プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードヒーロー 新プロルール

このルールは、
リアルカードでプロルールの対戦を行うためのルールです。
DS版のプロルールからのルール面での変更点は

・デッキは40枚(同名カードは3枚まで)
・プリフェーズにカードを引けない場合は負けになる
・先攻は1ターン目ドローできない
・複数行動モンスターの「きあい」コマンドを削除
・全てのモンスターの「にげる」コマンドを削除
・メイクカードの仕様を変更
→「ストーン2コ消費することでカードを1枚引く」
 ただし、毎ターン、アクションフェーズの開始時に1度だけ実行できる。

そして、今回のメインテーマとして以下のルールを追加します。

★追加ルールその1 『手札でガード』

相手ターン中に自分のマスターが攻撃された時、
手札から「シールド+●●」と書かれたカードを使うことで、
その攻撃に限りマスターのシールドを上昇させた状態で
攻撃を受けることができます。

たとえば、相手が5パワーで攻撃してきた時に
「シールド+1」のカードを1枚と、
「シールド+0.5」のカードを2枚使うと、
その攻撃に対してのみマスターのシールドを4にして
ダメージを1に抑えることができます。

ガードに使ったカードは捨札に送られます。

★追加ルールその2 『カウンターマジック』(CM)

相手ターン中に自分のマスターがダメージを受けた時、
受けたダメージと同じ枚数分まで、
自分の手札にある<CM(●●)>と書かれたカードを
既定のコストを支払うことで、
カウンターマジック効果として使うことができます。

カウンターマジックによる効果の処理タイミングは、
ペンスキーなどの反撃のタイミングと同じです。

以降、カードリストです。
ここまでのルールに関する質問や、
カードの能力・処理などに関する質問・疑問があれば、
この記事にコメントいただければお答えできると思います。

また、以下の内容のカードデータを入力した
印刷用エクセルファイルも準備していますので、
必要な方は連絡いただければお送りします。

●カードリスト

ボムゾウ
:変更なし

ゲイラ
:特技のコストを0コに
 「シールド+0.5(1)」
 (味方フィールドに空きがなければ、「シールド+1」として扱う)

エル・ソル
:Lv1の特技のコストを0コに
 「シールド+0.5(1)」
 (追加でストーンを1コ消費すれば、「シールド+1」として扱う)

神斬丸
:特技のコストを1コに
 「シールド+0.5」

ポリスピナー
:変更なし(きあいだめコマンド削除)

ラッフィー
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (追加でストーンを1コ消費すれば、「シールド+1」として扱う)

ワイルドブル
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (パワー効果のかかった者からの攻撃時のみ、
  「シールド+1」として扱う)

鉄拳シグマ
:Lv3のHPを5に
 「シールド+0.5」

ルージュ
:HPを4に、特技コストを0コに
 「シールド+0.5(1)」
 (味方フィールドに空きがなければ、「シールド+1」として扱う)

ヤンバル
:能力値変更なし
 「シールド+0.5」

ガンタス
:Lv1の特技のコストを0コに

キラービ
:Lv1の特技のコストを0コに、
 Lv2の特技の攻撃範囲を「後衛攻撃」に、
 Lv3の特技の攻撃範囲を「1つ2つ飛び」に
 「シールド+0.5」

フェニックス
:相手フィールドのみを攻撃することも可能。
 「シールド+0.5(1)」
 (マスターのHPが2以下の時、「シールド+1」として扱う)

ヒーリング
:コストを1コに
 <CM(2コ)>
 モンスター1体のHPを2回復させる。

鉄の盾
:コストを1コに
 <CM(2コ)>
 モンスター1体に「受けるパワーを1減らす」シールドをかける。(1cy)

スパーク
:変更なし
 <CM(0コ)>
 1体を1パワーで攻撃する。

パワーダウン
:変更なし
 <CM(0コ)>
 1体のパワーを1下げる。(1cyT)

悪魔のダンス
:変更なし
 <CM(2コ)>
 モンスター1体のレベルをダウンさせる。

二重の盾
:コストを2コに
 <CM(3コ)>
 モンスターを2体まで選び、
 「受けるパワーを1減らす」シールドをかける。(1cy)

ワープ
:変更なし
 <CM(3コ)>
 どちらかのフィールド内で場所を2つ選び、
 それらの上にあるものを入れ替える。

サンダー
:1体を3パワーで攻撃する。この攻撃はガードされない。

テトカ
:Lv2のパワーを3に
 <CM(2コ)>
 モンスター1体のレベルをダウンさせる。

バルバス&パフ
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (このターン中に味方モンスターが倒れている場合、
  「シールド+1」として扱う)

ドノマンティス
:変更なし

ゴーストシープ
:このモンスターの攻撃によって相手マスターにダメージを与えた時、
 相手はカウンターマジックできない。

ジャレス
:Lv2の特技のコストを1コに
 「シールド+0.5」

ガンプ
:Lv2の特技のコストを4コに
 <CM(5コ)>
 モンスター1体を消す。

ヒートロン
:変更なし

アーシュ&ロロ
:変更なし

シトラス
:アシストは倒したレベル、モンスター数にかかわらず1回まで。
 「シールド+0.5(1)」
 (このターン中に味方モンスターが倒れている場合、
  「シールド+1」として扱う)

真勇者ダイン
:Lv3のHPを5に

グリフォン
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (相手フィールドの前衛ラインに空きがある場合、
  「シールド+1」として扱う)

バルキャノン
:HPを4に
 「シールド+0.5(1)」
 (相手フィールドの後衛ラインに空きがある場合、
  「シールド+1」として扱う)

ゼック
:特技のコストを1コに

ピグミィ
:変更なし(きあいだめコマンド削除)

クレア
:Lv1のパワーを2に、Lv2のパワーを3に
 <CM(2コ)>
 1体についている効果を全て消す。

ラティーヌ
:Lv2のコストを0コに
 <CM(2コ)>
 モンスター1体のHPを2回復させる。

ガラスの盾
:変更なし
 <CM(0コ)>
 モンスター1体に「受けるパワーを半減させる」シールドをかける。(1cyT)

ブラックレイン
:変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (きあいだめのかかったモンスターからの攻撃時のみ、「シールド+1」として扱う)

エスケープ
:変更なし
 <CM(1コ)>
 味方モンスター1体を消す。

特技封じ
:コストを1コに
 <CM(1コ)>
 1体の特技1つを使えなくする。(1cy)

パワー2
:変更なし

レベル固定
:コストを1コに
 <CM(1コ)>
 モンスター1体はレベルが変わらなくなる。(1cy)

水晶の壁
:コストを1コに
 1体に「ダメージ攻撃を受けなくなる」効果をつける。(1cy)
 <CM(1コ)>
 1体に「ダメージ攻撃を受けなくなる」効果をつける。(1cy)

どこでも
:変更なし
 <CM(1コ)>
 モンスター1体の通常攻撃の攻撃範囲を
 「どこでもモンスター」にする。(1cyT)

黄昏の風
:変更なし

フール
:能力値変更なし
 「シールド+0.5」

ラムダ
:変更なし

ブラッド伯爵
:HPを6に

アサシン
:Lv1のHPを5に

グングニエル
:特技の攻撃範囲を横い一列全体に
 「シールド+0.5」

マッド・ダミー
:HPを4に

マンクス
:HPを5に
 「シールド+0.5(1)」
 (パワー4以上の攻撃をガードする時のみ、「シールド+1」として扱う)

マージス
:変更なし
 「シールド+0.5」

フーヨウ
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (「ムータン」を同時にガードに使っている場合、「シールド+1」として扱う)

ムータン
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (「フーヨウ」を同時にガードに使っている場合、「シールド+1」として扱う)

オーパス
:能力値変更なし
 <CM(3コ)>
 どちらかのフィールド内で場所を2つ選び、
 それらの上にあるものを入れ替える。

呪縛
:コストを1コに
 <CM(0コ)>
 モンスター1体は移動ができなくなり、移動系の効果も無効化される。(1cy)

浄化
:コストを2コに変更し、1体についている効果を全て消す。
 <CM(1コ)>
 1体についている効果を全て消す。

鋼の盾
:コストを1コに

竜の盾
:コストを1コに

ローテーション
:変更なし

バーサクパワー
:コストを2コに

パワーアップ
:コストを2コに

挑発
:変更なし

デスチェーン
:変更なし
 <CM(2コ)>
 味方モンスター1体と相手モンスター1体を選ぶ。
 片方がダメージを受けた時、他方も同じダメージを受ける。

ゴーント
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (追加コストとして味方モンスター1体に「ストーン呪い」をかけてもよい。
  そうした場合、「シールド+1」として扱う)

カムロ
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (追加コストとして味方モンスター1体に「ダメージ呪い」をかけてもよい。
  そうした場合、「シールド+1」として扱う)

ユニフォーン
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (追加コストとして味方フィールド上の準備中モンスター2体を登場させてもよい。
  そうした場合、「シールド+1」として扱う)

ピュア
:変更なし

ラオン
:変更なし

レオン
:変更なし

ナッツロックル
:能力値変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (追加コストとして「ダメージ処理後に味方モンスター1体を2パワーで攻撃する」
  ことを選んでもよい。そうした場合、「シールド+1」として扱う)

ロストーン
:マスター1体のストーンを2コ減らす。
 <CM(1コ)>
 マスター1体のストーンを2コ減らす。

リシャッフル
:既存の効果処理後、1ドローを追加
 <CM(0コ)>
 どちらかのプレイヤーは手札を全て山札に戻し、
 その山札をよく切ったあと、戻した枚数と同じ枚数分カードを引く。
 その後あなたはカードを1枚引く。

ウェイクアップ
:コストを1コに変更

かまいたち
:コストを1コに変更
 <CM(1コ)>
 どちらかの前衛一列を選び、1パワーで攻撃する。

ドロー5
:コストを4コに変更

プラストーン
:マスター1体のストーンを2コ増やす。
 <CM(1コ)>
 マスター1体のストーンを3コ増やす。

リターン
:準備中モンスター1体を、表を公開させた後、持ち主の山札の一番下に置く。
 「シールド+0.5(2)」
 (追加コストとして味方フィールド上の準備中モンスター1体を公開し、
  持ち主の山札の一番下に置いてもよい。
  そうした場合、「シールド+2」として扱う)

エクスチェンジ
:変更なし
 「シールド+0.5(1)」
 (マスターからの攻撃時のみ、「シールド+1」として扱う)

大地の怒り
:コストを5コに変更

癒しの光
:コストを1コに変更
 <CM(2コ)>
 1体のHPを1回復させる。

スケープゴート
:変更なし

ソウルチャージ
:変更なし

再生
:コストを4コに
 <CM(4コ)>
 モンスター1体を登場時の状態に戻す。

デスシープ
:変更なし

ヴァルテル
:変更なし

カードロー
:2コ;あなたはカードを2枚引く。
 <CM(0コ)>
 あなたはカードを2枚引く。

3枚のお札
:3コ;あなたはカードを3枚引く。


≪更新履歴≫
2011年11月5日 カードリスト公開開始
スポンサーサイト

<< 黒にもダインを オリカ「イタイン」 | ホーム | タイトル入れ忘れてた、、 というタイトル >>


コメント

おまけ的な効果に過ぎない手札からのシールドに条件分岐まで付いてるのはまどろっこしい。あと小数を使うくらいなら全ての数値を10倍するべき。

コメントありがとうございます

ダイレクトで手厳しいご指摘ありがとうございます。
かといって条件無しで1枚で1軽減できてしまうと
ほとんどマスターにダメージが通らないことになってしまうので、
2枚で1軽減の基準はできれば死守したいところ。
0.5という表記が見づらいのなら、「2枚で1軽減」という表記にするべきか。
さすがに分岐条件の多様さはやりすぎたか…
せめて「2枚で1軽減」「ストーン1コで1軽減」「手札を残り全部捨てて1軽減」の
3パターン程度に抑えておくべきだったか…
手札ガードどころではなく、もっと考えることが増えて
ややこしすぎるとの指摘を受けた<カウンターマジック>含め、再考してみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。