プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色ドラができたワケ

元々色ドラは、4人でドラフトしたい、
というニーズを満たすために考え始めたのではない。

僕の携帯に入っているメモ帳を見るところによると、
マジックカードを色分けし始めたのが
昨年末ということになるらしい。
この段階でなぜ色分けをすることを考えていたかと言うと、
スピードバトルがなぜ面白いのかを考えたときに、
その面白さを楽しむうえではスピードバトルカスタムの
構築戦(ノーマル形式)ではいくぶん不足点があったので、
それを打開する方法の一つとして色分けを考えていたのでした。

→神斬丸のなく頃にでも挙げていた、ノーマル形式の問題点、
使っているマジックがスパークなのかエスケープなのか、
というマジックの読みができないこと。
そこがスピードノーマルの駆け引きじゃないか、
というのはもっともだけれど、
カスタムのカードプールでは、予想しても防げないだとか、
打った予防策が杞憂に終わった場合の損失が大きすぎるため、
結果としては天に託す、つまりは運任せという結末になってしまうのだ。
だから、僕は例の記事でノーマルは運ゲーだと書いている。

一方、カスタムのドラフトはどうかと言うと、マジックは完全に公開情報。
不覚にもマジックが飛んできて負けた、ということはあり得ない。
予想できた未来なのだから、それは予防策を打たなかった自分が悪い。
というノーマルのマジックの駆け引きとは真逆の方向性。

スピードバトル(というよりカードヒーロー自体)は
理詰め寄りなゲームなので、この寄せ方はあながち間違っていない。
だけれど、カスタムのドラフトの不確定要素が
モンスターのドロー順だけでは少ないというのもわからないでもないし、
スピードバトルの面白さを一部埋もれさせてしまっているのもまた事実。

そこで、ある程度はマジックの予想が付く、
つまりは予防策を打たなかった自分が悪いと思える程度には
予想できるようなマジックの割り振り方はできないものか、と。
そう思ったのが色分けの始まり。

モンスターカードとマジックカードに色をつけておいて、
出ているモンスターと同じ色のマジックカードだけが飛んでくる、
それくらい限定すればいいんじゃないか、と考えた。

しかし当初はストーンゲージにあるカードだけで
シンボル数を調整しようとしたため、
思うように強さを調整できない。
そりゃそうだ、ストーン1のマジックカード
(コスト1域こそ予測できるようにしたい最大のコスト帯だった)は
ストーンゲージ1の時に使えるのが当然なのだから、
ストーンゲージに含まれている色を数えるだけでは、
シンボル1か0しか設定できないことになってしまう。
たとえばもし赤1と設定したら、ストーンゲージの1枚目が
赤でないと使えないマジックカードになってしまうため、
デッキをほとんど赤にしておかないことには
安定して1コの状態から使うことはできまい…。
それは使いずらすぎる。
ということでしばらくこの案は没になっていたのでした。

そして、閃く、突破口。
現在の色ドラで採用されている
「ストーンゲージと、場を足す」が脳裏に浮かんだのでした。
個人的には、色ドラを作り上げるまでで
一番のブレイクスルーだった箇所はここ。
こんな簡単なアイデアを出すために、どれだけかかったのだろう。

このブレイクスルーのおかげで、
1コマジックにもシンボルを1から3まで設定できるようになった。
この段階ではマジックカードしか色分けできていなかったので、
(ボムゾウが赤、ラッフィーが青、
  程度のぼんやりとしたイメージは持っていたけれども)
モンスターカードも色分けしてみることにした。
すると、紫で多少苦労があったものの、
イメージで分けることで強カードがうまく分散してくれた。
というよりは分散するようにイメージを分けたと書く方が正しいか。

これで構築戦したらどうなるのかなぁ…とこの段階では思っていた。
交流会で一度やってみたいと。
だけれども、交流会で構築デッキを作ってきてもらうのは
他の参加者の骨が折れるだろうし、
それに、真面目に組んだら結局のところ各色の強いモンスターカードが
2枚ずつ入れられてしまうだけだろう。
それじゃあ折角均等に色分けした末端のカード達の立つ瀬がない。

という様々な問題を一気に解決できる方法が、ドラフトだった。
ただ、それだけ。
それまではただの色つきスピードバトルとしか考えていなかった。

あとは、交流会に参加しているメンツの多くが、
カードヒーローの影響もあってか、
カードゲームでの「色」の存在に否定的な意見を持たれていたので、
”色が存在する意義”というものを
他でもないカードヒーローで知ってもらいたかった。

要は、色があるカードゲームでブースタードラフトをするのは、
トランプの「51」的面白さなのだ。
ただし、ドラフトの場合は
「色揃ったよー強いぜー」では終わらない。
答え合わせ、すなわち対戦本番があるからだ。
ここで紛れが生まれる。プレイの上手さや、
ピック中の情報収集力がものを言う。
ここまで含めてスピードバトルの実力であるのは間違いない。
元々、僕が味わってほしかったのはスピードバトルでの
マジックの読み合いだから、
ハクシさんが相手のマジックの可能性を吟味しながら
プレイしてくださっていたのは、凄く嬉しかった。

マジックをある程度読むことができる、でも完全ではない。
この観点からすれば、色ドラは、
カスタムのノーマルとドラフトの中間に位置することになるのだろう。
いいとこどりと言えばいいとこどりだが、
結果として今まで一番面白かった通常のドラフトよりも
面白くなってしまったんだからどうしようもない。
対戦部分よりピック部分が面白くなってしまったのは皮肉だが。
祭りは準備が華ってね。

以上、色ドラになるまでの経緯でした。
といっても、カスタムのドラフトと、
いや、スピードバトルカスタムと出会っていなければ
こんなものを作ることは絶対になかったんだろうけどね。



次はジュニアか…。
スポンサーサイト

<< メイドイン俺コンテストを振り返る | ホーム | 色ドラ更新内容 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。