プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

シャッフルできる最低枚数

カードゲームにおいて、非常に大切な行為である、「シャッフル」。
主に、山札といった裏向きで中身のわからないカードの束の順序を
わからなくする(無作為化する)操作で、
大半のカードゲームの運の要素が
ここに凝縮されていると言っても過言ではありません。

さて、そのシャッフルですが、
1枚のカードしかない山札をシャッフルすることはできません。
そもそもそれはシャッフルと呼べる行為かどうかすら怪しいでしょう。
では2枚のカードが裏向きに重ねられているとして、
それを無作為な順序にすることはできるでしょうか?

「ババ抜き」で最後にカードが2枚残った状態を想像してみてください。
無意識にカードを混ぜるならまだしも、
意識すればどちらに「ババ」が行ったかは
シャッフル後にカードを見なくても分かるのではないでしょうか。
相手にとっても目で追うことができる可能性があり、
(意識するのと目で追うのとではその感覚は異なりますが)
カードを相手に見える状態でシャッフルするのか否か
という問題にも繋がってきます。

3枚なら?4枚なら?…と枚数を増やしていくことで、
次第にシャッフルしている本人ですら
どのような順番になっているかがわからなくなり、
少なくとも本人にとって次に何を引くか分からないという点で
最低限の無作為かが行われていることになります。
(ただし、十分な無作為かが行われているかはまた別問題)
そのような枚数は何枚か。

客観的なデータを集計したわけではないので完全な独断であり、
もちろん個人差もあるでしょうが、この閾値となる枚数は
マジックナンバーとして有名な7枚前後ではないかと推測します。
つまりは7,8枚以上の山札があればシャッフルが可能である、と。

この点からすれば、カードヒーローのスピードバトルのデッキの枚数は
リアルカードで遊ぶ場合でも山札として最低限成立する枚数で
構成されていることになります。色ドラに至っては境界線上ぎりぎり。
シンプルに切り詰めるとはこういうことなのかもしれません。
スポンサーサイト

封竜(ジエンド)解放

ブレイクライドは運試し。
(相手が完ガを)持ってればディスアド、持ってなければ爆アド。
でも大方持ってるよね。つまり…


こんにちは。今日もカードヒーローにヴァガードに大忙しのひいらです。

さて、昨日のことなので既にご存知の方も多いとは思いますが…
ヴァンガードの制限カードリストが改訂されました。

マジェ、ツクヨミ、ディセ←New!の3種類になりました。

その他の
・騎士王・コンロー・トム・一拍子・満月ツクヨミ・ぶれいぶ・ジエンド
制限解除。

おい、明らかに解除しちゃいけないカード(赤字)が混ざっているだろ。

年明けにかかった制限は概ね妥当でしたが、
今回の制限/緩和はいろいろと見誤っている感じがしてなりません。

新しく制限されたディセンダント、まだ発売されてから数ヶ月ですよ?
御三家(ツクヨミマジェジエンド)を1年近くも放置しておいて、
何この手のひらの返しよう…

そのディセだって、世間ではディセやばい、抹消者強すぎと
言われることが多いですが、
まず抹消者はヴァンガードのシステムを壊すこともなく
きっちりとしたグッドスタッフなんです。
確かに欠点がほとんどないという点では優秀で、
大会でも使いやすいでしょう。

だからって、使っている人が多いからという理由だけで、
制限するのはいかがなものか。
それなら初期のロイパラだって
ばーくがるを差し引いても制限しないといけないよね?

大会で上位を占めるのは地力があるというだけでなく
そもそもの使用者が多いということも根底に問題にあるわけです。
カードヒーローでフリーはブラックばっかりだから
ブラックは禁止にしろと言うのはおかしいという話で。

しかも抹消者で強いのはディセじゃなくてガントだって何度言えば…
これじゃアシュロロに制限かけてポリソウルに制限かけないようなもの。
甚だ見当違いも良いところ。少なからず弱体化はしますが…

御三家はヴァンガードを根底から破壊するようなメンツだったので、
(トムクリクリあざっしたーを故意に起こせるツクヨミ、
 相手のLB持ちのカードをただのバニラに変えるマジェ、
 Vの攻撃が通ったら勝つって書いてあるジエンド。
 まぁマジェも2回目以降通ったら勝ちなんですが)
彼らの方がもっと早い目に対応するべきだったのです。
環境よりも売れ行きを優先するからこうなるんだよ…
今回の改訂も環境よりも収益に気を遣っている感が大いにあります。

一拍子は解禁され、トムは自由に入れることができるようになったので、
(トムさんパワー7000ならちょうどいい塩梅なんだけどなぁ…)
ツクヨミに代わる、一拍子スタートでもいけるメインVが出てきたら、
またトムクリクリあざっしたーができるように…
(あの神々の戦いがヴァンガードっていうのも一理はあるけども)
懐かしい時代がまた来るかも…

そういえば普通のロイパラ、ゴルパラ、そして抹消者は
メインクランの中でもいろいろとできそうでワクワクするけれど、
解放者って構築の幅がなさすぎるというか
やってることが単調すぎて面白味がないなと思ったのでした。
まぁ「めくる」デッキだと思えばそういうものか。
(アルフレッドがパワー10000じゃないせいで使う気にならないんだよ!)

話題がそれてしまいましたが、真面目に環境を考えて制限するなら、
2枚制限カードはトム、マジェ、ジエンド、ディセかガンバスの4枚
良いんじゃないかと。

さて、さりげに制限解除された騎士王買いに行くか…

| ホーム |


 ホーム