プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

ワカラナイ カラ オモシロイ

とあるアニメのセリフより。
分かる人は何のアニメからわかると思うけれど。
【17日午前1時頃 追記有り】

S「A君は人の心が読めたら良いと思います?」
A「んー、あれば便利だ。格ゲーの時、相手の出す技わかるし、
  カードゲームの時も、相手の手札がわかる。

  … … … … …
S「相手の心なんて…見えないからいいんです。

人の心が読めたら(もしくは、見えたら)…
そんな仮定をしたとしたら、何に使うのだろう。
このシーンで最初のSのセリフを聞いたとき、
思ったことはこのAと全く同じだった。
相手の出す手がわかるのなら、便利なのは間違いない。
どんな思考型ゲームでも必勝だ。

だけれども、それで勝てたところで、果たして嬉しいのだろうか?
もちろん答えはノー。
格ゲーで相手の裏をかくことに成功して得られる勝利の快感、
相手の出すカードを読み切った上での勝利の味わいは、格別で、
そこには「相手の心は読めないもの」という大前提があってこそ。

わからないから面白いんだ。
相手の思考がわかって当たり前なんだとしたら、
そんなのこれっぽっちも面白くない。
本来わからないもの、であるはずなのに、
わかることができる
(わかったと錯覚する)こと
こういう遊びをした時に喜びを生み出す部分、本質。

思考型ゲームってのは、ルールを決めることで、
それぞれのプレイヤーはある程度そのルールという
レールに則った思考パターンに縛られる。
もちろん個人差はあるけれど。

そうして普段は全くわからない、人の考え方というものが、
ゲームのルールというフィルターを通してみることで、
遊んでいる人の人となりが、うっすらと透けて見える。
だから、わかりやすくなる、わかる、見える。他人の心が。

よくできた思考型ゲームとは、
相手の心をいかに透けて見えるルール設定をするか、
この部分にぬかりがない。
喋っていないのに、会話しているような気分になるゲームは、
この条件を満たしていてることになる。

そう言う意味で、Sが言い残したセリフは実に深い。

ただし、ここでの「心なんて、見えないからいい…」というのは
通常解釈される意味合いもある。
(このアニメではむしろこっちを言いたかったんだと思うけど)

思うだけでは善も悪もない。
全ては行為に転じた時に初めて善悪が分かれる。
極端な例では、どれだけ他人を憎み、
殺してやりたいと思っていたとしても、
それは行動に移されない限りは全く持って無害だ。

別の例では、ある人を愛おしく想っていたとしても、
言葉にしなければ、行為に形を変えなければ、
それは聞こえないし、見えない。
知覚されなければ、ないのと同じ。
だけれど、だからこそ守られている部分だってある。

最初の例では、どれだけ人を憎もうとも、
行動に移さない限りは罰されない。当然ながら。

恋愛の例で言えば、
どれだけ愛おしくても、立場上言葉にするわけにはいかない…
というのはラヴストーリーでよくあるパターンだが、
言葉にしない限りは、その想いはないのと一緒で、
そうすることで、言葉にしない者の立場が保たれている。

もしこれが他人の心が透けて見える世界だったらそうはいかない。
憎まれている人は日々危機感を持って過ごさなければならないし、
禁断の恋だって全て筒抜けになってしまうんだから。


知らない方が幸せな真実…
そして、わからないがゆえに面白いもの。
それが人の心。

【以降追記部分】
残りの部分を書くのを忘れていました。
もし仮に、相手の心が読めるとしても、
カードゲームの面白さが完全に失われるわけではありません。
だって…CPU相手に対戦していてもある程度は面白いでしょ。

それは何故か。
相手が機械の場合、心の眼があったとしても、相手の手札は見えない。
たとえ眼力で相手の手札が見えたとしても、
それでもまだわからない部分。

知らない方が幸せなもう一つのもの。それは未来。
自分と、相手の、山札。未来の手札。
心眼を持つ者であっても、トップデックには敵わないんだ。
ここが、カードゲームの「わからないから面白い」最後の砦。
スポンサーサイト

<< 6月19日色ドラ交流会 レポート | ホーム | ボムゾウ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム