プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトバトル配信!

ニンテンドーeショップで配信されているゲームを見ていたら、
「コトバトル 天外の守人」がでていました。

ゲームボーイカラー末期に発売されたゲームだけあり、
そのクオリティは相当のもの。
ゲームの内容としてはRPGなのですが、戦闘方法が特殊で、
もじぴったんの漢字バージョン
と表現するのが一番正しいと思われます。
60種類の漢字を組み合わせ、最大4字熟語までを作り出していく
ゲームの主旨は非常に面白い。
そんな熟語があるんだー、という漢字の勉強にもなります。
一例を挙げると、僕はこのゲームで
「山車」という熟語の読み方を知りました。

カードゲームと称されていますが、
どうみてもカードゲームではありません。
「コトダマ」と呼ばれるパネルを組み合わせた結果
生成されるものがカードなだけであって、
安易に「カード」という媒体が使われるのは
カードゲーマーとしては憂鬱な気分です。

カードバランス(コトダマの強弱)面では
強いもの、弱いものが明確に分かれてしまっているため、
序盤でお役御免なコトダマが
多数発生してしまっているのは残念な点です。
弱い漢字は汎用性の高い漢字でもあるので、
単体では弱い漢字でも、混ぜて熟語が強ければ良かったのですが、
熟語を作ったところでほとんど結局弱いまま、
酷い場合に至っては単独文字の方が強いなんてことも…
熟語を作るゲームじゃなかったっけ…
そういった点から対人戦は全く熱くはなれません。
が、VCに通信機能はないので、それは大きな問題ではないか。

ただし、戦闘方法抜きにしてPRGとして見た場合、
ストーリー本編のゲームバランスは概ね良好で、
王道のRPGらしさはきっちりと備えられています。
レベルを上げれば必ずクリアできるようになっていますし。
(逆に低レベルクリアはかなり厳しい)

久々にまったりと懐かしめのしっかりとしたRPGがしたい
という方にはオススメです。
スポンサーサイト

<< 【マリオカート大会】第2回ペアマッチレース【パッチ記念】 | ホーム | 人狼への誘い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。