プロフィール

ひいら

Author:ひいら
『カードヒーロー』を
愛してやまないプレイヤーの一人。
このゲームのルールの凄さ、
素晴らしさを世界中に広めること、
それが僕の生きる意味。

このブログは、
『カードヒーロー』をメインとしながら、
デジタルに限定しない様々な遊びや、
普段考えていることを
徒然なるままに記していくブログです。

各カテゴリに関する簡単な説明は
【→こちら】からどうぞ。

通信(交流)できる主なゲーム
・カードヒーロー
・メイドイン俺
・スプラトゥーン
・スマブラfor

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び歩いてみた

行き先はこの前と同じ。(詳しくは2つ前の記事参照)
夕方に京都駅に行く予定があったのでまた歩いてみることにしました。
一度ならただの阿呆ですが、二度やると正真正銘の阿呆になります。

今回は信号にもほとんど引っかからず、
なんと20分で目の前の交差点に到着。
社員らしき方が買い出しから戻っていく後ろ姿を眺めながら
お疲れ様ですと心の中で呟いていたのでした。

前回は京阪まで歩いたので、今回は近鉄の駅を目指してスタコラと。
どんどん工業団地って感じがする領域に入っている気がするんだけど、
駅なんてあるんだろうか…ありました。
わずか10分で上鳥羽口駅に到着。
この駅急行が停まらないのよね。でも十分歩ける距離なのはGood。

以上、正真正銘の阿呆による報告でした。
スポンサーサイト

面白いモノ、面白そうなモノ

面白そうなモノを作ることは難しい。
遊んでみて実際に面白いモノを作ることはもっと難しい。
面白そうで、かつ遊んでみて実際に面白いものを作るのは…至難の業。

この辺がエンターテイメントの難しさなんだろうなぁ…

任天堂まで歩いてみた

正確な場所を知らないままってのもまずいので、
任天堂本社を探して京都駅から歩いてみることにしました。
情報源は、本社屋上から京都駅方面を撮ったと思われる写真のみw
ハイ、明らかな準備不足です。
これで着けなかったら完全な阿呆になるところでした。
十条にあるということは知っていたのでひとまず南下していくことに。

来月また来ることになるであろう京都テルサの横を通り過ぎ、
工業地帯とおぼしき道を歩くこと十数分…
京都駅からちょうど30分で本社前に到着しました。
迷い補正を外すと25分程度かかる計算か。

それにしても大きいなぁ…
万が一(実際には数百分の一)就職できた場合は
ここに通うことになるのだろうか?
ちょっと駅から遠い気がするんだけれど、
今度は最寄駅である上鳥羽口駅からも歩いてみよう。
ちなみに、京阪伏見稲荷駅まで徒歩15分、
インテリジェントシステムズの最寄駅である鳥羽街道駅まででも
徒歩15分の場所。僕の足からすれば近い部類に入る…かも。

ということで散歩を楽しんだ午後のひとときでした。

クリティカルヒット

今回はRPGには付きものとも言える、
「クリティカル」についてのお話です。
ドラクエならば「痛恨の一撃」(TASなら『痛恨の連撃』)、
ファイアーエムブレムなら「必殺の一撃」になるでしょうか。
とにもかくにも通常時よりも大きなダメージを与える現象のことを
ここではまとめて「クリティカル」と呼ぶことにします。

続きを読む »

たて×ほこ

昨日テレビ番組を見ていたら、
どんなもものにでも穴を開けるドリルvs絶対に穴が開かない金属
という企画をやっていたのでついつい見てしまった。

ドリル技術者「絶対穴は開きます!」
金属技術者「絶対開きません!」

中国の故事にある「矛盾」と同じ状況なわけだが、
それを実際に試してみるところが凄く面白い。
この番組を企画した人間は間違いなく天才である。

同時に、対決している技術者達の表情を見ていて、
技術者同士のガチンコ勝負ってのは燃えるなぁということも感じた。
技術者ってのは本人ではなく本人達が作った「モノ」で勝負する。
たくさんの人のアイデア、試行錯誤といった努力、
様々な想いがそこに詰まっているからこそ、
彼らの分身同士のぶつかり合いには
人間同士の勝負にはない熱さがあるんだなぁ、と
しみじみしてしまいました。

はてさて僕は自身そのもので勝負する人間になるのか、
それとも作ったモノで勝負する人間になるのだろうか。

色づいた世界

今回はカードヒーロースピードバトルカスタムに登場するカードに、
色のイメージを割り振ってみようと思います。
諸事情により登場しないカードがありますがご了承ください。

続きを読む »

神斬丸のなく頃に

遊びとは最善に向かう課程そのものである。
最初から最善がわかっているモノを遊びとは呼ばない。

神斬丸のなく頃に

今回はドラフトバトルで全然勝てない、という方のために
ドラフトバトルのちょっとしたコツや、
考え方について書きたいと思います。
「需要あるのか?」という疑問は置いといて。

なお、筆者はフリーバトルにおいて勝率は8割程度ですが、
強豪プレイヤー相手やフレンドバトルでは3回に1回以上は負けるし、
勝敗が拮抗しているプレイヤーも少なからずいます。
要するに、これを読んでも必勝ではないよ、ということです。

●0.まずはノーマルバトルを熟知すること
何もノーマルバトル最強のデッキを作れ、ということではありません。
ノーマルバトルで最低限戦えるデッキとは
どのようなデッキなのかを把握するだけでなく、
そもそもバトル中のプレイングがしっかりとしていなければ
ドラフトでも勝利はおぼつきません。
本コラムはドラフトバトルの攻略記事なので、
ここには深入りしない点はご了承ください。

ノーマルバトルは毎回良い勝負ができるようになった、
でも、ドラフトだと勝率が芳しくない…という方こそ、
続きを読む意味があります。

続きを読む »

神斬丸のなく頃に 序

能力(チカラ)ある者はそれだけの責務を負う。
それをを厭うならば能力を求むることなかれ…

神斬丸のなく頃に

カードヒーロー スピードバトルカスタムに収録されている
ドラフトバトルはただのオマケ要素ではありません。

今回はカードヒーロー スピードバトルカスタム
ドラフトは何故面白いのかについて、
主にノーマルバトルとの比較形式で書きたいと思います。

続きを読む »

53枚のファンタジー

室内玩具としては最高の逸品であるトランプですが
高校時代にトランプを学校に持って行くことが禁止されたために、
代わりに用意していたものがあります。

続きを読む »

アクセスカウンター故障?

冬休みに見ていたアニメの影響で
「うぐぅ」が口癖になろうとしています…。

前回の記事でヒット数が2000を突破した、と書きましたが、
今アクセスカウンターを見てみると…1300??
しかも、昨日・一昨日ともにアクセスがゼロ…
んな馬鹿なことがあるかと思ってアクセス解析を起動してみると、
きっちり昨日・一昨日ともに50以上のアクセスがあった模様。
リセットされてしまうならまだしも、一体何が起きたのやら。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。