プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンドルールEx.になったワケ

この記事ではフレンドルールEx.において、
各カードが禁止されている、
又はキャパシティ等によって制限されている理由を説明します。

●禁止カード

「ワンダーマスター」(全種類)
…特技「ローテーション」の存在により、
 陣形を組むことが前提となる殲滅型デッキを否定し、
 後衛モンスターの価値を著しく下げるため。

「リターン&ヒーリング グレートマスター」
…特技「リターン」の存在により、
 ウェイクアップを持たないマスターで対応する場合、
 マジックカード「ドロー5」の有無に戦況が影響を受けすぎるため。

「誘惑&二重の盾 グレートマスター」
…ランダム系のマジックである「誘惑」が1試合中に幾度も使えることで
 運の要素が過剰に含まれるため。

「ヤミー」「ロストーン」
…アドバンテージの一つの形としての「ストーン」の存在を否定し、
 ストーンを貯めない環境のみを形成する要因となるため。

「ヤミー」「ロストーン」「エルスピナー」「幻影の鏡」「福音の鐘」
…カード1枚に内在する効果が強力すぎ、
 試合中に引く枚数によって戦況が影響を受けすぎるため。

●デッキキャパシティによる制限カード
フレンドルールver.11とEx.とで最も大きく異なる点は、
このポイント合計という形で制限をかけていることです。

禁止/使用可能という大別的な制約ではなく
ポイント合計という形で制限をかけることで、
使用可能カードの中でも強めのカードに歯止めをかけるとともに、
ポイントの配分(強いカードの配分)が分散することで
デッキの多様性を持たせることをねらいとしています。
各ポイント帯の指定基準は以下の通りとなっています。

1ポイントのカード群には
「デッキ枠が余ったから入れてしまおう」と考えられる
汎用性の高いカードが列挙されています。
このようなカードを好きなだけ入れることを禁止することで、
デッキが類似することを抑制し、
デッキの多様性を保証しています。

2ポイントのカード群には
「真勇者ダイン」や「鉄拳シグマ」といった
場面によって非常に強力な働きをするカード、
そして「オクトロス」というランダムカードが列挙されています。
これらのカードも枚数制限を行わないと
ほぼ無条件で採用されてしまうカードであり、
やはりデッキ枠を狭めてしまうことが懸念されます。
ゆえに、比較的高めのポイントを付与することで
多数採用されることを抑制しています。
なお、「鉄拳シグマ」は”無条件で採用”の範疇にはありませんが、
「真勇者ダイン」と同列、もしくはそれ以上の価値があることから、
同じく2ポイントとなっています。

3ポイントのカード群には、
そのカードの存在により場、もしくはゲーム展開上
かなりのアドバンテージを得ることができるものの、
禁止には至らない、又は、禁止までぜす使われる可能性を残すことで
プレイングやデッキ構築に良い刺激となるものが列挙されています。
危険ではあるので、ポイントは最大値である3が付加されます。
また、「シャムーラ」は「ワンダーマスター」と同様に
後衛の価値を著しく下げるということも考慮しています。

●デッキキャパシティ以外で制限されている項目

・「きあい」コマンドの禁止
…主に「ポリスピナー」がLv1から
 マスターにノーコストで1ダメージを与えられることが問題で、
 「ポリスピナー」の必須性をなくし、デッキ幅を広めることが目的です。
 例外をなくすために全ての複数行動モンスターに適用されています。

・「にげる」コマンドの禁止
…上記の「きあい」コマンドを禁止した際、
 1行動目に「にげる」ことができない弊害を消すため。
 また「にげる」の存在により
 フィニッシュ直前のモンスターセットの選択肢が狭まっているため。

・「メイクカード」の禁止
終盤の乱用により運によって決着がつくことを防ぐため。
また、HP1の価値は相手のマスターによって大きく変動し、
メイクカードという行動自体の価値が大きく変わりすぎるため。
※2012/07/03追加修正

・「アシスト」の回数制限
…「ヤミー」「ロストーン」といったストーン抑制のない環境下では
 「シトラス」の複数回「アシスト」が有効に働く場面が多すぎ、
 レベルアップを前提としたデッキの価値を著しく下げる要因となるため。

●先攻ペナルティ

もとのルールでは先攻が圧倒的有利であるため、
手番による有利度をできるだけ緩和し、
できるだけ1戦で満足な試合を行うため。

●グレートマスターのキャパシティ

フレンドルールで使用できるグレートマスター
(特技封じ&水晶の壁、リフレッシュ&かまいたち)が
マスター単位では白黒と比べて場に対する影響力で劣るため、
デッキキャパシティを多めに配分しています。
スポンサーサイト

<< フレンドルールEx.ルール概要(2012年7月1日現在) | ホーム | 【マリオカート大会】第3回ペアマッチレース【レトロ】 >>


コメント

メイクカード禁止の理由が抜けてるおっおっおっ

コメントありがとうございます

>ドラゴンさん
さらっと読み流されるかと思っていた記事に
きっちりとした指摘がされるのはしっかりと読んでもらえている証拠。
嬉しいことです。

ありがとうございます。
至極真っ当な指摘でございます。急ぎ修正致します。
どうやら”ワケ”をExに移行する際に
メイクカードの項目だけすっぽりと抜かしていた模様です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。