プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

frexを広める旅 前編

へりとんさんとジュズさんにフレンドルールEx.を広める旅
に出ていたので、それについての時系列レポート。

昼前、へりとんさんと京都駅で待ち合わせ。
今回の旅は全行程青春18切符になるので
一番最初から使うへりとんさんに購入をお願いしていた。

ハクシさんの待つ岐阜まではへりとんさんと2人旅。
電車の中でドラゴンクエストウォーズをプレイ。
1戦目カウンターの発動タイミングを誤解して敗北、
2戦目はへりとんさんがタイムアップでミスしたところを勝利、
3度目の正直で辛くも勝利し、なんとか勝ち越しに成功。
今回は大垣ダッシュには巻き込まれずに済んだようだ。ふぅ。

昼過ぎに岐阜に到着し、ハクシさんと合流。
昼ご飯も岐阜で食べる。
3人なのでポムの樹でMサイズ×2で満腹に。

再び東海道線に飛び乗り、目的地である浜松へ。
ハクシさんから
バトルスピリッツDSがどれだけ酷いか教えてほしい
とのリクエストがかかったので
試しにブースタードラフトをプレイ。
ブードラは案外快適だった。
問題の試合は…速攻を決められて負けたため
処理落ち地獄になる前に終わってしまった。
ブードラは構築戦より泥沼になることが多いから、
ある意味奇跡的かも。

そんなこんなで浜松に到着。
仲間と一緒だったこともあり、凄く早く着いた気分。
実際 京都→浜松 よりも 浜松→東京 の方が遠いんだ。

浜松をへりとんさんに案内してもらう。
駅近くのカードショップに顔を出す往路、
こ浜松駅付近は苺ましまろの舞台になっているだとか
浜松といえばうなぎとそして「浜松ギョウザ」!という話を聞きながら歩く。
「浜松ギョウザ」にはもやしがもれなく付いてくるのが特徴らしいので、
もやしに目がないひいらは目が輝く。
もしや明日の昼ご飯は浜松ギョウザではないかというフラグが立つ。

浜松観光を終え、いざへりとんさんのお住まいへ。
道中ハクシさんとともドラ!を1戦。
こちらが青コインでマッドファイアとサンダーが両方出てしまったため
先攻のアドバンテージを振りかざして押し切る。
次にフレンドルールEx.で黒対決。青コイン。
黒対決なのに序盤からペンスキーが3枚揃ったりしていると
ハクシさんのあっかんべロックが回避できなくなって負ける。

そうこうしているうちに到着。
なぜか早速ハクシさんに白対決でリベンジ!
…と思いきやいきなり手札が全部マジックになって事故る。
ところがこっちが耐えているうちにハクシさんもマジックで手札が埋まる。
先に事故を打開したこちらが勝利。
この試合は確か赤コインだったはず。

夕ご飯を食べるのに丁度良い時間になったので夕飯へ。
へりとんさんオススメの美味しいハンバーグ屋さん。
週末だと言うこともあり凄い人数待ち…
待っただけのことはあり、とっても満足できました。
サラダにレタスしか入ってないとはハクシさん談。

帰ってからはボードゲーム三昧。
まずは「ガイスター」という心理戦。
ルールが非常にシンプルでわかりやすく、
それでいてかなり熱い心理戦が楽しめました。
3人それぞれ2戦ずつで全員1勝1敗。

続けて3人で「スモールワールド」。
序盤にへりとんさんが大きくリードしたためハクシさんと協力して
戦力を削ぎ落とすが、なかなか差が縮まらない。
途中でハクシさんも僕も自分の領地を確保するために
へりとんさんへの侵略の手を緩めたのが敗因だったか、
それとも準ラストターンで振ったダイスの出目が悪かったか。
最終的に3点届かず。

へりとんさんにフレンドルールEx.のデッキを組んでもらって
カードヒーローのバトル。
ハクシさん(黒、先攻)対へりとんさん(白、後攻)は
ハクシさんが最初にレオラオを決めるも、
へりとんさん陣に現れたデスシに追撃を阻まれ、
モーガンによる盤面の制圧。
ハクシさんも大地の怒りを駆使して主導権を渡さない。
終盤までもつれ、バーサクを持つ黒側のハクシさんが有利かと思いきや

ひいら「(へりとんさんが)凌ぐには移動系+スケゴしかないなぁ、
     エクスがあるならフィニッシュできるはずだし」
とコメントすると、
へりとんさん「あ、その手があった!」

という結果になりました。勝負に水を差して本当にすいません。

続いてひいら(白、後攻)対へりとんさん(白、先攻)。
モンスターは全て絵柄違いカード、という
チートと誤解されかねないようなデッキで挑む。
お互い大きな事故もなく順当な殲滅戦が繰り広げられる。
1試合で大地の怒りが3枚も使われたことを除けば。
長い殲滅戦の中じりじりアドバンテージを得て
最後は凌ぎのスケゴシールドをデスチェーンで突き破って勝利。

へりとんさんのEx.ポイントの振り分け方は
ハクシさんと僕を驚かせるに足るものだった。
Ex.はデッキ構築の幅が本当に広いなぁ。

今度はへりとんさんが購入してきた構築済みデッキ2つを用いて
ディメンションゼロをプレイ。
何度かこの競技で賞金圏内に入ったことのあるひいらは…
思いっきり本気でプレイw
ひいら(赤黒)対ハクシさん(青黒)は
容赦ないプレイングで最後はプランレイザーでフィニッシュ。
続けてへりとんさん(赤黒)とハクシさん(青黒)が行われるが、
途中でへりとんさんが中盤なのにマキリを敵陣にまで突っ込ませたため
攻め駒がなくなり攻守が逆転してハクシさんの勝利。
その後はバトルに関する小ネタとかを説明してた。
(ダメージスタック後のソウルのことと言えばわかる人はわかるはず)
ハクシさんがこのゲームやりたいなとおっしゃっていた。

それから僕のリクエストで大地の汽笛の対戦ゲームをプレイ。
落ちているフォースというポイントを集めるだけなんだけれども、
落とし穴に落ちたりファントムに攻撃されると
一気にフォースをぶちまけてしまうため、
一発逆転がかなりあり得る、最後まで気が抜けないゲーム。

始めてみたもののファントムの対処法がめっきりわからず
全然勝てない僕。へりとんさん:ハクシさん:ひいら=4:2:1。
ボコボコになりながらも段々とコツがかわってきて勝ち数を稼ぎ出す。
ハクシさんは大地の汽笛をプレイしたことがないのに
かなり上手く立ち回っていたのには流石の一言。

普段は比較的思考系寄りのゲームをプレイするメンバーで
たまにこういうアクション重視のゲームをやると面白い。
パックマンバーサスとかも然り。

ハクシさんとへりとんさんが談話しているのを小耳に挟みながら
なぜかちまちまとエネミーアタックLv3を攻略する僕。
45分ほどかかってようやくシャドウリンクの撃破に成功。

そろそろ眠くなってきたので
へりとんさんがベッドで、
僕とハクシさんが絨毯の上に布団1枚を共用で使用して就寝。

5時間程度の睡眠を取り、再び活動開始。
朝からはWiiを起動してテレビゲーム。
へりとんさんイチオシのWiiSportsResort。

まずは卓球をプレイ。
前作のテニスと違って打つタイミングだけでなく
玉を打ち返した後の構えが重要になる良くできたゲームだった。

次にアーチェリー。
中級→上級→そして初級 という順番でプレイ。
最後に初級をプレイしたためか、
ハクシさんがバシィ!バシィ!(クリティカルヒット音)と
ど真ん中に命中させまくっていた。ひぇぇ。

サイクリングやフリスビーやチャンバラもプレイして、
それから「はじめてのWiiリモコン」にチェンジ。
セーブデータがなかったため1からのプレイになったものの、
久々にやるとなかなかどうして面白い。
エアホッケーで負けたのは経験者としてはちょっとショック。
戦車までいければ良かったんだけどここでタイムアップ。

浜松まで再び移動し、昼飯にラーメン+浜松ギョウザ。フラグ回収完了。
東京行き電車の時間が迫ってきたため
(わらしべ長者ではないけれども)ジュズさんへのお土産を購入し、
悲しいけれど2人とはここでお別れ。
へりとんさんとハクシさんはこれから名古屋まで行かれるのだそう。

東京までの長い永い一人旅が始まったのだ…
スポンサーサイト

<< スピードバトルカスタム 勝ち点1000到達 | ホーム | 2度目の正直 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。