プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5分の3

ええっ、マジで?!

続きを読む »

スポンサーサイト

いろいろドラフト

先日、カトブムシさんと2人で色ドラの対戦をしました。

続きを読む »

ぐぅ~

メイドイン俺でフレンドさんの作品を入荷したくて
あずかりやさんに接続しているものの、全く繋がらない…
(かれこれ50回くらいは接続しよう試みたはず)

Wifi通信に限らず、幾多の通信技術は
離れた人と情報を共有したり対戦したりすることを可能にした。
だけれども、繋がらない場合の時間の無駄も非常に大きい。

カードヒーローのマッチングで、フリーバトルのように
相手がいないがゆえに繋がらないのは仕方がないけれど、
フレンドとの通信のように相手が確実にいる状態で
繋がらないのは非常にストレスがかかる。

接続にてこずって15分かかったなんてことは
結構よく聞く話で、まだこれは良い方。
1時間格闘したけれど繋がらなかったということもない話ではない。
今回メイドイン俺では1回の接続あたり1分くらいの時間がかかるので
50回やれば1時間くらいかかっているということに…
結果繋がらずorz 僕の1時間返して。

結果として費やした時間の長さ自体よりも、
繋がりそうなのか繋がらないのかがわからない状態で
長々と待たされるのが一番こたえます。

愚痴になってしまいました。
要は「繋がるようにして!」というより、
繋がるにしても繋がらないにしても、
素早くそれが判断できるようにして欲しいってことで。
(もう少し踏み込むなら
 繋がらないなら繋がらないで原因がわかるように)

俺のデッキが3ダメージ出せないわけがない

スピードルール関連の真面目な考察記事を書くと公言した件ですが、
前提となる知識が多く、1回にまとめてしまうと非常に長くなるので、
何回かに分けて説明していきたいと思います。

今回はその予備知識となる第一部、「3ダメージ理論」について。
これはスピードの師、はやんぼさんが最初に提唱した理論で
スピードルールにおいて最も重要な部類に入るであろう考え方です。

続きを読む »

2011年7月16日交流会レポート

先週末の7月16日、
開催場所としては久々となる大阪日本橋で交流会を開催しました。
参加者はアマノジャクさん、おおくらさん、カブケンさん、ドラゴンさん、
なんでもいいさん、はやんぼさん、よもさん、ケイさん(であってる?)と
僕を含めて総勢9人という大所帯での交流会となりました。

続きを読む »

色亡き世界

先日、付き合いの深い友人の1人と久々に話す機会がありました。
その友人はポケモンに今でもハマっているクチで、
年に1回行われる全国大会でも
都道府県代表になっている猛者だったりします。

そんな彼と久々にポケモン談義。
やっぱりポケモンBWは大事ではないところに力を入れまくって、
大事なところをおざなりにしているのは間違いないらしい。

その中でポケモンのデザインの話をしていると、
BWのポケモンのデザインの不味さの一つに、
ぱっと見タイプが何なのかわからない、という点が。

初めて見るポケモンに出くわすたびに、
いろいろとワザを当てて何タイプなのかを判別しようとするけれども、
見た目のイメージと違うタイプを持っている輩が多すぎる。
赤い部分があるからほのお、と思いきや
みずワザで攻撃したら半減だったり…

やはり比べられるのは初代。
初代のポケモンが凄い理由(ワケ)。
かの時代はゲームボーイだから当然カラー表示ではなかった。

でも、その友人曰く、
濃淡だけで描かれたドット絵を見るだけで、
ほとんどのポケモンのタイプを初見で判別することができた
はずだ」と。

確かに。

現代は色という第2の情報まで乗せることができるというのに、
ポケモンを語る上で一番重要な部類に入る要素である
タイプが判別できないとは、これいかに。

タイプは、究極のところ色とは関係ないんだ…
ピカチュウのしっぽがジグザグなのは、そういうことだったのか…

横井軍平さんの
「ゲームの本質は色とは関係ない」
という言葉の意味を改めて実感した瞬間でした。




以下余談(友人との対戦結果)

続きを読む »

もう誰にもわたしの最後に残った何も恐くないような…

ニコニコ動画で「魔法少女まどか☆マギカ」でタグ検索したところ、
再生数の順序が普通とは大きく違う展開に。
※ただしニコニコ動画では現在有料動画になっているため、
  厳密に視聴者が「視たい」と思っている度合いに
  直接依存していない可能性はあります。

通常のアニメであれば、
第1話と最終回が高くなる傾向にあるはずなのですが…
ニコニコ内での再生数ランキングでは、

第10話>>>>第12話(最終回)>第11話>>第3話>第1話

最終回より圧倒的に再生数が多い10話、
そして初回である第1話より再生数が多い話が4つもあるという。
TOP3が最後の3連続話になっているのは、
いかにこのアニメのクライマックスへの盛り上げ方が
上手であったかを示す証拠でしょう。
(良い具合に見せ場が分散していたとも言える。)

それにしても第10話の再生数だけ半端ねえ…
第10話の(伏線の回収とかも含めて)出来の良さもさることながら、
第11話以降の放送まで時間が空いたことも原因かもしれません。
あれ、第1話より第3話の方が再生数多いのは…w

【Spd大会】カードヒーロー色つきドラフト 京都大会

前回行われた→三宮大会に続き、
色つきドラフトの大会を京都で開催しました。

◆大会概要◆

●開催場所:イエローサブマリン京都店
●開催日時:8月13日(土)午後1時~
イエローサブマリンの場所がわからない方は
12時20分に阪急河原町駅中央改札口前集合
午後1時大会開始となるので直接会場へ向かわれる方は
12時40分までに入場をお願いします。
大会終了は午後4~5時頃を予定しています。

●最低敢行人数:(主催者を含め)8名
●定員:16名

●参加費:ドリンク1本購入(交通費は各自ご負担願います)
  今回場所をお借りするにあたっての場所代として、
  参加者1人1本、店舗内自販機でのドリンクの購入をお願いします。

●使用ルール:色つきドラフト
詳しいルールについては→こちらをご覧ください

●大会の流れ
・ルール・注意事項説明
・おためしピック+おためしバトル1戦(最終成績には反映されません)
・ピック+バトル2戦
・ピック+バトル2戦
・ピック+バトル2戦
・結果発表
という流れで行います。

●順位決定
成績は計6戦の勝ち点が高い方を上位とします。
(同点の場合はオポーネントを考慮)
勝ち点は、勝ち:3点負け:0点引き分け:1点です。

●賞品
上位者にはカードヒーローオリジナルグッズが進呈される予定です。


≪更新履歴≫
7月17日 本記事アップロード
8月5日 大会開始時間を誤って2時と記述していた箇所があったので、1時に訂正しました。

虚仮透かしに遭いました

軽い気持ちでカードヒーロー絡みの
真面目な考察記事を書こうと思って書き始めたら、
思った以上に深い考察対象だったっらしい…これはやばい…
必ず書き上げるので、しばらくお持ちください。

7/6~7/8

7月6日
7/6になぞらえてMTGの甲鱗のワーム様の記念日らしい。
(これは常識ですか?)

7月7日
七夕。
しちゆうと書いて「たなばた」と読むようになった由来を改めて知る。
(これも常識ですか?)

僕「カードヒーローがもっともっと世に広まりますように。」
QB織姫「…それが君の願いかい?」

7月8日
生まれて初めて『魔女の宅急便』を
最初から最後まで通して見ることに成功しました。
森の中に住んでいる絵描きの女の子の名前が
ファイアーエムブレム烈火の剣に登場する
蒼鴉(そうあ)と同じ名前であることに吃驚。
(これは常識ではありませんよね?)

QB「魔法少女が希望を振りまく存在ならば、
   魔女はその逆、絶望をまき散らす存在だ。」
ということは…
×魔女の宅急便 → 魔法少女の宅急便

Q.それが言いたかっただけだろ?
B.はい。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。