プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dimension 3

しんえもんさんのブログの→3DSの感想記事で、
僕が思っていることそのまま、
いや、違うな、僕が思っていたこと以上に、
3DSのありのままの感想と、
その意義が的確に書かれていて驚きました。

僕のブログでは理屈っぽく書いてしまうことが多いんだけれど、
ゲームが面白いとか、ゲームを楽しむってのは
やっぱり理屈じゃ語れない部分が多くて、
感じたことがありのままに綴られているこの記事は
理屈を並べる以上に何かを伝える力があります。

すぐにでもコメントしようかと思ったのだけれど、
あまりに感銘を受けたので記事にすることにしました。

>3D画像はどうでもいい(3Dはおまけ)

事実、立体視はオマケ程度の価値しかなくて、
立体視ができて2万5千円のゲーム機と、
立体視はできないけど
他の機能は一緒で1万5千円のゲーム機があったら、
そりゃ1万5千円の方を買いますよ。
ゲームの本質は立体じゃないから。
でもおまけとして見るなら、それはそれで価値はある。
これを目玉として売り出してしまったことが最大のミスではないかと。


>強化された通信機能がゲームを変える

これにも完全に同感。
任天堂が3DS本体に仕込んだソフトは、
3Dの有効活用法という点では全くお手本を示せていませんが、
すれちがい広場に代表される、通信機能を用いた遊びでは
この機械を使ったソーシャルゲームのありかたとしては
十分すぎるくらいの出来のお手本を示していると思います。

そういえは小耳にはさんで知ったんだけれど、
すれちがい伝説のBGMに力が入りすぎという噂。
外出中にプレイするとどうしても音を消さないといけないんだけれど、
この音楽が聴けないのはもったいないな…。


>3Dにする価値のあるゲーム、3Dにしなくてもいいゲーム

この選別も、的を射ていて、
プレイヤーから見た自然な割り振りがされています。
ただそれでも今までと一風違った感触が味わえるかも、という程度で、
3Dじゃなきゃ、というのはなかなかない模様。
とはいえおまけ機能と割り切れば、それでもいいのかも。


ただ最後に一つだけ、どうでもいいことで反論させてくださいw

>暗闇でもできる、GB版

確かに真っ暗闇ではプレイできませんが、
GB版にハマっている当時は夜な夜な豆電球の下プレイしていました。
暗くても案外よく見える、ゲームボーイカラーなのです。
スポンサーサイト

<< 【Spd大会】スピードバトルカスタム ドラフト大会 | ホーム | ギャンブル1ターンキル >>


コメント

ほめてくれてありがとうございます。

モーションセンサーとジャイロセンサーも上手に使って欲しいです。

DSのカーヒーが、ほぼタッチペンでしか動かせないこともそうなのですが、ハードの便利な機能を無理やり使おうとすると、逆に不便になってしまうのはナンセンス。

動作センサーを使うであろう、マリオカート7の操作に期待と不安。

>しんえもんさん
コメントありがとうございます。

新しい機能をうまく使ってくれれば一番嬉しいんだけれど、
中途半端に使おうとして失敗するのも怖いんですよね…
とはいえ失敗を恐れて手を出さないというのも考え物だから、
とりあえずはガンガン使ってくれることを期待しましょう。

その辺の機能の使い分けはWiiのマリオカートが良い例じゃないですかね。
ハンドルを使うこともできるし、GCコントローラーでもプレイできる。
どちらかを使うことで原理的に得したり損したりすることもないし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。