパーカードの存在を否定すると
言われる所以でもあります。

もちろん、1ターンさえ耐えることができれば
4ダメージを与えることができるボムノスケ(ボムキング)や、
マスターのダメージよりも大きな何かを得ることができる
カッパラー(氷帝コルドラ)などは
まだスーパーカードを出す価値があるのですが。
(カッパラーはHPが6あることも重要な要素)

いかがでしたでしょうか。
今回紹介できたダインの強さは全体のほんの一部に過ぎませんが、
このコラムを通してカードヒーローに対する理解が深れば幸いです。
スポンサーサイト

<< これって便利だね | ホーム | 【蘇るコラム】美しいカードデザイン >>


コメント

おおぉ・・なかなか説得力がありますな
ダインとビターは一長一短だと思ってた(同パワーだし)けどやっぱダインはいいね。

コメントありがとうございます

>わくわくさん
ビター(ドノマンティス)のバランス感覚の良さはさておき、
一方でダインは少し超えてはいけないラインを超えているので、
引いた者勝ちになってしまうという問題が起こってしまいます。

スーパーカード達の立場を尊重する意味でも、
Lv3のHPは5にした方がいいと思っています。
(62→63→64は綺麗なんだけれどもね…)

レスあり^^

ダインとガスキン、ビターはフレンドEX環境では白のダメージソーストリオですし、みんないい!うーん、確かにダインは・・
・lvうp簡単(ガスキンと比較)
・ガスキンは必須!のちょい前(2積み多し)に対し、カードヒーロー部でも超評価
・ビターより省エネ
が挙げられますよね・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム